全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1998年5月の日本の新聞だったと思いますが、ムベキ前大統領の「アフリカン・ルネッサンス」が掲載されていました。
ムベキ前大統領は辞任しましたが、この「アフリカン・ルネッサンス」が実現しなかったということなのでしょうか?

お詫び:新聞に掲載されたの内容を紹介させて頂きます。

写真は南アフリカで購入したムベキ氏の本です。

========

ムベキ副大統領(当時)は、その世界戦略に基づいて「アフリカン・ルネッサンス」というビジョンを提唱、1997年12月のANC大会において確認された。当初は、アフリカ人であることを誇りに思うムベキ副大統領の精神論が中心であったが、「現実可能な夢」と位置づけ、南アとして具体的に何が出来るか各省庁に検討させている。

1.「アフリカン・ルネッサンス」における基本的な要素

(1)
経済復興:グローバリゼーションを自国の状況に合わせて戦略的に咀嚼する。
市場経済に基づく経済復興。豊かな天然資源や農業潜在性を現実のものにする。

(2)
自助努力意識の高揚:経済復興の中心は自助努力。国民が一丸となって、国造り責任、オーナーシップを自覚する必要がある。盲目的な援助依存から要脱却。

(3)
民主主義の確立:国民中心の国造りのために民主主義が不可欠。西欧民主主義の輸入ではなく、部族等アフリカ特有の問題に配慮したアフリカ型民主主義の追求。

(4)
政治的安定の確保:経済復興の最低必要条件。アフリカ自身の力による紛争の解決。その意味で米のACRIには保留。南アはコンゴー(民)紛争で貴重な貢献。

(5)
ガバナンスと汚職の追放:旧ザイールのような汚職を許容する政治を改革し、国民にアカウンタブルな統治システムを確立。

(6)
アフリカ地域機構の強化:200にのぼる経済協力機構があるが、OAUやSADCをはじめいずれも非効率で重複が多い。改革の必要性を認識。

(7)
伝染病への取り組み:経済復興を阻む大きな障害。エイズ、マラリア等の感染症をはじめ効果的取り組みが必要。

(8)
国民中心の経済政策:構造調整政策によりアフリカの政治・経済が不安定化した経験から世銀やIMFの言いなりにならない。「援助による従属」に反対。

(9)
優秀な人材の活用:世界中に分散している「アフリカの頭脳」を有効に活用したい。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事