*・。Green Gables。・*

豊かな暮らし、心あたたまる【Green Gables】へようこそ

今月のおすすめレシピ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

春ちらしのお弁当

イメージ 1

桜の季節はそろそろ終わりが近くなってきましたが
お弁当を持ってのお出かけは、これからが本番(^^)

今月のレシピは簡単なのに豪華に見える「春ちらし」のお弁当。
菜の花やそら豆など、春の食材を使います(^^)

●酢めし(3合分)
合わせ酢...カップ1/2
砂糖...カップ1/2
塩...大さじ1

●エビ...10尾

●生タラのそぼろ
生タラ...2切れ
酒...小さじ2
砂糖...大さじ1
塩...少々
水溶きの食紅...少々

●薄焼き卵
卵...2個
砂糖...小さじ1
塩...少々
サラダ油...少々

●花型れんこん
れんこん...1/2節
酢...大さじ2
砂糖・だし汁...各大さじ1
塩...小さじ1/4

●そら豆...100グラム

●菜の花...一束


[1] 米は3合炊いて、あらかじめ合わせておいた合わせ酢を混ぜて、酢めしをつくる。
[2] エビは背ワタを抜いて、殻つきのまま塩ゆでし、冷めてから尾を残して殻をむく。
[3] 生タラはゆでて、流水にさらす。てで骨と皮をとり、布巾につつんで水気を絞る。
それをすり鉢にあけて、ホロホロになるまでする。それを鍋に入れて、酒、砂糖、塩、
水溶き食紅を加える。4、5本の菜箸を使って炒り、そぼろを作る。
[4] れんこんは花形に切り、酢を少々入れた熱湯でさっとゆで、水気を切って、酢と砂糖とだし汁、
塩を入れたなかに入れて味をなじませる。
[5] そら豆は塩ゆでにする。
[6] 菜の花も塩ゆでにして冷水にとり、水気をきって食べよい大きさにきる。
[7] 卵はときほぐして、砂糖、塩で調味した薄焼き卵にし、冷めたら千切りにする。
[8] 酢めしにすべての具を、表面の飾り用を残して加え、混ぜあわせる。
[9] お弁当箱につめ、残しておいた具材を彩りよくのせます。

熱々のお吸い物があればなおいいので
ポットに熱いお湯を入れて持っていき、即席のお吸い物に注いでいただきます。

もっと簡単にしたいときは、市販のお寿司のもと、さくらでんぶなどを使うと簡単。
表面の飾り用の具材だけ用意すれば、時間も手間もぐっと短縮、
それでいて行楽お弁当らしい豪華さです(^^)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

春をつげる早春のお野菜は苦みがあるのが特徴です。
ほのかな苦みと香りと彩りに春の訪れを感じます。

菜の花の季節には必ず作る春色のパスタ。

菜の花はカロテン、ビタミンC、B1、B2、葉酸、カルシウム、鉄などのミネラル類が豊富。
とくにビタミンCの含有量は野菜のなかでもトップクラス。
体の抵抗力を高め、風邪などを予防するほか、貧血の予防にも効果があります。
花が咲きはじめると味が落ちるので、買ったらできるだけ早いうちに食べましょう。

[材料] (2人分)

スパゲティ(1.5mm ー 1.7mm) ... 200g
菜の花 ... 1束
ベーコン ... 4枚
オリーブオイル ... 大さじ4
にんにく ... 1かけ
塩 ... 少々
黒こしょう ... 少々

[作り方]

1。大きな鍋にたっぷりお湯を沸かし、塩を入れ、パスタをゆではじめる。
塩の量は100gのパスタに対し、水1函塩10g (10%)
同じお鍋で菜の花を茹で、冷水にとって冷やし、食べやすい大きさに切る。
2。 にんにくはスライス、ベーコンは2cm幅に切る。
3。フライパンにオリーブオイルとにんにくをいれて熱し、
香りが出てきたら、ベーコンと菜の花を入れて、強火で炒め、塩、こしょうする。
4。パスタは袋の表示してある茹で時間の約2時間前に固さをみて、
少し固いかなと思うところでザルにあげる。
5。茹であがったスパゲッティを3に入れて強火でさっと混ぜ合わせてお皿にもる。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事