ここから本文です
多肉アンの育成日記
多肉植物の栽培をメインにオークションやショップの情報を発信するブログです!
もうそろそろゴールデンウィークですね
うちは家族みんなで田植えです
ショップもそろそろお休みしようかと思っていたのですが、なんとかアン子と協力しあって出品したいと思っています。

作業の合間をぬってなので数は多くはないかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

発送方法ですが、日曜祝日でもお届け出来るように第四種便(ポスト投函)+速達にします。
送料はいつもと変わらず1度の注文で460円ですが、特定記録は付けませんので追跡は出来なくなります。
ポストに入らない場合は配達員さんが持ち帰ってしまうそうなので気をつけてくださいませ(^^)

明日の発送分から第四種便+速達になります。
それでは、どうぞゴールデンウィークを楽しんでくださいませ( ̄^ ̄)ゞ

この記事に

真夏みたい

暑いですね〜😵
ハウス内は午前9時には30℃超えてきて、お昼に38℃までなったので屋根ビニールも開けました。

イメージ 1

サイドだけでなく、屋根部分も風通し良くすると5℃くらい下がってきました。
例年より暖かいので
稲苗も出来上がっちゃった

イメージ 2

今すぐ田植え出来るくらいになってはいるけど、まだ田んぼに水もきてない。

エケベリアの種蒔きもそろそろ再開します
今日ポットに土を詰めて消毒したので明日あたりから6月いっぱいくらいまでは、種蒔きやるようです。
発芽用ハウスは今日は40℃超え(汗)
四月はまだ夜間温度が低い日があるかもしれないので二重ビニールのままにしてあります。
素敵な交配苗が出来るとイイな(^^)
今年もがんばらなくちゃ

この記事に

ゴールデンウィーク中は田植えに専念する為に今のうちにショップの出品を頑張りたいと思っています。
今日はサクラさんも来てくれて実生バラしなどお手伝いしてくれました
新しく名前ついた子いますのでどうぞよろしくお願い致します(о´∀`о)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「乙女椿」
エッジがとても鮮やかなピンクに染まります。

もう夏顔になってきちゃったので、もっと早く一番可愛い時期を見て頂きたかったのですがグズグズしていてやっと今(汗)
どうぞよろしくお願い致します
販売する苗は花芽を切ってありますのでどうぞよろしくお願い致します。
あとは小苗ですが可愛くなりそうなアン交配種を幾つか出します。

イメージ 4

エレガンス×ザラゴーサspノバ

イメージ 5

デレンベルギー×サラ姫ボタン

イメージ 6

月影の宵×サラ姫ボタン

イメージ 7

セトーサ×ピンクプリティ

イメージ 8

魅惑の宵×elegans El Chico L92/01

イメージ 9

ピンフィール×シャビアナペレグリナ

イメージ 10

デザートスター×ビフィダ
koehres実生のeurychamys,Peru

イメージ 11

シリウス同士実生

イメージ 12

シリウス×ラウイ

イメージ 13


一度に色々出せなくてすみません
引き続き作業や交配頑張りまーす

夜9時頃に出品できればと思っています。
どうぞよろしくお願い致します
╰(*´︶`*)╯

↓「多肉アン」ネットショップへはこちらからどうぞ!
https://tanikuan.buyshop.jp/

この記事に

季節の進みが早い

今日はずっと晴れていてハウスの中は遮光していても暑いくらいの陽気でした。
エケベリアの花もどんどん咲くので一日中交配と花粉採取やってました。
目がショボショボです
稲もだいぶ芽が伸びてきてゴールデンウィークの田植えには間に合いそうです。
良かった!

多肉ハウスのエケを少し

イメージ 1

親苗のセトーサ
これを使った交配

イメージ 2

イメージ 3

片親違うとだいぶ雰囲気変わってきますね
今年はセトーサは親で使わずお休みさせてあげようと思います。
代わりにルンデリーにお仕事して貰おうかな。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


こちらはとても人気な原種、eurychlamysです。
時期をずらしながら数度に分けて種蒔きしてあります。

イメージ 7

こちらも原種 tobarensis。
とても好きなのに種蒔きして育ったのはこれだけ
リベンジしたい!
環境で、合う合わないがあるのか単に私が下手なのかどうしても上手くいかない品種ってありますね〜(泣)
挫けないで何度でもトライするでー

イメージ 8

これは緑の花が咲くheterosepala
夏に弱いので育てるのが中々に難しいですが、だからこそ育て甲斐ありますよ。
昨年これを使って交配してあります。
地味な子出来そう

この記事に

父似と母似

エケベリアの交配を始めるまで、実は父の血は母の血ほどは強く出ないだろうと勝手に思い込んでいました。
でも実際やってみるとそんな事も無いですね〜。
父寄りの顔と母寄りの顔、両方あります。
そりゃそうだよね!
ウチの子供達だってアン子は父似で息子は私に似ています
交配種同士を掛け合わせると更に爺婆が加わりますから。
面白いです(о´∀`о)
お花もどっちか寄りになる感じ。
私が凄く好きなトロボールスはどんな交配なのかなぁ
交配に使ってみるとお花でなんとなーく予想つきそう。

イメージ 1

色合いも形も好みです。

イメージ 2

昔ながらのゴールドマニー
koehresのの種子からだともっとずっと地味なんですよね。
多肉やっていて長い人はゴールドマニーといえばこっちを持ってる方が多いのではないかしら。
私は断然こっちが好み

イメージ 3

これはアンの交配種です。
真夏でもずっとこのピンクのまま
これを親に使って年中色褪せないものを作りたいな。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事