全体表示

[ リスト ]

イメージ 2
 昨日のブログで予告しましたアウターパネルの再塗装ですが、現在でも音楽が聴ける状態ですので急遽予定変更。今回はまだ未製作だったサブウーファーの方をやる事にしました。ミラのトランクにはリニアパワーのアンプが3機投入しているため、大口径のモノはスペース確保が全く出来ません。まあ、フロントスピーカーだけでも自己判断ですけど良い感じの低音域の再生は出来ているのですが、サブウーファーの様な懐の深い低音再生には聊か問題がありますぅ〜。

イメージ 1
 そこで一応予算の都合もあるのですが、此方を使うことにしました。16.5cm2ΩDVCサブウーファー、MATCHのPP-72WDです。それをリアトレーに4本2組をインストールする予定です。自然なサウンドが特徴のノンプレスペーパーコーン振動板、大型のフェライトマグネットも何処か惹かれる所があり、それに高級ブランドBraxのスピーカー同様AUDIOTEC FISCHER社製らしく、なかなか価格の割りに侮れないのかなぁ〜って勝手に想像して、注文を決意。
 仕様〜能率(1W/1m):87dB、周波数特性:53〜5.000Hz、インピーダンス:2Ω+2Ω(ダブルボイスコイル)、最大入力:200w、発売価格:¥17.000(税別)。
 ポンコツムーヴで使用していたサブウーファー、JBL1200GTiとは口径もお値段も違い過ぎますけど、2本1組で¥17.000なら失敗しても…って、まだ試してもいないのにダメですねぇ〜。明日はリアトレーの製作に掛かろうと思います。さて〜頑張るかぁ!!!!。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事