ポケットクラブの札幌発!きたすぽ

ファイターズなどのスポーツ情報や話題などを掲載。 〜随時差替えあり〜



勝つことってこんなものか〜
勝利の喜び方も忘れていました。

延長に突入した試合は11回、日本ハムが1死一、三塁から
松本がサヨナラ内野安打を放ち、チームは連敗を5でストップ。

◎日本ハム vs 楽天 第13回戦(7/20札幌ドーム 観客数:21323人)
イメージ 1


楽   天】 塩見 、福山 、高梨、久保、●金刃(0勝1敗) 、戸村 −嶋
【日本ハム】 吉田、谷元、鍵谷、田中豊、増井、マーティン、○宮西(2勝3敗)−黒羽根、市川
◇本塁打   レアード21号(3ラン105m=福山)
◇盗塁    岡(10回)
◇走塁死  今江(2回)
◇暴投    吉田(4回)、吉田(5回)

 終盤まで楽天の勝ちパターンだった。6回に今江、島内のタイムリーで3点を先制。楽天先発の塩見も7回まで無失点に抑え、8回を防御率0.00の福山に託した。しかし日本ハムはその福山を攻めて四球とヒットで無死一、二塁の好機を作ると、レアードが左翼席へ21号同点3ラン。土壇場で追いついた。 その後、延長に突入した試合は11回、日本ハムが1死一、三塁から松本がサヨナラ内野安打を放ち、勝利。首位楽天が敗れたことで、2位ソフトバンクとの差は0.5に縮まった。

◇レアード選手
「感触は良かった。完璧だったね。なかなか点が取れない重い展開で、投手陣も頑張っていたので、なんとか振り出しに戻せて良かったよ」

          


無印バッテリー成功

吉田+黒羽根とデターが揃わないだけに
楽天が掴めそうで掴めませんでしたね。

イメージ 2


結構、戦力なりそうですね。

イメージ 3


ちょっと打率が落ち気味でしたけどやはり、進化していました。
松本の弱点などデーターが出来てそこを責められていたけど
交流戦打率2位はまぐれでなかったことが証明されました。

イメージ 4


◎松本選手
「初球からいこうと思った。いやぁ、なんかしょうもない終わり方になっちゃったけど、勝てて良かったです。まだまだ優勝を諦めていません」

イメージ 5


この1勝は何か勝ち方を思い出したような勝利となりました。
松本剛、良くやりました。 吉田、黒羽根もナイスでした。
そんな3選手にあっぱれの拍手をお願いします。
そして応援クリックをよろしく、お願いします。


 

最後まで当ブログを見て頂いてありがとうございます。
更新の励みとしてこれからも応援をよろしく、お願いします。

参考資料等 ファイターズサイト、道新スポーツなど
画像      ポケットクラブ
 
--------------------------------
※札幌軟式野球&草野球情報
◎札幌初!きたすぽ



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)




どうやら稲葉監督が実現しそうだ。

 2020年東京五輪を目指す野球日本代表の次期監督に、プロ野球ヤクルト、北海道日本ハムで活躍した稲葉篤紀氏(44)の就任が確実となったことが19日、球界関係者への取材で分かった。早ければ週明け24日にも発表される見通しで、詰めの交渉を行っている。小久保裕紀前監督退任によってプロ、アマ合同の侍ジャパン強化委員会の委員長を務める日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長らが後任の人選を進めていた。稲葉新監督は、08年北京五輪以来3大会ぶりに東京五輪で復活する野球で金メダル獲得を目指す。

となるとファイターズの監督はもう少し、先になりそうだ。
そして今日の道スポでは栗山監督の続投記事が掲載された。

 日本ハムの栗山英樹監督(56)が来季も続投することが19日、分かった。今季は1年契約だったが、球団内で続投を一本化。シーズン終了後にも正式要請し、本人も受諾する見込みだ。6年目の今季は主力に負傷者が続出するなど苦しい台所事情が響き、ここまで5位に低迷。19日の楽天12回戦に敗れ、自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。それでも若手育成の手腕と既成概念にとらわれない斬新な采配を球団は高評価。移転後の最長政権を7年に更新する。
 栗山政権が来季、長期7年目に突入する。今季はここまで苦戦が続いているが、若手育成を並行させながら、昨季までの指揮5シーズンで2度のリーグ制覇、4度のクライマックスシリーズ出場を果たし、昨年は日本一に導いた。 長期的なスパンで熟考した上で、球団は水面下で意思を統一。正式要請を受けた後、本人も受諾することが確実視される。球団幹部の1人は「(監督)交代の理由がない。すべての面で栗山監督しかいない。日本ハムの監督に最も適している」と断言する。

イメージ 4

現時点で試合だけでなく、総合的に見て適任者がいないのも事実。
そのせいか、来年のための育成をしているようだ。それならそれでいい。
今日は吉田で西武戦は白村、上原の先発がありそうだ。

◎日本ハム vs 楽天 第12回戦(7/19 札幌ドーム 観客数:31515人)
イメージ 1

【楽   天】 ○岸(8勝3敗)、ハーマン、S松井裕(28セーブ)-嶋
【日本ハム】 ●上沢(2勝3敗)、宮西、石川直、田中豊
◇本塁打   ウィーラー20号(ソロ115m=上沢)、アマダー9号(ソロ110m=石川直)、
                  西川5号(2ラン110m=ハーマン)
◇盗塁      西川(6回)
◇失策      ウィーラー(8回)
◇暴投     上沢(6回)
 日本ハムは8回に西川の5号2ランで追い上げたものの、あと1点が届かず、今季6度目の5連敗。自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅した。楽天は2回に先頭・ウィーラーが上沢から20号ソロを放ち先制。6回には二死満塁から相手の暴投で三走が生還し、追加点を奪った。岸は140キロ台中盤の速球を軸に、両コーナーをつき日本ハム打線を封じ7回までわずか1安打の投球で勝利を引き寄せた。



「北海道シリーズ2017 HOKKAIDO be AMBITIOUS」
岸を攻略出来ず、ついに自力CSも消滅しました。
それでもそんな中、上沢の投球は負けはしましたが
見ていても粘投には見ごたいがありました。
柔らかさの投球から今は力強い球を投げる投手に代わっています。
今、大量点を取られない投手は上沢しか見られない。

イメージ 2

今後はグラント整備後のイニングなどを気をつけて
ローテの柱として引っ張っていってほしいですね。

打線はたった2安打、でも前のブログで書きましたように
賢介が5番に入るとヒットを打ちました。岡も使ってくれた。
出来るなら大谷の打席時には足のある走者がいると
面白かったと思うが6番はね〜 3番でいいのでは?
西川はもう、一流選手の域で攻守に気を吐いていました。

イメージ 3


昨日の栗山監督の采配をみると石川直登板には?だった。
2点差なら勝ちパターンの投手起用をしてほしかった。
田中豊の9回の登板を見ても完全に育成試合ですね。
我々も負け覚悟で若手に期待すべきなのかもしれない。

若手に過剰な期待をしないで見守る我慢も必要かな。
若手選手が活躍出来ますようにこのブログとともに
みなさんの力強い応援をよろしく、お願いします。

最後に応援クリックを頂ければ、嬉しいです。
  

 

最後まで当ブログを見て頂いてありがとうございます。
更新の励みとしてこれからも応援をよろしく、お願いします。

参考資料等 ファイターズサイト、道新スポーツなど
画像      ポケットクラブ
 
--------------------------------
※札幌軟式野球&草野球情報
◎札幌初!きたすぽ



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)




軟式野球をするみなさんの応援を励みにして発信しています。

朝日クラブで野球大会参加チームを募集しています。
申込期間  7月20日〜8月3日
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

画像の左端下をクリックで大きくなはずです。


このブログを見て頂いた人に終了前にお願いです。
ぜひ、ワンクリックで応援をよろしくお願いします。

ブログランキンクに参加しています。


この記事に

開く コメント(0)





朝日クラブより豊平地区野球大会の結果が来ていますので掲載します。


イメージ 1


軟式野球をするみなさんの応援を励みにして発信しています。
でも応援の足跡を残して頂く方が少ないのは残念です。
ぜひ、応援のワンクリックを終了前にお願いします。

ブログランキンクに参加しています。


この記事に

開く コメント(0)




あぁ〜、やっぱり負けスタートでしたか?
また、開幕に続いて有原で負けました。
本当は大谷でスタートしたかったけど仕方ないですね。
有原は投球スタイルからいって2、3番手ローテ投手だと思う。
カット、スライダー、チェンジアップに直球と一級品ではあるが
投げ急ぐ癖があって勝てる投手としては適格投手でない。
この試合も嶋、島内にはそうであって大事なとこで失点をした。
それより、地方球場での試合、ファイターズは勝てませんね〜

◎日本ハム vs 楽天 第11回戦(7/18)
イメージ 1

【楽   天】 ○辛島(7勝4敗)、高梨、ハーマン、松井裕−嶋
【日本ハム】 ●有原(5勝7敗)、公文、鍵谷−市川
◇本塁打   ペゲーロ21号(ソロ110m=有原)、レアード20号(ソロ110m=辛島)
◇暴投    公文(8回)
 楽天は3回、一死から9番嶋が二塁打を放つと、1番島内も右翼線への適時二塁打で続き先制。6回はペゲーロがソロ弾を右翼席へ運びその裏に日本ハムはレアードのソロ本塁打で1点差に戻した。2−1の8回、楽天は8番三好からの3連打で無死満塁とすると、ペゲーロがこの試合3安打目となる右前適時打を放ち3点目。その後も、相手投手の暴投と5番銀次の左前適時打で得点を重ね、5−1と日本ハムを突き放した。楽天は13年9月23日に並ぶ、球団史上最多タイの貯金27で日本ハム戦3連勝。今季最多107球を投げた先発・辛島は今季7勝のうち地方球場で4勝目。日本ハムは今季6度目の4連敗で01年終了時の31以来、本拠地札幌移転後ワースト更新となる借金21となった。そして昨年8月26日の大宮から地方球場は8連敗となった。


そういえば、杉谷が2軍落ちで太田が1軍昇格でプロ初出場しました。
点のある大田と点の無い太田ですか〜
画像はオープン戦のを掲載します。

イメージ 2


若手育成枠で太田が1軍昇格も打線は点を取れませんね。
有原起用と同じで頑固にレアードを4番で使っています。
やはり、三振と併殺の多い中田とレアードは離すべき。
そして走れない大谷は3番か4番で中田の前のほうがいい。
1発で戻ってこれる可能性と次の走れる選手を邪魔しないでいい。
5、6番に賢介、岡、大田を挟み、レアードが後ろで打つのがベスト。
ただ、石井一の育成をしているのでそういかないのでしょう。

投手では鍵谷がやっと地元で投げれました。
今後はまた、フル回転してもらいましょう。

イメージ 3


まあ、栗山監督の必死とかの言葉は飽きました。
CS消滅まで立場上、来年のために戦っていますとは言えない。
でも高校野球みたいに戦っていたら負けた時に反動が大きい。
2勝1敗の考えでいけばいいのに今じゃ、それも厳しい。
ゆっくりやろうよ、栗山さん。そしたら勝ち始めると思うけどなあ。

野球大会運営で超忙しいのと発疹、腕の打撲などで
ちょっと久しぶりのブログになってしまいましたが
最後に応援クリックを頂ければ、嬉しいです。
  

 

最後まで当ブログを見て頂いてありがとうございます。
更新の励みとしてこれからも応援をよろしく、お願いします。

参考資料等 ファイターズサイト、道新スポーツなど
画像      ポケットクラブ
 
--------------------------------
※札幌軟式野球&草野球情報
◎札幌初!きたすぽ



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事