ここから本文です

リュウチャントパパ

書庫全体表示

名簿作りで用意した、所属道場を入力した名簿と、毎回使い回しているトーナメント表のテンプレートを使ってトーナメント表を作っていきます。
イメージ 1


テンプレートは参加選手2名のトーナメントから30数名のトーナメントまで、様々な参加人数に対応したトーナメント表を作りおきしています。
まだ作っていない人数のトーナメントもあるのですが、その場合は新たに人数に合ったトーナメント表を書き足し、上書き保存しておきます。

名簿から各部門別に選手の名前をコピーし、トーナメントのテンプレートを人数に当てはめます。

イメージ 3



次に組み合わせを触っていくのですが、福井中央支部では公平を期すために、番号順に並べる方式で組み合わせを組んでいます。

この番号順について、私の道場の父兄からもよく質問をうけるので、今後初めて福井中央支部の大会に出られる方への説明も兼ねて、番号についてここで書かせていただきます。

まず出場申込書にある番号の欄で好きな番号を四つ選び、それをさらに好きな順に並べてください。
イメージ 4


イメージ 5




申込書が集まると、各部門番号順に並べてトーナメントの組合せ順にします。
イメージ 6




ですからどんな番号を書けば有利な組み合わせになるかは、申込書が集まってみないとわかりません。ここはだと思って好きな番号を書いてください。

ただしこのままだと、一回戦で同門対決になったり、片方のブロックに同じ道場が偏る場合があるため、極力番号を崩さないように全体のバランスを整えます。
イメージ 2


この調整が終えて、ようやく本当に完成です。

次に出来上がったトーナメント表をホームページにアップします。

トーナメント表をホームページにアップするのは、選手や父兄、あるいは各道場関係者に名前や出場部門に間違いがないかチェックしてもらうためです。

こちら側のミスを指摘していただきたいということもありますが、申込書を書かれた側が書き間違えているというケースも少なからずあるので、その確認をしていただきたいというのが目的です。

特に春の大会の場合、年度変わりで進級したばかりの子が、うっかり去年の学年を書いてしまうということもありますので、出場選手の皆さまは必ずトーナメント表のチェックをしていただきたいです。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事