沖縄空手道無想会 南風のブログ

沖縄空手道無想会の世話人やってます。(ソーシャルワーカー養成中です。)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全243ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ヤフーブログは、サービスを終了するそうです。
残念ですね。
全ての記事が1200を超えたこのブログも、
残念ながら、移転することにしました。
移転先は、アメーバブログです。

https://ameblo.jp/southernwind410

南風のブログのtタイトルは同じです。
既に、主な記事は、少しずつ、移動しています。
今まで、読んで下さった皆様
本当にどうもありがとうございました。
続きは、アメブロで、今後ともよろしくお願い申し上げます。

開く コメント(0)

第三回ブライアンセミナーでの気づきです。
沖縄空手では、身体を分割して鍛え、統合します。
身体を細分化し、別々に意識して、動かせるようにします。

右の突きを出すときは、右の肩甲骨を下げて、
右の広背筋で肘を正中線に……

これはこれで良いのですが、
そうすると、右の肩が落ち気味になり、左の意識が疎かになりがち。
これは間違い。
腰が全身と一体化する様に、肩も全身と一体化しなければ、
エネルギーのロスが生じます。
右半身が固定しても、左半身がブレる可能性があります。
右のチンクチで突くと同時に、
左にもチンクチを掛けて、肩のブレを最小限にします。

なんだ、なんだ、それでは最初から、
突きは、両方の広背筋を使って突くと教えれば良いじゃないか。

で、最初に戻ります。
沖縄空手では、身体を上半身、下半身、
右半身、左半身、前半身、後ろ半身と分割します。
骨と筋(スジ)や筋肉を細分化して意識して動かせるように鍛えます。
この別々に鍛えて統合するというところが大切。
最初から一体として使ってしまったら、身体が一体として覚えてしまう。
そうすると、沖縄空手の身体操作に行き着きません。
だから、左右別々に鍛えて、ある程度別々に意識して動かせるようになってから、
突きの時の身体操作として、
チンクチを左右両方に掛けることを覚えれば良いのでは。
でも、本当は回り道だったかも。

まだまだ、仙腸関節が固い南風ですが、
広島のイソ先輩に教わったように、骨盤内の筋肉を動かせる様になってきたし、
エス隊長が言うように、背骨に力を入れられるようになってきたし、
現代空手屋から沖縄空手家への肉体改造を、
少しずつ、少しずつ、です。

風邪で体調不良です。家には水疱瘡が蔓延しています。
ここを乗り切らねば。
なんとか頑張ります。

開く コメント(0)

仕事が忙しいだけでなく、体調不良も続いています。
ブログどころではない状況でした。
3月3日、自治会の役員決めの会議。
自治会の副会長なので、欠席できず、
ただ、自治会の役員なんてボランティアは、進んでやってくてる人もなく、
なかなか決まらず紛糾しましたが、9時から1時間で決着。
10時には、雨の中、駅に走りました。
市川駅から小走りに駆けて、遅刻しながらも、
第三回目の、ブライアン先生の稽古に到着。
やはり、会員のみで、一般参加はありませんでした。
ワタクシは、遅刻で参加なので、本部形式の稽古の途中から。
本部デハ、ココカラ筋トレヲシテイマス。
で、エス隊長。段級審査に筋トレがある以上、省かずにやりましょう。
ということで、筋トレ開始。
ワタクシは、写真を撮りながら、腕立て伏せはパス。
実は、全く筋トレをしないワタクシですが、
昔取ったナントヤラで、腕立てはやらなくても出来る。
40年前、毎日千回やっていた貯金で、
チョットやってみたら、100回程度なら出来た。
でも流石に腹筋は無い!
10年も全く腹筋をやっていない状態で、チョットやってみたら、
全く、腹直筋が無い。直ぐ足がつりそうになっちゃいます。
大腰筋で持ち上げる〜とかなら出来るのですが、
上体起こしは出来ない。ので腹筋は皆さんと一緒にやりました。

少人数なので、ブライアン先生に修正してもらいながら、
基本の身体操作を細かく。
形は、太極初段を。
身体を薄く使った移動基本を。
無想会の身体操作に拘りながら。
ここでの新発見については、別のテーマで。

で、稽古の後、体調不良で胸がムカムカして、
食欲がないワタクシは、会食を辞退してお暇したのでした。

開く コメント(0)

西高東低を打開せよ。

出勤してから延々とパソコンに向かい、日夜、社会福祉士国家試験問題と格闘しているワタクシですが、もう疲労困憊なので、ちょっと息抜きを。

私が所属する、無想会という会派ですが、
新垣師範から、技量的には
西高東低(無想会空手のブログ)
と言われています。
理由は諸々ありますが、大阪同好会のメンバーは、
ヨシ先輩をみても、イソ先輩をみても、やはり取り組み方が違うと感じます。
先輩ですから、長くやってるわけで、2年たったら追いつくぞ、と思っても、
追いつけるのは、2年前の先輩達なわけで、そこから先を行かれてしまいます。
まあ、だから先輩なわけなんですが。

「はみ唐」氏を始め、比較的新しいメンバーが追加されている我々関東メンバーは、
当初から変わらぬメンバーが多い、大阪メンバーと比べると、相対的にはハンディがあります。でも、新しいメンバーが揃って上達してくれば、という楽しみもあります。

しかし、我々にも、当初からのメンバーも居ますよ。
当初メンバー同士の比較で、関東メンバーの稽古不足を指摘されているのは残念ですね。集まる場所も道場も無いのは事実なんですが。

そんな現状を受け入れがちな我々に、炎の会主宰、エス隊長から、
「西高東低を打開せよ!」と檄が入りました。

強くなるための集った者が、強くなるのを諦めてどうするか。
全く、エス隊長の言い分は正しい。
ではどうした良いのか。

洗練された稽古体系(無想会沖縄同好会)
これは、私の同世代の仲間 rera氏のブログですが、

大阪から指導に来てくださったヨシ先輩に教わった事や
ブライアン先生に教わっている事と見事に一致します。

沖縄空手の身体操作に拘って、地味に筋骨を動かす稽古を繰り返すこと。
沖縄空手の身体操作を形に落とし込んで使用可能にすること。
これ以外に、上達の道はありません。
関東メンバーの皆さん。
身体感覚を研ぎ澄ましながら、化学反応で質が変わるのを待ちながら、
地味に、身体の奥の筋と筋(漢字が同じですがキンとスジと読んで下さい)を
動かし続けましょう。
その先にある化学変化を待ちながら。

昔ながらの自分流の稽古に拘るのを止めて、
無想会の身体操作に拘りましょう。
でないと、エス隊長からズドンと何か飛んできますぞよ。


開く コメント(0)

現代空手を38年間もやった末に、
沖縄空手に転向したワタシですが、
「居つく」のキーワードでこのブログの内容を検索すると、
たくさんの投稿がヒットします。

でも、「居つく」を嫌うのは、大昔の沖縄空手の先生達だけで、
残念ながら、現代空手には、実はそんな言葉は存在しません。
単純にその場に居るのが「居つく」で
その場に居ないのが「居つかない」です。
その場に居るのに「居ついてない」はずがありません。
だから居ついているのが普通です。

ちなみに、現代空手ですと
形は止まって技を出すので、居ついています。
組手は、動きながら技を出すので、居ついていません。
ですから、組手で強くなろうと思ったら、居ついちゃ駄目。
したがって、組手の選手は、なるべく形はやらない方が良い。
良い選手を育てるのに、組手の選手と形の選手は、確実に別けるべきです。

掛け試し(カキダミシー)以外に試合の手段を持たなかった
江戸時代の琉球手(リュウキュウディー)の武士(ブサー)は、
形の稽古だけで強くなった。
今野敏先生の『義珍の拳』でもそうですね。
でも、形が居ついているなら、形を稽古したら居つくじゃないですか。
なんででしょう。

答えは、江戸時代の沖縄空手の形は居ついていなかった。
では、「居つく」と「居つかない」ってどこが違うんでしょう。
その場に居るのに居つかないことって可能なんでしょうか。

新垣清著『沖縄武道空手の極意』では、
仮想重心という言葉で、説明しています。
仮想重心が身体内にあれば居ついている。
仮想重心が身体外に出ていれば居ついていない。
仮想重心に落ちることで、技にスピードと重さをのせるためのテクニックが
沖縄武道空手の極意です。
形を演武しながら、仮想重心を身体外に出し続けることで、
「居ついている」状態を作らないようにします。
でも、仮想重心を身体外に出すためには、
体幹や正中線を支えるための、現代空手では使用しない筋肉を
鍛えなけれいけないし、仮想重心を身体外に出せたとしても、
その状態で静止すれば、それも「居つき」になります。
止まらずに動き続けながら、仮想重心を目まぐるしく移動させつづけることで、
初めて「居つかない」状態を作ることができます。
「居つかない」形ができるようになって初めて、組手に使える様になります。

「居つく」とは、静止している状態。
「居つかない」とは、動いている状態。
「居つく」とはその場に居て、そこに重心がある状態です。
攻撃するなら、そこを狙えば良い。
「居つかない」とは、その場に居るけれども、そこのに重心が無いので、
どこを攻撃して良いのかポイントを絞れない状態です。
しかも動いているので、更にポイントが絞りづらい状態です。

単純にその場に居るのが「居つく」で
その場に居ないのが「居つかない」ですが、
その本人はその場に居るのですが、その人の重心は、
その場に居ないので「居ついていない」というわけです。

居つかない形の稽古。
組手が強くなりたい人。
強くなりたいけど、スパーリングパートナーに恵まれてない人。
強くなりたいけど、怪我をするのが困る人。
みんなで、居つかない形の稽古。やりましょうよ。


開く コメント(0)

全243ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事