ここから本文です
さうざぁのホッ!
4月14日午後8時、BSジャパン「空から日本を見てみよう」の京橋駅辺りに、若い頃に撮った画像が出るかも?大阪市内にSLが走ってる

書庫全体表示

 大阪環状線京橋駅の東に城東貨物線が南北に、京阪電鉄本線がその貨物線をアンダークロスしている所があります。
 
 大阪市電が走っている頃(1969.3末まで)は、この辺りは城東貨物線から淀川貨物駅(淀川電車区)への連絡線がデルタ線を構成していて、国道一号線を走る市電との平面交差もあり、蒸気機関車が牽く貨物列車や片町線の旧国電たちが市電や市バス等を踏切で待たせ、ばく進するのが見られました。
 
 その光景は...それはそれは、昭和のアーカイブです 
 
 今まで城東貨物線に関連の淀川貨物駅や淀川電車区に関しては鉄道趣味オールドタイマーやブロガー諸氏によって廃線レポート等でたくさん紹介されています。
 今更ですが、最近ある方のブログを拝見し私も記録程度ですがブログにまとめようと思い立ちました。最後までアップできるか心配ですが..お付き合いください  計画性の無い構成ですが脱線しないように出発進行です
 
 グーグルマップで場所をご覧ください。京阪電車の京橋駅と野江駅との真ん中辺りにデルタ線があったのですが、航空写真で見ると廃線跡が緑地や通路などになっているのが確認できます。ここを蒸気機関車や大阪市電が登場していた頃を懐かしく思いながら進めます。なお、表現については正式名では無い文言が出てきますが、便宜上使っているだけでご容赦ください
 
               デルタの要は「巽信号場駅」
イメージ 1
デルタの直線部に1985年まであった建屋、吹田から来たD51牽く貨物列車が
通過します、D51の左に京阪電車の架線柱が     (1967.5.13撮影)
 
           デルタの淀川貨物駅方面の頂点(淀川方)
イメージ 2
淀川貨物駅から吹田操車場へ行くハチロク(8620形)牽く貨物列車は、京橋の商店街を横切り、桜小橋踏切を通過すると京阪電車をアンダークロスした所で鴫野方面(片町線)と別れ城東貨物線へカーブしながら一気に駆け上がります。                                       (1967.5.13撮影)
淀川連絡線廃止後、かの地を訪れると遊歩道やプロムナードに変貌していた。
イメージ 3
撮影した位置は、国道1号線を斜め横断する鴫野方面への線路痕 京阪本線は複々線になり、ワイルドな築堤もコンクリート化されていた(2007.3.17撮影)
 
           デルタの吹田方面の頂点(吹田方)
イメージ 4
信号場を通過し吹田方に差し掛かるD52牽く自動車運搬列車 吹田行きも竜華行きも何時も順行で走っていたのが幼少の頃は不思議だった 何のことは無い、転車台で向きを変えてくるのであった 右の線路は淀川貨物駅方面へ続きます                               (1968.5撮影)
信号場廃止後、再訪すると少しの証拠品が残っていたが、炭の臭いやコールタール臭を感じることは無かった
イメージ 5
再訪時DD51がメインだったが最近は電機が牽いているようだ(2007.3撮影)
 
               デルタ残りの頂点(鴫野方)
イメージ 6
今だと直ぐに大気汚染の公害苦情が発生しそうな風景ですね、洗濯物にススが付いてたもんです 信号場を通過したD51牽く貨物列車は、淀川方(左の勾配から)と合流し片町線へ進みます 
当時は上下する列車数も少なくは無く、一日おれば堪能できました 偶に蒸気以外の配電や電機が通ると何故か興奮したものです    (1967.5.13撮影)
イメージ 7
D52と同じようにスローな走りっぷりのDD51貨物。左方面が淀川貨物駅(淀川電車区)、片町線の旧国電も走っていました。時たま近畿車両からの出来たてホヤホヤ車両が淀川電車区に足跡を残す時も左の勾配を下って行った、早朝が多かったのでこの辺りでは見たためしがありません
再訪時、勾配標と信号柱に当時の面影を見つけました (2007.3.19撮影)
 
                  次回は、デルタの3辺を...画像あるかな
 
 
 
 
 
 
 
 

  • 顔アイコン

    こんにちは。初めまして、履歴から辿ってきました。
    この辺りはよくMTBで散歩します。地形(高低差等も含めて)面白いところですね。足を伸ばして赤川鉄橋へも行きます。面白いところお教えください。

    河内温泉大学名誉教授

    2012/12/1(土) 午前 7:57

  • 顔アイコン

    河内温泉大学名誉教授様
    コメントありがとうございます。
    当時は、貨物線に沿って自転車で走ったり電車で回りましたが、現在では、地元の天野川の大阪側を自転車でカワセミを求めて走ったりします!

    [ さうざぁ ]

    2012/12/2(日) 午後 11:45

  • 顔アイコン

    はじめまして。城東貨物線の写真はよく見る事は出来るのですが、淀川連絡線はあまり発表されていませんので、大変貴重なお写真だと思います。私は残念ながら、この線が使われていた頃は撮影していません。今でも時々、蒸機が走っていた頃を偲びながら、廃線跡を辿っています。

    [ sui*ak*ka*kud ]

    2014/5/10(土) 午後 8:03

  • 顔アイコン

    sui*ak*ka*kud様
    コメントありがとうございます。自宅から京橋までの最短路はなんといっても、淀川連絡線! 防腐処理された枕木の上をあるいて靴の裏が油まみれになったりしたこと覚えています。線路を歩く人多かったですね! たまたま生活圏にこの貨物線があったので撮影も多かったと思います。あまり淀川連絡線の記事を目にしなかったのでつい、自分がと...この時代知らない方に少しでも雰囲気がつたわればなぁと思っています。

    [ さうざぁ ]

    2014/5/11(日) 午前 0:31

  • 顔アイコン

    今晩は、初めまして。本日、巽信号場駅について検索したところ、このページに出会いました。S50年8月〜S54年9月まで巽信号場駅で勤務していました。その後故郷へ帰省し、平成12年に仕事で大阪へ訪れた折、駅舎は解体され、旧淀川駅へ続く線路も無くなっていました。駅舎の写真がとても懐かしく、当時の事を思い起こされました。ありがとうございます。

    [ - ]

    2014/8/19(火) 午後 10:03

  • 顔アイコン

    kin**ins*様
    拙ブログへのご訪問ありがとうございます(__) 巽信号場駅へは当時住んでいました淀川駅から遠くもなく、子供の頃は遊び場所の範囲内でした。撮影に夢中になったのは、蒸気機関車牽く貨物列車に魅せられたからだと思います。まさか流通の変貌で無くなってしまうとは...時代の流れでしょうか(;_;) 当時、撮影の際、駅舎を訪れ撮影の許可を快諾して頂き、職員の方から信号場の仕事を教えてもらい管理範囲の広さ等、ひどく感激したものでした! おかげで良い記録が出来たと感謝しております(__)
    今は「おおさか東線北区間」の工事が進められ、やがて信号場駅も忘れられてしまいます、発展的解消ですが、一時代を担った役目は何時までも残して行きたいものです。
    当時の事、思い起こされて嬉しく思います。こちらこそありがとうございました(=^0^=)

    [ さうざぁ ]

    2014/8/20(水) 午前 11:21

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事