創造院物見居士の物欲過去帳 だったのですが・・・。

今までに、使ってきた道具や、食べたもの、受けたサービスなど、勝手にレビューしてきてましたが、最近はボヤキ帳になってます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

野球選手や野球がらみの本で、久々にうなずいた本。

僕は、自営で仕事をしているが、
態度が傲慢だといわれることがしばしばある。
そのたびに僕はそう答えている。「それで結構だと。」
なぜなら、たいていそういう人にかぎって、
注文も何も入れてこないからだ。

顧客におもねり、顧客の言いなりになり、
満足を与えることが仕事だと思っている人がいる。
それは間違いではないけれど、
そんなことはプロならば当たり前のことで、
食っていく上では必須条件なのだ。
それができて、初めて同じ土俵に上がれる。

勝ち負けにこだわりたくないなどという人間がいる。
もちろん、僕だってそんなことにこだわりたくはない。
自分のやりたいことを、自分のやり方でやれれば
それほど幸せなことはないだろう。
しかし、それは勝った人間の言うせりふ。
結果を出した人間の言うせりふ。
ましてや勝負を楽しむなど、まだその先の世界のせりふ。
残念ながら、自分にはまだそのせりふを言うことはできない。
まだまだ、やっつけなければならない目標があるからだ。

それよりも、僕が大事にしていることは、
僕にかかわる人たちが、僕に任せてもらえれば、
絶対大丈夫だという安心感を持ってもらうことだ。
僕に仕事を頼んでくれる人たち、何かしら寄ってくる人たち、
その人たちは、僕は確かに傲慢だけど、
任せておけばきっちりしてくれる、
わからないことは全部教えてくれると、全幅の信頼を置いてくださっている。

そのことのありがたさ、この年になって
ようやくわかりかけてきた。
自分がいかに未熟だったか、そしてもっともっと、
大きくならねばと思っている。

そのなかで、気がついたこと、人に信頼される絶対条件はただ一つ、
金本選手も著書で書いているが、それは「覚悟」だとおもう。
「覚悟」があるから、ぶれない。言い訳をしない、環境のせいにしない。
その世界がクソだと思うなら、腹をくくってそこから飛び出す。
すべては、自分で何とかするぞという「覚悟」をもって。

しがらみの多い保険診療をすて
自由診療の世界で最高の技術を提供しようとする歯医者さん、
窮屈な組織から抜け出し
自分の表現したいことに忠実に生きる書道家さん、
おかしなルールに真っ向から対峙して
正しい薬を届けようとがんばる薬剤師さん、
デザインの世界で、文字通り世界を相手に
何かを伝えようとしているデザイナーさん、
自分の会社がつぶれかけたとき
その身を賭して金策にまわって何とか立て直した営業マン
言葉や文化の壁を越え
自分の子供ではなくとも連れ子の父親になろうとしているアメリカ人、
ただ普通の市民になりたい、
それだけの理由で危険な戦場へ赴いて任務を果たす兵士

僕にはそんな、いろいろな知り合いや友達がいます。
そんな「普通」の人たちが「覚悟」をもって、がんばっている。
いつも思うことは、いつか、この人たちと
同じ土俵に立てるようになりたい、ただ、それだけだ。
そんな、美しい人たちの仲間になりたい、ただ、それだけだ。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

無事に2日目を終えることができました。
自分に結果が出せるように、私の周りの人に安心感を届けられ信頼を置いてもらえるように、「覚悟」を持ってがんばり続けていきます。
美しく幸せな人生をともに過ごせるように!

2008/10/3(金) 午前 1:23 [ かこ ]

顔アイコン

メールいただいています!
返信、もう少しお待ちくださいね。
それにしても達筆家ですね〜。
こちらにもブログとお持ちとは・・・。

2008/10/3(金) 午後 0:02 [ rue**3 ]

顔アイコン

Kak・・・さん
生意気言ってすみません。でも、近頃金本選手の言葉が僕の中にずしりと入ってくるんですよ。「覚悟」ということばが。それは今、僕の中にたりてないから、化も知れません。
Rue・・・さん
ときどき、真剣に執筆業で食えないかなと思ったりします。まあ、無理か・・・。それならば、新興宗教でもおこして・・・・、すんません、ええかげんにしときます。

2008/10/3(金) 午後 9:38 [ southside605 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事