夜の死体運び屋さんのブログ

今回の豪雨災害は真備町がスポットを浴びてるようですが、これだけ広範囲の災害です、忘れずに。

全体表示

[ リスト ]

やっと今日の晩から仕事に復帰ですが、
少し暑くなってきたので、やっぱ出動したら汗だくになりそうです。



我が愛車フィット君は間もなく丸6年と走行距離20万キロを迎えますが、
以前から気になっていたこと(症状)があり、
前にもネットで調べてみたことがありました。



それは停車状態からの発進時、車速が20キロくらいまでの間に、
「ダダダッ」というか「ガガガッ」という音と振動があり、
トルコン(CVT)が滑るような感覚が出ます。


これは特に坂道発進や急加速など負荷をかけた時に現われ、
私はコレが嫌なので、「ガガガ」を出さないように
最初クリープで走らせてからジワッとアクセルを踏んでいきます。



最近になってまたネットで見たら、
保証で直せると書いてあったので「これはいい!」と思い、
今日近所のディーラーに持ってってみました。


このディーラーさんは昨年、エアコン修理などでお世話になっていますが、
そのときの走行距離が16万キロくらいだったので、
「早よ買い替えろよ、いつまで乗ってんだ」という呆れにも似た空気を感じました(笑)。


それから丁度1年。


「またそのクルマで来たのか」というオーラを感じつつ(笑)も
ディーラーさんに乗り込んでいき、
症状を見ていただき、保証で直せるかを聞いたら
「距離が乗りすぎているので、保証外です」とアッサリ。


そこをなんとか、と言いたかったですが、
私もクルマ好きの端くれ、メーカー保証は6年か10万キロが限度とわきまえております。


「できるだけお金かけたくねえから『保証で』って来てるんじゃねえか!」と
思いつつも、サービスの人に罪はありません。


走りすぎている私が悪いのです(笑)。


「この先30万キロまでは使うので」と
有料ですが修理することにしました。


修理内容を聞くとミッションオイルを1回洗って(フラッシング)入れ替えて
約1万円だそうです。


実際の修理はお盆過ぎにお願いする事にして、帰ってきました。


この1万円があったら、チビに自転車買ってあげられるのに・・(笑)。


転んでもタダで起きたくなかったので、
「なんか、お客さんが新車外しをしたみたいなタイヤありますか」と聞いて
出物があったら連絡をもらうことにしました。


タイヤもすでにスリック状態ですから、
ワイヤが顔を出したらアウト(すでにアウトだっつーの!)ですから、
何とかそれまでに冬になるか、タイヤを見つけるかですね(笑)。


そういや最近5、6万キロはオイルさえ換えてない・・(つぎ足しです)。


こうなったら意地でもあと10万キロ乗ってやる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事