ポケットクラブの札幌発!きたすぽ

ファイターズなどのスポーツ情報や話題などを掲載。 〜随時差替えあり〜

ファイターズ2011

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

元楽天監督・野村氏などスポーツ選手6人の札幌でのトークショーが
11月5日(土)に雪祭りの会場にもなる東区のつどーむで行われました。
徳光和男さんの息子、徳光まさゆきさんがトークショーの司会でした。
 
◎参加者
元楽天監督 野村 克也 さん
元駒大苫小牧 香田 誉士史 さん
元コンサドーレ札幌選手 曽田 雄志 さん
長野オリンピックカーリング日本代表 近江谷 好幸 さん
長野オリンピック団体ジャンプ金メダリスト 船木 和善 さん
なでしこJPを目指す女子サッカーノルディア北海道監督 三浦 雅之 さん
 
子ども達の将来の夢を聞くと、公務員など現実的すぎる回答が返ってくるこの頃、
夢を持たせるには、大人の考え方も変えなければ!との趣旨でセミナートークショーでした。
知らなかったのでこのトークショーに参加できなかったのが残念です。
どこで周知しているかもわからないし、2000円の格安でも無理ですよね〜
ここに参加した方がいたらどんな感じだったかコメントを貰えれば嬉しいです。
 
 
イメージ 1
 
 
楽天名誉監督の野村克也氏(76)、駒大苫小牧元監督の香田誉士史氏(40、現鶴見大コーチ)ら6人が5日、札幌市内で行われたトークショーに出演した。
 第1部でファン約400人の前に登場したノムさんは、日本ハムの栗山英樹新監督(50)について聞かれると、「栗山ねぇ…大丈夫かいな」と早速のボヤキ。プロ野球全体に関しては「監督が2〜3年で代わったら選手も育たない。監督、コーチも後継者がいない」と、将来を不安視してピシャリ。ドラフトで日本ハムが1位指名した東海大・菅野智之(4年)に関しても「今の若い子の考え方はおかしい」と、自身がテスト生から苦労したエピソードを披露した。
 第2部では香田氏ら5人が登場。最近の親は過保護気味だという香田氏は、「子供たちが受け身になると感性が鈍ってしまう。子供には子供の世界がある」と熱弁をふるった。(スポーツ報知より)
 
 
野村楽天名誉監督、日ハム監督人事にボヤイタらしい。
まあ、野村さんならきっいことをいわれても怒る気持ちにはならないけどね。
まあ、経験者として心配をしてくれていると思う。
 
う〜ん、聞いてみたかったな〜
 
今日はファイターズフロント陣と菅野投手の初対面の日ですね。
初回では決断しないようなのでちょっと安心ですが厳しいのには変わらないので
しっかりと、誠意を示して熱意で心を開かせてほしいと思います。
 
さて、掲載しょうと思っていた前F2軍監督・水上氏などの検証記事があるので
今季を振り返ることととこれからのことも考えてここに掲載します。
道新スポーツに3日間に渡って掲載されていたものです。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
読んでどう思いましたか?
ほぼ、こんなものだと自分も思います。
これで2011年度は終わりにします。
 
日本ブログ村ランキングに参加しています。
ファイターズファン及びブログを見て頂いてる皆さん、
お手数ですが応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓(このテキストリンクです。)
https://baseball.blogmura.com/fighters
このランキングは日々の積み重ねで1週間分の合計で順位が変動します。
上位維持で情報発信をしたいと思いますのでご協力よろしくお願いします。
 
 
竹下杯野球大会(ジェニュインBC、レッドフォックス)
 
◎札幌ベースボールリーグ秋季大会決勝戦(明治大学札幌野球クラブ、GRAND SLAM)
  http://blogs.yahoo.co.jp/souto789/38322715.html(金曜日の夜、掲載分)
 
◎土曜日のブログ
明報記事!菅野智之投手について 
 

この記事に

開く コメント(0)

またまた、迷采配の同じパターンで今年のファイターズは終わりです。
 
奇抜さもない、小手先変えの頑固オーダーでまぐれあっても点取れず。
投手交代も長短のメリハリも使えず、中途半端で点を重ねられる。
 
ウルフを3、4イニング使ってほしかった、石井をなぜ2日続けて登板させるの?
なぜ、増井はイニングをまたがせて投げさすの? 失敗率高いのに?
どうして宮西を使わないの? 敗戦処理的でしか使えなかったの?
得点チャンスになると動かない、ただ打たせることが多い???
二岡は?? 言い出したら切りかありません。
 
う〜ん、梨田さんの性格と層の薄さから考えると限界だったのですね。
でももうちょっとこんにゃく打法ならず、こんにゃく采配をしてほしかった。(残念)
 
でもヒルマンの後を継いでの上位成績を残したことでは評価します。
森本FA移籍、高橋、紺田トレードで層の薄さ、若手の成長期の中で頑張ったと思います。
われわれは現場知らずで勝手に言っていますが采配にも限度があつたのも解ります。
ファイターズのためにイベントなど試合外でも頑張ってもらい、これには感謝しているし、
最後まで選手、スタッフに気を使っての采配だったのに辛口が多くて失礼もしました。
梨田監督、ファイターズを思っての4年間、ほんとうにごくろうさまでした。
 
イメージ 3
 
 
  まさかの2連敗でCSファーストステージ敗退。日本ハムの梨田監督は「1勝もできず終わったのは非常に残念」と寂しそうな表情を見せた。
 前日に続き、あと1本が出なかった。1点を追う八回、無死一、三塁と絶好のチャンスをつかみながら糸井、小谷野、稲葉のクリーンアップが凡退。「1点入れば(試合の)状況も、相手の心理も変わるところだった」と悔しがった。
 退団の決まった指揮官は、この日で日本ハムのユニホームを脱ぐことになる。「1日でも1試合でも長く監督といっしょにやりたかった」と無念そうなベテラン・稲葉。このCSで左足骨折から4カ月ぶりに復帰したが、八回に痛恨のタイムリーエラーをした選手会長の田中は「最後くらい力になりたかった」とがっくり肩を落とした。
 試合後、ナインへ「1年間通して球団から必要とされる選手になれ」と呼びかけたという梨田監督。日本ハムでの4年間を「いい思いもつらい思いもしたが、後悔はまったくない」と最後は笑顔で会見を締めくくった。(産経新聞)

 
イメージ 1
 
 
さあ、明日から来シーズンが始まります
一回、打も投の固定観念を全部壊して来季に向かおう!
ファイターズ応援団、ファンのかた、1年間、お疲れさまでした。
 

 
◎日本ハムvs 西武CS1s第2回戦(2011/10/30 札幌ドーム 観客数: 41,926人)
  西武     000 010 016=8 
  日本ハム    000  100  000=1
    (西)○西口、石井一、牧田−上本、星孝
    (日)武田勝、ウルフ、●石井、増井、宮西−大野
    [本塁打]ホフパワー1号ソロ(4回)、中村1号3ラン(9回)
 
 西武が逆転で2連勝を飾った。0−1の五回に秋山の適時打で同点。八回2死一、二塁で中村の打球が二塁手の失策を誘い1点を勝ち越すと、九回に暴投や中村の3ランなどで大差をつけた。先発の西口は八回途中まで1失点。八回無死一、三塁をしのいだ石井一の好救援も光った。 日本ハムは好機であと1本が出ず、終盤のミスで自滅した。
 
◇梨田監督のコメント
イメージ 4「1勝もできずにクライマックスシリーズが終わって残念です。
1年間長く感じました。突き放すチャンスはあったけど打てなかった。
決勝点がフォアボール、エラーだから、野球の原点を見つめ直していかないといけないですね。
キャンプ、オープン戦で主力が故障して、大震災もあって調整が難しい中で、選手はよく調整してくれた。
いいスタートは切れたし、優勝も見えてきたところで、8月9月と勝てなかった。選手の力を出してあげられなかったのが残念です。自分ひとりでは何もできないですから、コーチや選手、裏方の気持ちをひとつにしようと思って気をつけてやってきました。
(若手については)陽はまだ伸びるし、中田も4番という精神的な負担がかかるところを打たせて、試行錯誤しながらやってきた中でもっと伸びると思います。斎藤佑が入ってローテをある程度守って試合を作ってくれた。先発がしっかりしてて、増井、武田久とうまく使えたかなと。選手にはありがとうといいました。
1年でもユニホームを長く着てもらいたいと思います。1年でも長く必要な選手だと思われるようになってほしい。
ファンの方々からは本当に温かい声援をいただきました。選手より支えていただけたと思うくらいでした。
4年間、本当にありがとうございました」
 
◇武田勝投手(5回、球数65、打者18、安打5、三振3、四死球0、失点1、自責1)
「コンディションが良くて緊張もなく、スムーズに試合に入ることができました。せっかく先制してもらいながら、すぐに追いつかれてしまいましたが、全般的には自分の投球が出来たと思います。」
 
◇ホフパワー選手(4回、右中間1号ソロHR)
「打ったのはフォークかな、チェンジアップかな。とにかくボールを強く叩こうと考えていた。エキサイティングだし、アンビリーバブル。『ワオー!』って叫びたいくらいだよ。」
 
◇中田翔選手
「(今日の試合を振り返って)悔しい思いしかありません。勝つことができず、残念です……。
(成長した部分は?)1年通して出させていただいて、精神的にも、人間的にも大きくなったと思います。(課題は?)中盤に自分の甘さが出ました。チャンスで抑えられたりして。。まあ、フォームをコロコロ変えていたら駄目ですよね。コレだっていうフォームを見つけられず、下半身の弱さもありました。確実性が欠けてました。コレというのを見つけて、チャンスにも動じない、乗り越えられる体をつけて、また来年に向けます。
(梨田昌孝監督については?)選手のことにすごく気を使ってました。もうちょっと長くやりたかったです。すごく申し訳ないです……」
 
◇ダルビッシュ投手
「ケガもなくいいシーズンだった(大リーグ挑戦)ブログにも書きましたが、(今後の)方向性は決まっていないので何もコメントすることはありません」
 
◇稲葉選手
「後半戦の戦いが最後まで出てしまった」
 
◇田中賢介選手
「足を引っ張ってしまって悔しい」
 

 
 
本日を持って2011年度・ファイターズ劇場は終了です。
 
イメージ 2
 
 日本ブログ村ランキングに参加しています。
ファイターズファン及びブログを見て頂いてる皆さん、
お手数ですが応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓(このテキストリンクです。)
https://baseball.blogmura.com/fighters
このランキングは日々の積み重ねで1週間分の合計で順位が変動します。
上位維持で情報発信をしたいと思いますのでご協力よろしくお願いします。
 

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(2)

なんなの?この負け方、途中で不安を感じた通りの負けは!
初回に賢介が出て小谷野、稲葉の適時打で
2点を取った場面まではOKで期待もしたが
 
イメージ 2
 
◇小谷野選手(1回、中前適時H)
「シュート回転で内に入ってきた真っ直ぐでした。前を打つ人がつないでくれて、自分も稲葉さんにつなぐことだけ考えて行きました。賢介のいい走塁もありましたし、みんなで取った1点。次も意識を変えず、つなぎの気持ちで臨みたいと思います。」
 
◇稲葉選手(1回、右前適時H)
「打ったのはカーブ。(小谷野)栄一の先制点で楽に打席に立つことができました。今シーズン初めての稲葉ジャンプに気持ちが入りましたし、皆さんに打たせてもらったタイムリーだと思います。」
 
それからが問題…
 
1回の中田の併殺、4回と6回に走者2人おいてのスケールズの打撃、
その後、ずるずると得点出来ず、2番手の投手からはヒットも打てず!
まったく、今までのパターンと同じ、そう、何回もみた逆転される展開。
最少リードでダルを変えて打たれる、8、9回の失敗はこれも経験していたはず。
そして大失速時によく打たれていて見るからに精彩のない榊原の登板で終った〜
中村のホームランは怖くても2点が入る可能性ある満塁策は弱気でしたね〜
ましてこの日当っているフェルだし、外野フライで失点確率高かったはず。
結局は中村に本塁打された場合と同じ3失点で戦意喪失(11回の攻撃)状態に…
いやはや、振り返ると今年シーズン悪い場面の総集編でした。
 
 
イメージ 3
 
◇浅村選手(9回、右前適時打)
「真っ直ぐです。チャンスだったし、あそこで打たないと終わってしまうので意地で打ちました。」
 イメージ 4
◇フェルナンデスのコメント
  (4安打で勝利に貢献)
「自分たちにとって重要な試合になることは分かっていたので、素晴らしいシャープなスイングができるように意識しました。そして涌井選手が試合をつくっていくことができたので、助けになってうれしいです。
 このシリーズは先勝したチームがアドバンテージをもらえると思うので、自分たちが素晴らしい試合運びをして勝ちをつかめたのは大きいと思います。(11回は中村剛也の敬遠の後に回ってきたが?)相手チームにとってもタフな状況で、(相手)監督の考えは歩かせてダブルプレーを取るということだったと思うので、自分でやりすぎずに、シンプルに打っていこうと考えていました」
 
◇武田久のコメント
「調子は悪くなかったけど、勝負どころで高めにいってしまった。これ以上、話したら言い訳になる」
 
 
今日は無理言ってダルには完投してもらわなければならない試合。
(相手はひょっとしたら勝てるチャンスがあるかもと思ったはず。)
明日は場合によって中継ぎ陣を総動員も考える必要があったはず。
ダルに体の変調があったのでなければ先を見すぎの采配失敗です。
こんな負け方は明日勝つのに120%以上の力が必要になりそうです。
 
 
ダルビッシュは「調子が良くて、最初からばんばん飛ばしていった」と振り返った。
7回での交代は、ファイナルステージに勝ち進んだ場合、
ダルビッシュの登板が中4日での11月3日の第1戦になることを考慮したものだった。
 梨田監督は「もう1点取っていれば全く違う展開になったと思う。
ダルビッシュの完投は考えていなかった。次のことも考えながらの交代。
全員の力で勝ちにいきたい」と語った。(スポニチ)
 
◇梨田昌孝監督のコメント
「ダルビッシュの7回1失点は久しぶりにしては上出来だったよ。(交代は)次のこと(ファイナルステージ)も考えながらね。増井(浩俊)、(武田)久も信頼してるし、ダルビッシュに負担をかけても仕方ないし、迷いはなかったよ。」

◇ダルビッシュのコメント
イメージ 6「真っすぐも良く、チェンジアップを使い、お互いの球を良くしていました。しっかり腕も振れていたし、良かったです。楽しくというよりは勝つことができる投球をしました。短期決戦なので初戦は勝つことができるピッチングをしたいと思っていました。ライオンズ打線は前回の対戦より早いカウントで打ってきましたが、(自分の球に)さほど対応できていない感じでした。(交代について)チームの戦略なので、僕だけが判断することではないので。今、言うことではないです。(武田)久さんが打たれたなら仕方ないです。抑えてほしかったですけど、自分にできることは一生懸命声を出すことだけでした。明日と明後日勝つしかないですし、勝つと信じています。」

 
イメージ 1
目の前に虹が見えても捕まえられる?それよりしっかり足元を見るほうが大事、それから考えよう!
 
 
そう、11回の攻撃にも問題あり、何で杉谷に代えてホフなの?(1発なんていらない場面で)
杉谷の粘りのバッティング、小谷野、稲葉とつないで中田、代打・二岡だと思うけど?
稲葉が粘って出塁、続いて塁に出なければならない中田が簡単に打って終わり。
稲葉の気持ちが何も響かない、そう思われても仕方ない試合、采配でした。
明日こそ、DHに二岡、金子は9番にしていやらしい野球で勝ってくれ!
それが出来なければ、今年も後悔の年となります。
もう明日のことなど考える必要なし!
だから必死になってがんばれ!ファイターズ!! 
 


◎日本ハムvs 西武CS1s第1回戦(2011/10/29 札幌ドーム 観客数: 42,063人)
 西武    000 000 101 03=5
 日本ハム 200 000 000 00=2
  (西)涌井、グラマン、岡本篤、ミンチェ-、○牧田−銀仁朗、星孝
  (日)ダルビッシュ、増井、武田久、石井、●榊原、林−大野、鶴岡
 
 日本ハムが3位の西武に延長十一回、2―5で逆転負けした。  日本ハムはダルビッシュが7回1失点と好投したものの、救援陣がつかまり、延長の末に敗れた。 2―2で迎えた延長十一回、5番手榊原がフェルナンデスに勝ち越しの2点適時打を浴びると、6番手林も星孝に犠飛を許した。打線は初回、小谷野、稲葉の適時打で2点を先制したが、その後は先発涌井を打ちあぐね、継投にも封じ込まれた。西武はCSファイナルステージ進出へ王手をかけた。
 
イメージ 7◇西武・渡辺監督のコメント
「ダルビッシュを相手に追い掛ける展開だけは避けたかった。それでも最後まで粘って、シーズン終盤の戦い方が出て良かった。後ろのピッチャーは自分の持ち場をキチンとやり遂げてくれた。
涌井は先に点をやれないという気持ちが出ていた。初回の小谷野のカウントだけ自信を持っていってほしかった。
中島は試合前から気合が入っていたね。明日は明日。全力で戦うよ。」
 
◇梨田監督のコメント
「初回に2点取った後に追加点が奪えず、もう1、2点取れていれば展開が違っていたのかなと思います。ダルビッシュは久しぶりの登板でしたが、増井と(武田)久がいたので100球をメドに代えました。内容は上出来でしたね。明日は(武田)勝で行きますし、1敗してしまったので全員で力を合わせて勝つしかないと思います。」
 


このままでは悔しいし、暗いので明るい話題を
 
 都市対抗野球大会第8日は29日、京セラドーム大阪で2回戦の残り3試合を行い、東日本大震災で被災した東北地区代表のJR東日本東北(仙台市)のほか、三菱重工広島(広島市)JR東日本(東京都)が勝って8強が出そろった。 JR東日本東北は延長十回、6−3で西濃運輸(大垣市)を破り、16年ぶりの準々決勝進出。1回戦で完全試合を達成し、日本ハムにドラフト5位指名されたJR東日本東北の森内は六回途中まで投げて2失点だった。(産経新聞)
 
イメージ 5
 
ドラフト指名選手の活躍を見ろ!
第2戦は絶対勝とう!
 
 
日本ブログ村ランキングに参加しています。
ファイターズファン及びブログを見て頂いてる皆さん、
お手数ですが応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓(このテキストリンクです。)
https://baseball.blogmura.com/fighters
このランキングは日々の積み重ねで1週間分の合計で順位が変動します。
上位維持で情報発信をしたいと思いますのでご協力よろしくお願いします。
 

この記事に

開く コメント(1)

日本ハムは26日、クライマックスシリーズ(CS)に向けた練習を宮崎県と千葉県鎌ケ谷市で行った。

 宮崎では秋季教育リーグ(フェニックスリーグ)に主力選手が参加。阪神の2軍と対戦したが、2安打に抑えられ、0−1で敗れた。 また、鎌ケ谷の2軍施設では稲葉と金子誠がフリー打撃などをしたほか、ダルビッシュがブルペンに入った。  CSに出場する選手はこの日、宮崎と鎌ケ谷から札幌に戻った。(道新)

 

イメージ 1
CSメンバーが札幌へ昨日、戻ったようですね。
昨日のフェニックスリーグて阪神2軍投手相手に大野と二岡の2安打のみ。小谷野、糸井は無安打で4回途中から17者連続凡打とすご〜く不安を感じます。
救いは田中賢、糸井らの負傷者復帰と投手陣が順調な調整が出来たことです。
そしてこの試合でチ−ムは無失策だったのでこれを基本に数少ないチャンスを生かして勝利するファイターズ野球をに期待したいと思います。
 
また、ファイターズの誇る投手陣には左腕の林が経験を買われて乾に代わって昇格するようです。北照高出の植村も予備メンバーで1軍帯同になりました。
よって榊原、石井、林、宮西、増井、武田久そして谷元の7選手が登録。ダル、勝、ケッペルの先発にウルフが控えると短期決戦には豪華版となります。
 
あと2日、しっかりと札幌で最終調整して西武戦へむかってほしいと思います。
 
 
 
◎フェニックスリーグ  2011/10/26(水) vs 阪神タイガース (サンマリンスタジアム宮崎)
 ファイターズ 000 000 000=0
 タイガース  000 100 00X=1
   (フ)八木、木田、多田野、菊地、林、谷元、根本−大野、鶴岡
   (タ)蕭、上園、横山−橋本
 
◎各コメント
◇杉谷選手(初CSメンバー)
「初めてのCSなので、できることをしっかりやりたい。
気持ちで負けないように、気持ちを強く持って一生懸命やります」
 
◇谷元投手(3者凡退に)
「誰がCSにいけるかわからないサバイバルで緊張感があった。その中で内容良く抑えられてホットした。
できることを精一杯やって、チームに貢献したい」
 
◇小谷野選手(無安打も無失策守備に)
「きょうはとにかく守りをしっかりやりたかった。いろいろな局面で打球の処理をしたかったので。
状態は上がってきているし、気持ちのリセットもしっかりと出来ています」
 
道新スポーツで8回に渡って掲載された選手スポット、
鶴岡、稲葉、宮西に続いて最後に小谷野選手の登場です。
イメージ 3
 
イメージ 2
 
CS1sでは小谷野選手の守備、打撃がキーマンになりそうです。
頑張ってくれ! 北の打点王!! 
 
日本ブログ村ランキングに参加しています。
ファイターズファン及びブログを見て頂いてる皆さん、
お手数ですが応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓(このテキストリンクです。)
https://baseball.blogmura.com/fighters
このランキングは日々の積み重ねで1週間分の合計で順位が変動します。
上位維持で情報発信をしたいと思いますのでご協力よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(2)

治療と休養明けの糸井がフェニックスリーグで復活しました。
昨日、セリーグのレギュラーシーズンが終了して記録を眺めてみると
セリーグの死球王は広島・広瀬の14、パリーグはバルディリスと糸井が19
パリーグ3位もT−岡田の15と長距離打者と巧打の選手が多いことがわかります。
糸井も相手投手の厳しい攻めの結果が12球団一の死球王と誇れるリーダーズになりました。
そんな糸井が完治はしていないといえ、復活してきたことはCSに明るいし、力づよく感じます。
 
イメージ 1
 
 日本ハムは25日、フェニックスリーグ中日戦(アイビー)を行い、前日24日に宮崎入りした糸井嘉男外野手(30)小谷野栄一内野手(31)ら主力の活躍もあり5−2で快勝した。糸井は右足小指の骨折の影響で12日オリックス戦(京セラドーム大阪)以来のスタメン出場。6回の第3打席で右越え本塁打を放ち復調をアピールした。「(本塁打は)うれしいですね。守備も良かったです」と、久々の実戦で結果を出し、安堵(あんど)の表情を見せた。
 梨田昌孝監督(58)は「糸井もね実戦は久しぶりだったけど、(打撃では)しっかり踏み込めるようになった。小谷野も状態が良さそうだし、(田中)賢介も1本出て、ここに稲葉が入れば、名前だけ言えば(打線は)完璧」と、4日後に迫ったクライマックスシリーズ第1ステージを見据えた。(日刊スポーツ)
 
◎フェニックスリーグ  2011/10/25(火) vs 中日ドラゴンズ (アイビースタジアム 試合開始 12:30)
 ドラゴンズ   000 001 001 0=2
 ファイターズ 110 002 010 0=5
      ※10イニング変則試合
  (ド)ネルソン、鈴木、高橋、浅尾、岩瀬、小林正−谷繁、小山、小田、松井雅
  (フ)ウルフ、石井、増井、宮西、榊原、乾、植村−鶴岡、大野、荒張 
  [本塁打]糸井ソロ(6回)、加藤政ソロ(8回)
 
イメージ 5
 
ウルフは先発サブと中継のCSになりそうですね。
 
イメージ 2
 
 
3番手で投げた宮西投手の道スポ記事です。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
◎明日のドラフトは?
 
ドラフト会議で争奪戦が予想される東洋大・藤岡貴裕投手(4年・桐生一)が25日、東都大学リーグの青学大戦で先発。ドラフト前のラスト登板で13奪三振と力投し、完投締め。1失点で今季6勝目を挙げた。
アマ球界No.1左腕は、快投でラスト登板を締めくくlり、今季最多の13奪三振。最後の打者でMAX149キロを計測したように、巧みな投球術だけでなく、無尽蔵のスタミナを見せつけた。
そんな藤岡貴裕投手はロッテ、横浜、楽天、西武に加え、日本ハム、中日も1位指名の可能性がある。藤岡はドラフト会議を目前に控え「どこの球団に当たるのか楽しみです。来てくれたチームでしっかり投げたい」と、12球団OKの姿勢で運命の日を待つことになる。
 また日本ハムはJR北海道の147キロ右腕・武藤好貴投手(24)を指名することが分かった。昨年の日本選手権でJFE西日本を完封するなどした右腕も、今季は特急脱線火災事故など、会社の相次ぐ不祥事発覚でチームは都市対抗予選を途中で辞退。それでも唯一の公式戦だった同予選初戦、ウイン北広島戦は7回コールドの参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。
04年秋は札幌藻岩2年生エースとして北海道大会決勝進出。楽天・田中擁する駒大苫小牧に敗れて甲子園出場はならなかったが、中京大では全日本大学選手権に出場した。楽天、西武など複数球団が調査するが、山田正雄GMは「中継ぎでも面白そう」と評価しており、4位前後での指名となりそうだ。(スポ二チなど)
 
CSも近づくし、ドラフトも明日。
楽しみもあるけれどだれを指名できるか気になりますね。
なんとしても好投手は取りたいものです。
  
 日本ブログ村ランキングに参加しています。
ファイターズファン及びブログを見て頂いてる皆さん、
お手数ですが応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓(このテキストリンクです。)
https://baseball.blogmura.com/fighters
このランキングは日々の積み重ねで1週間分の合計で順位が変動します。
上位維持で情報発信をしたいと思いますのでご協力よろしくお願いします。
 
◇昨日のファイターズブログ
ファイターズドラフト指名1位は十亀剣!? 
 
◇昨日の草野球ブログ
 

この記事に

開く コメント(0)

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事