創造院物見居士の物欲過去帳 だったのですが・・・。

今までに、使ってきた道具や、食べたもの、受けたサービスなど、勝手にレビューしてきてましたが、最近はボヤキ帳になってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

尖閣諸島近辺の海域で起きた海保巡視艇と中国漁船の衝突事故以降、日本人もこれほどまでに堕ちたかと思うととても情けなく感じる。
 
まず、僕は政府のやっていることはおおむね正しいと思う。尖閣諸島は日本固有の領土だし、中国も艦船を回してきても絶対に中間線を越えようとはしてこない。天然ガスも、国境の向こうからストローで吸うみたいな姑息なやり方しかできない。いざとなれば精強な海上自衛隊と海上保安庁、そして日米安保条約がある。本当に中国が尖閣をとってくる気なら、アメリカとやりあう覚悟が必要だ。中国に、アメリカと事を構える実力はないし、ましてや世界を敵に回す覚悟もない。
 
だから、今の日本の対応ってのは、いたってまともな、大人な反応だと思う。
 
にもかかわらず、マスコミをはじめとした日本の論調は、民主党政権の対応を「弱腰」だの、中国の言いなりだなどといって、こき下ろす。何も考えずに感情的に中国をこき下ろしたり、右翼のアイコンとなりそうな人物を担ぎ出してデモをしたりする。中国も同じで、自分たちの政権維持のために、国民の不満を反日へとそらせるように世論を誘導する。中国も日本も、やっていることは同じだ。何かをきっかけに、よその国をこき下ろすことが愛国心だと思わせるように仕向けて、自分たちの解決しなければならない問題から、目を背けさせている。
 
つまり、お互いに相手を使って、自分のストレスを発散しているに過ぎないのだ。実にばかばかしい。
 
しかし、ぎゃーぎゃー騒ぐ人の言うところの「国益」と はいったい何なのだろう。 尖閣諸島に やってきた 中国の漁船 を片っ端か ら撃沈し、 竹島にいる 韓国人を蹴 散らし、再 軍備をし、 核兵器を持 ち・・・・ 、その程度 のことか。そんな「強 くてバカな 国」に、ど うしてなり たがる。そのくせ、ユニクロの服や100均はやめられないし、コンビ二店員には中国人を雇っているくせに。そして、なによりもお祭り騒ぎをして民主党に政権をとらせた癖に、そのあと何かと難癖をつけてるなんて、おかしいじゃないか。

日本人はもはや、精神分裂病である。でなければ、ただのお調子者か本物のバカだ。政治家にぶれるなといっておきながら、国民はぶれたい放題。中国人がつけこんでくるのは、日本の軍備が弱いからではない。政治も悪くはない、そういう、日本人の中途半端なところを知り抜いているからである。なによりも、戦争も辞さずといいながら、ピストルの撃ち方ひとつもしらない。秋葉原で暴れた通り魔をとめることもできない。生きた魚すら捌いたことのない人間が、人なんかどうやって殺せるかって。

中国人が姑息な人たちだとしたら、日本人は救いようのない神経質な小心者である、何をそんなにがたがた騒いでいるのか。

何よりも国家間の紛 争において 、というか一般的な社会生活でもそうかもしれないけれど、一度振り 上げた拳お ろすのは容 易ではない 。それは歴 史が物語っ ているし、 ましてや今 の中国がま さしくそん な状況でし ょう。いつ の時代も、 挙げた拳を 下ろすこと を国民は許 さないから 。
ここ最近立て続けに、おかしな夢というか、夢なのか現実なのかよくわからないものを見る。
 
それは、毎朝4時ごろ決まって現れる。いつも部屋の隅っこにいて、僕を見ている。金縛りとか、そんなのはない。普通に寝返りを打ったり、首をおこしたりできる。それの気配を感じて目が覚めるというか、なんとなくうつらうつらとして、それの姿を見ている。
 
それの姿は、高校生か中学生ぐらいの女の子だ。きれいな黒髪の毛を左右に振り分けてくくっていている。部屋は暗いはずなのに、なぜかそういうふうに見える。その子は、別に悪いことをするわけでもなく、ましてや僕の首を絞めたり、なにか攻撃をしかけてくるわけでもなく、ただ、部屋の端っこでたたずんでいる。
 
不思議と、気持ち悪いとかそんなのはない。彼女が現れると、妙にうつらうつらしているはずなのに、決まって感覚だけがさえてくる。けれど、いつもそいつは幻かなんかだし、部屋の端っこに突っ立っているだけなので、別になんとも思わない。
 
いつも現れるたびに思っていた。もしも、彼女が生身の体を持っていて、そこに本当に突っ立っていたらと考えたら恐ろしい。彼女が不法侵入として訴えられるか、あるいは僕が、青少年育成条例違反として引っ張られるか(後者の可能性が高いだろうが)、確実にどちらかで、警察のお世話にならなければならないからだからだ。
 
あまりにしつこいので、おとつい、「お前はだれやねん!」と怒鳴った。そのときは、なにやら分の悪い顔をしてふと消えていったのを覚えている。あんがい、幽霊か怨霊かなんか知らないけれど、そういう類にしては、あっさりした奴だなあと、妙に感心したのを覚えている。
 
昨日だったか、またそいつが現れた。僕は「またか」と思って無視を決め込んだ。すると、彼女がこちらに近づいてくる。昨日怒鳴ったから今日は近づいてきたのかと、妙に冷静に考えていた。さあ、何とでもしやがれ、幽霊のスカスカの手で首絞められたって、そんなもん屁でもないし、どっからでもかかって来んかい!なんて思っていた。
 
そしたら、彼女は僕の耳元に顔を近づけてきた、いよいよきやがったか!と覚悟を決めたら、優しい声で、こういった。「いつも起こしてごめんね。」どこかで聞いたことがあるようなないような、そんな声だった。何じゃそれは?と思ってしまった。
 
今日の朝、またやってくるのかと思ったけど、今日は来なかった。もうこないのかな、いろいろ根掘り葉掘り聞いてやろうと思っていたのに。
 
幽霊や怨霊など、僕は詐欺師が人を脅してダマくらかすための作り話だと思っているので、そんなものは存在しないと思っているし、怖くもなんともない。悪い人の中は、僕のこの話を聞いて、守護霊が降りてきたとか、逆に何かに取り付かれたとかいって、その気にさせて、おまつりだのお祓いだのといって、がっぽり儲けようとする。
 
よく考えれば、そいつは絶対に守護霊ではない。守護霊がお下げ髪でセーラー服なんか着ているとはおもえない。仮にそうだとしたら、からかわれているとしか思えない。せめてもうちょっとらしいのに守護してほしい。逆に憑りつかれたんなら、僕が一喝しただけで退散なんて、幽霊や怨霊とかならもっとがんばってくれよって思う。
 
そういうことをしてお金を儲けている人もどうかと思うが、それにおいそれと大金を叩ける神経が僕にはまったく理解できない。ましてや、その”教祖”みたいな人を崇め奉り、あの人はすごい、すばらしい、だなんて、気が狂っているとしか思えない。それは、金正日に、忠誠心競争をしている北朝鮮の人々と変わらない。
 
もしもその子が本物の幽霊だとしたら、ちょっとかわいそうだったかもしれない。出るところを間違えた彼女が悪いのかもしれないが、僕みたいな屁理屈こねのところに降りてきて、彼女も災難だったろうとおもう。朝起きて、仏壇に手を合わすときに、彼女のことを少し気にした。それだけで、彼女には許してもらえるだろうか。
 
 
 
 
金曜日だったか、朝ごはんを食べながら朝刊を読んでいていすから転げ落ちそうになりました。いま、たけなわの民主党代表選挙の特集記事の中で、菅さんを支持していた議員が、小沢さん一派の人たちに、「菅さんに入れるなら、選挙のときに出した金を返せ。」といわれ、泣く泣く従った、みたいな事が書いてありました。
 
まるで、ヤクザのようです。タダでさえ、程度の低い争いをしている民主党の代表選、落ちるまで落ちたなという感じです。マスコミのネガティブキャンペーンが功を奏してか、小沢さんはまるで悪者扱いで、小沢さんを支持する議員が、どれだけ苦悩しているか、想像にはかたくありません。
 
沈みかかった船の中で、船頭が主導権争いをしているのです。こんな人たちと一緒に沈んで死んでいくなんて、僕は真っ平ごめんです。本当に、店をたたんで嫁の実家の九州にでも移り住み、農業でも始めようかとすら思います。白洲次郎ばりの、「平成無愛荘」を作りたいとすら思います。
 
ふと思いました。お金の力で、選んでくれた人を裏切らねばならないのなら、組織票にたよってそこに利益を誘導しなければならないのなら、そのことで悩むってことになるなら、選挙に出られる人を思いっきり制限すればいいと思います。
 
たとえば、被選挙権を所得税2000万以上納めている人に限定する、選挙権をまあ平均的な勤め人よりも、大目に税金を支払っている人とか、選挙にかかわれる人々を思い切り制限するんです。
 
もちろん、政治家は報酬なし、選挙運動員も全員ボランティアでやってもらいます。また、投票をする人も、それなりに重い一票を預かることになりますから、いい加減な投票はできなくなります。
 
それぐらい厳しい条件であっても、選挙戦を戦い、政治家になろうっていう覚悟のある人間なら、よほど志も高いでしょう。そんな人はいるのだろうか、と思っていたら、近い人はいるようです。
 
たとえば、名古屋の河村市長は、国会議員の時代から、「お金がほしいなら商売をし、国をよくしたいならば政治家になればいい」と言い続けていて、さらに、市長選の最中には、「税金を払う人が苦しみ、受け取る側が楽をする社会は間違っている」といい続けていたそうです。
 
その言葉どおり、彼は衆議院議員を辞めるときに一億円の年金受け取りを辞退し、さらに名古屋市長になってから年俸もうんと減額して800万円としたそうです(まだ、ちと高い気がするが)。彼が市長の任期を終えた後に受け取りを辞退する金額の合計は、なんと1億2千万円にもなるそうです。
 
自分の信念のために、合計で2億円もの大金を捨てられるのは、やはり、暮らしには困っていない、むしろ人よりも豊かな生活を送っているからなせる業だと思うのです。
 
よく考えれば、いま、世間を騒がせている政治家って、よく考えればみんな自分の商売を持っていて、政治家で転んだって困らない人ばかりでしょう。阿久根の竹原市長だって、土建屋の役員だし、東国原知事や橋下知事、そうそう、あの石原慎太郎だってそうでしょう。そういう立場でないと、思い切った改革はできないし、私利私欲は捨てられない。
 
彼らの手腕がどこまで本物かは、よく吟味しないとわかりませんが、でも、確実にいえることは、政治家としてあるべき姿を示してくれていて、政治家が職業であってはいけない、ということを教えてくれているのには間違いありません。
 
けれど、彼はあちこちで、変人扱いをされたうえに、中には議会からリコールまでされかかっている人もいます。
 
それに対して、柔道で金メダルを取ったおばさんになんか、正直って誰も政治家になってくれなんて望んでません。それこそ、国民のためにがんばるというなら、柔道捨てろよって。今まで受け取ってきたさまざまな援助や栄誉、そう、金メダルだって返すのが筋でしょう。
 
何よりも、畑違いのことをして自分があざ笑われていることにすら、本人はまったく気がつかず、ましてや、それをおかしいとも思わないマスコミや、彼女を議員に仕立てた人間こそ、本当の意味での「変人」です。それをして、「変人」たちが、「裸の王様」を担ぎ上げる光景、あまりにも滑稽です。
 
少なくとも、僕らは政治家を見て笑おうというつもりはありません。笑いたければお笑い番組を見ます。友達と酒を飲んで、バカ話をします。お願いですから、朝新聞を読むときに、これ以上僕をいすから転げ落とさないでください。
 
本当に、みんなまじめにやりましょうよ・・・・。
 
 
 
今年の猛暑、さすがにエアコンがないと体を壊してしまうほどの厳しさです。台風が去ってちょっとましになったかと思いきや、今日はまた、かんかん照りです。
 
いま、部活の指導をしている中学校の音楽室にも、冷蔵庫か!と思うぐらい良く効くエアコンがあります。もちろん、音楽室という性質上、周辺の地域の人たちに騒音を撒き散らしてもいけないので、窓を閉め切って部活なり授業をすることになるので、やむをえないことかと思います。
 
どこかで見ましたが、公立の小中学校の全教室にエアコンをつけろと騒いでいる親がいるらしいです。なんか、アホっぽく見えます。
 
そもそも、何でそんなことを言わなくてはならないのかというと、夏休みを中途半端に短縮して、お盆明けすぐぐらいから学校を始めるから、当たり前のように熱いわけで、夏休みの期間をちょっといじればいいだけ、ということに何で誰も気づかないのでしょうか。
 
たとえば、梅雨明けする7月20日ぐらいから、9月15日ぐらいまで、思い切って休めばいい。その代わり冬休みはそれこそお役所みたいに、年末年始の5日間、春休みも、同じぐらいの期間にすればいいんですよ。
 
それこそ地球が温暖化して、日本も亜熱帯気候になるってそれほど口すっぱく言ってるなら、この程度の変更は、当たり前にやっていていいはずでしょうに。
 
エコカー減税で買った車に乗って、子供手当てを持ってエコバックで買い物をして、社会や環境にいい事をしているつもりでいながら、学校ではエアコンをがんがんつければ、Co2や廃熱が大量に出るのに、そのことには眼をつぶる。
 
都合の悪いことは知らん振りで、穴の開いたバケツで水を汲むようなことを、人々は一所懸命やっているように思えてなりません。それは、権利意識ばかり強く、自分が受益することしか視点にない、中途半端な民主主義に毒されているから、これに尽きると思います。
 
本当に、あほな親にはなりたくないです。それこそ、本当に子供がかわいそうです。
 
 
唐突ですが、サンフランシスコにいたころ、よくトロリーバスに乗りました。坂道の多い彼の地では普通に走っています。交差点で、時々トロリーポールが架線から外れて立ち往生なんていう光景を見ましたが、そこいらヘンはプロフェッショナル、ひょいっとひっかけて再出発、って感じでした。
 
最近かねがね思うのですが、京都市内を走るバスを、全部トロリーバスにしてはどうかと思っています。折り返し点での方向転換ができないとか、いろいろ問題はあるかもしれませんが、それは補助電力をつんでおけば解決できます。それこそ、リチウムイオン電池を積んで、充電しながら走ればいいのです。
 
それこそ、市営交通から吐き出されるCo2はそれこそ激減するでしょう。また、減速時に電力回生なんてこともできるので、エネルギー効率も高いと思います。イニシャルコストがかかりすぎるなんていう意見もあるかもしれませんが、リチウムイオンを一杯積んだハイブリッドカーなって、普通の車の2倍ぐらいの値段がしますし、電池の寿命などを考えれば、ランニングコストだって馬鹿にできません。
 
それに、ガソリンや軽油は石油価格の高騰でその値段が左右されるので、経営も安定しませんが、電気ならよほどのことがない限り、急激な値上がりで経費が増え、経営を圧迫するなんてこともありません。昔は市内を市電が走っていたのです。もちろん、線路に束縛される路面電車は渋滞の元凶にもなりますが、トロリーバスは、基本的にレーン変更などができるので、モーターとギヤの設定をうまく調節すれば、普通のバスと同じように運用できます。
 
中途半端な最新技術よりかは、ロートールな技術のほうが、確実性があり、経費も安くすみます。
 
そのことを、何でお役所は気がつかないのでしょうか。いや、お役所だけでなく、エコを叫ぶ人々がなんでそれを言わないのか。観光シーズンに数珠繋ぎになる東大路通りで、渋滞にあえぐバスは、意味もなくCo2と廃熱を放出しているだけで、何の意味もありません。所詮渋滞に巻き込まれるなら、ちょっとはましなほうを選びましょうよ。
 
別に、温暖化なんてない、なんて乱暴なことは言いません。ただ、エコを叫ぶ人たちはどこかピントがずれているように思えてならないんです。よく考えれば、新しい技術を必死になって追いかけずとも、先人の知恵の中にいろいろな解決策があるのに、どうも、自分たちが最先端を行っている、あるいは、最先端をいっている自分に酔っているだけにしか思えません。
 
地球規模の物事を考える前に、自分の目の前にあるものを少しずつかていくこと、そのことが本当は大事なことではないでしょうか。
 

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事