アジア的雑種天国

やっぱり、雑種天国がいいや!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ラストメッセージ。
Yahoo!ブログ。
たくさんのヒト達との出会いに感謝。
『寝ても覚めてもブログ』こんな時を過ごさせてくれたことに感謝。
自分で居ていいことに気づかせてくれたことに感謝。
これからもずっと繋がれるヒト達と出逢わせてくれたことに感謝。
ありがとうYahoo!ブログ。

スクランブル☆デリー

イメージ 1

☆忘れない☆
ハンサム食堂オフ会、ハードルークトゥンの部屋、じゃんのハゲ石鹸、バンコクオフ会、涙のチムチュム、バンコクタクシー、四尾連湖カレーキャンプ、パンダラブー、
タイフェス、ナマステインディア、バンコク雑貨買付旅。
かなりに文章を綴ってみます(読むヒトなんているのかな??)
テーマは『年末台北子連れ旅行記』
年前に娘が生まれ、なんとなく一人がしにくい環境となり、疎遠になってしまっていた異国への旅。
娘が生まれる前は、幼子を負い、異国を旅する自分をイメージしては期待に胸をふくらましていたけど、現実はそんなに甘くなかったな。
まあ、その話しは置いておくとして、小学生となり、数々の国内旅でトレーニングを積んだ結果、今なら異国の旅(地)をたのしむ事が出来ると判断が出来、旅をすることに。
候補地を台湾かセブ島に絞り、娘が台湾の夜市や食べ物に興味を示した事や旅のしやすさ、過ごし方の多様性と等を考えた末、台北旅が決定。
安い航空券と安いホテルをネットで手配し、旅行当日を迎えることとなった。 つづく?

イメージ 1イメージ 2

3月11日の記録。

震災に遭われた全ての方に1日も早い復興のお祈りとご冥福をお祈りします。
 
○3月11日(金)
 自分は職場で、奥さんと子供は家で地震に遭う。
 地盤の緩い土地に建っている我が家。
 揺れにより、家具の倒壊、壁の破損、家の中は一瞬にして滅茶苦茶に。
 偶然、奥さんと子供はトイレの中に居たので無事。
 しかし、余震と滅茶苦茶になった家の中を見た子供はショック状態に。その後長い時間抱っこしない  と恐怖で泣いてしまう状態に。
 
 職場に居た自分。
 偶然にもこの日は総合避難訓練の日。防火管理者である自分が主となり、避難訓練を実施。
 『地震から身を守る』講義が終わり、障がいを抱えた利用者を施設から自宅へ送り出す準備を
 していた所に地震発生。
 施設内はパニック状態に。職員は瞬時に利用者の身を守り、不安を与えない様に声を掛け、スキ
 シップを図る。
 長い余震が落ち着き、利用者を自宅へ戻す事となる。
 保護者に連絡を取るが、電話が全く繋がらない(特に携帯電話)
 とにかく送迎バスを発進させる。マンションに住まれている方が多く、高層階の部屋まで担いで保護  者に受け渡す。保護者の方々の安心した顔を見て送迎して良かったと思った。
 
 夕方になり、奥さんとやっと連絡が繋がる。家族の無事を知り(地震から2時間後位)安心する。
 職場から徒歩で帰れる人は帰るようにとの指示。
 人波を避けるように裏道を進み、途中で買い物(カステラ、惣菜、飲料水、子供のお菓子等)をして、
 約1時間後に自宅へ到着。
 家の外壁に入った生々しいひびを見て今回の地震の大きさを改めて実感する。 
 
 実家のドアを開けると祖母に抱っこされた不安そうなこどもの顔。
 直ぐに抱っこして抱きしめてあげる。余震や色々な音に過剰に反応してしまうとの事。
 子供を祖父母に預け自宅へ。家の中は滅茶苦茶。奥さんが1人で片づけていたので直ぐに着替え
 て片付けと避難準備をする。
イメージ 1
 
 食器棚から飛び出し割れた食器、倒れ引き出しの壊れた洋服タンス、飾り棚から落ち壊れたアジアン 雑貨や楽器。
 ハルモニアムは鍵盤が取れ、琵琶はネックが折れ、民芸品は床に落ちこなごなに割れていた。
 大切にしていたものを失っても少しも悲しく無かった。
 家族が無事であったから。 
 
 掃除をしながらテレビ画面に映し出される各地の惨状を見て心が痛くなる。
  
 家が片づき子供を連れてくる。
 元通りになった家を見て安心したようだ。
 だが、余震の恐怖からくるストレスは高まる一方で食事中に嘔吐したり、急に熱が出たり。
 眠りにつけるのか心配であったが、強い不安や緊張に疲れ果てたのか、布団に入ると直ぐに寝てしま った。
 これから被災地はどうなるのだろう? 自分達もどうなるのだろう?
 高まる不安な気持ちを抱きながら浅い眠りについた。
 
 地震から2日目を迎え、東京に住む自分達の生活は日常に戻りつつあります。
 友達からもたくさんのメールが届き、想いに感謝しています。
  
 『自分に何が出来るか?』
 学生時代のように被災地にボランティアとして飛んで行けない今の自分。
 自分に出来る事を探し、少しでも支援・復興の役に立てればと想います。
 
イメージ 1
                                          2歳のワタシは変顔だって出来るんだよ〜。
 
    喪中につき新年の挨拶が出来ませんでしたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
   昨年はヒトらしく表情豊かな毎日を過ごしていました。  
   今年はどんな1年になるかな?
                 LOVE and PEACE and SMILE (毎年の願い)  
 
   1月8日は娘・歩亞(ふあ)の2歳の誕生日でした。
   あっという間であり、とても濃厚だった2年。
    大きな病気もせず、天真爛漫+お転婆+おしゃまに育っている我が娘。
   あたたかい周囲のヒト達に感謝し、やさしさを返しながら豊かに育って欲しいです
 
 イメージ 2     
『歩亞ちゃんターリー』          好きなものを盛ってみました(母作)    ・ミニミニ☆ハンバーガー
 ・ジャムサンド(イチゴ味)
 ・タコさんウインナー
 ・トマト
 ・うずらのたまご
 ・チーズ(大好物!)
 ・ブロッコリー
 
 
 
イメージ 3
                     『贈り物』 
           異国のままごと道具。とてもリアルなキッチンセットと洗濯機。
             親の趣味の押しつけも最後かな。
            その他、アンパンマンことばずかん(大好き!)とトミカタワー(大好き!!)            をそれぞれのじーじとばーばから頂きました。。。凄 
 
イメージ 4
 『ケーキ』
 地元の小さな美味しいケーキ屋。
   歩亞にチョコ生クリーム…? 
   お母さんの好みじゃ〜ん(笑)  
                                        イメージ 5                                                               
   
                                                                            美味しかった〜。
 
イメージ 1

久しぶりに窓を開けてみようかな。

外の景色はどんな感じ?

そうなんだ。

じゃあ、開けない方がいいね。

大切なものが見えないのは嫌だから。

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事