ポケットクラブの札幌発!きたすぽ

ファイターズなどのスポーツ情報や話題などを掲載。 〜随時差替えあり〜

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

ついに終戦

大谷、増井など主力が抜けた投手陣
有原、高梨、鍵谷がカバー予定も
最後には1軍に不在で戦力外だった。

打線も大田、レアードなど故障離脱、
守備では石井一、渡邉が大事なとこで
失策して勢いにブレーキをかけた。

今季は試合途中で勝てないと思った。
それを覆すこともほとんどなかった。
来季へ課題が山積だ。


イメージ 1




来季は勢いのある選手の台頭が必要。
清宮、堀がしっかりとそこに入って
ほしいし、ドラフトでは根尾当たりを
狙ってほしいがやはり、
足農の投手になるのかな?

気になるのは助っ人外国人の行方
アルシアとマルティネスは
ぜひ残ってほしいと思う。


イメージ 2




ドラフト、外国人の行方、FA選手は?
シーズンは終わっても目が離せない。

これを見られたみなさんへ
今後の情報発信の糧になりますので
ブログランキングへ下のファイターズの
バナーにワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



札幌軟式野球情報→札幌発!きたすぽ


この記事に

開く コメント(0)






第47回札幌王座決定選手権の
準決勝、決勝は10月14日に
美香保B球場で行われた。

◇準決勝第一試合
札幌軟式野球連盟・㈱あらた
  011 000=2
  020 02X=4
札幌アカシヤ倶楽部・F・B・C

(あ)飯原ー福井
F)岡下、武井−時田

2回表、松川の左越しソロであらたが1点を先制、その裏にFBCは時田の左越しソロで同点にすると後藤の右二塁打から相良竜馬の右適時二塁打で逆転。しかし、3回表に高田の右適時打であらたが同点に追いついた。同点で5回裏に入ると沢田の左二塁打などで一死二三塁から今野の左適時打でFBCが2点を勝ち越した。あらたは最終回、5回から登板の武井を攻めて二死満塁としたがそこまで。FBCが2点差勝利で決勝へ進んだ。

イメージ 1

イメージ 2
ホームランを打った松川選手(左)と高田(中)、中目(右)選手

イメージ 3

イメージ 4
打球をC球場まで飛ばした時田選手

イメージ 5

イメージ 6
大きな当たりの二塁打を打ったFBC・後藤選手

イメージ 7

イメージ 8
勝ち越し打を打った相良竜馬選手




◇準決勝第二試合
毎日日曜倶楽部・Freedom
  000 209=11
  010 000=1
日刊スポーツ野球クラブ・ラックナム

(F)梅村、後藤−米口
(ラ)市橋、前田−川越

先制したのはラックナム。2回裏に坪田のヒットなどから投暴で1点。フリーダムは4回表に敵失などで勝ち越すと最終回に打線が爆発。澤口の左適時打、山田の3ラン、梅村の満塁ホームラン、澤口のソロで9点を入れた。投げては4回まで梅村、5回からは後藤のリレーでラックナム打線を抑えて勝利。フリーダムが重量打線と投手の層の厚さで決勝戦へ進めた。


イメージ 9
3ラン打った山田三塁手(左)、満塁弾の梅村中堅手(後ろ)、右は沖津遊撃手


イメージ 10
5回から2イニングを無失点投球のフリーダム・後藤投手


次回、決勝戦へ続く

これを見られたみなさんへ
今後の情報発信の糧へご協力を!
ブログランキングへ下の野球ブログ
バナーにワンクリックをお願いします。
←ここです。


札幌軟式野球情報札幌発!きたすぽ



この記事に





札幌市全区軟式野球連盟理事長・白旗和朗様から
講演会の掲載依頼がありましたので案内します。
詳しいことは気軽に11月2日まで下記へご連絡下さい。
 

甲子園春夏連覇監督が講演〜我喜屋監督講演会

『無限の夢を語る夕べ』

日時   平成30年11月12日(月)午後6時より

場所 札幌サンプラザ(札幌市北区北24西5) 

イメージ 1

興南高校3年の夏に主将として甲子園に出場し、県勢初のベスト4入り。卒業後は社会人野球に進み、静岡県と北海道で活躍。現役引退後も指導者として北海道に残り、2007年に母校野球部の監督として38年ぶりに沖縄に戻った。就任3年間で甲子園に4回出場している。現在、沖縄興南高校理事長・校長、野球部監督。


当日受付    午後5時〜 
第1部 講演会 午後6時〜
第2部 懇親会 午後7時〜
会費  5000円

問い合わせ、申し込み(白旗和朗)  
TEL 090-3891-7179   FAX 011-782-0894


        

ブログランキングへワンクリックを!




この記事に


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

ひさしぶりのファイターズブログ、
忙しくて時間がないけれど
今日もファイターズが見れるので
ちょっと編集掲載しますね。


イメージ 1



これを見られたみなさんへ
今後の情報発信の糧になりますのでブログランキングへ
下の野球ブログバナーにワンクリックをお願いします。
←ここです。

札幌軟式野球情報→札幌発!きたすぽ

この記事に

開く コメント(0)





第47回札幌王座決定選手権の1回戦は
10月13日の午後に美香保B球場で
2試合が行われた。
毎日日曜倶楽部と札幌アカシヤ倶楽部
のチームが準決勝へ進んだ

イメージ 1
選手宣誓する あらた・廣田陵主将


◇1回戦
札幌アカシヤ倶楽部(F・B・C)
   200 204=8
       000  210=3 
朝日クラブ理事会・(極東クラブ)

(F)部田-相馬
(極)佐々木、武永ー細谷

1回表、FBCが3番・部田、4番・相馬の連続ソロで2点を先制。4回表にもヒットなしで2点を追加して4点をリード。追いかける極東は4回裏に細谷の2点適時打、5回裏には小西のソロホームランで1点差まで追い上げた。しかし、6回表にFBCは沢田の2ランなどで4点を追加して8-3で勝利、準決勝へ進んだ。


◇準決勝
札幌市全区軟式野球連盟(フェニックス)
       000 000 0=0
      010  001  X=2
毎日日曜倶楽部(Freedom)

(フ)澤田-安部  (F)山下良-米口

フリーダムが2回に山田の右適時二塁打と6回に投暴で2点を入れ投げては、山下良が2安打のみ13奪三振の完封で勝利。フェニックスは安部がマルチ安打、澤田が内安打2つを含む4安打投球の好投も勝利に結びつかず。


イメージ 2
完封の山下良とFreedomベンチ



これを見られたみなさんへ
今後の情報発信の糧になりますので
ブログランキングへ下の野球ブログ
バナーにワンクリックをお願いします。
←ここです。

札幌軟式野球情報→札幌発!きたすぽ

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事