焼き物雑記

別のブログに引っ越しています。

最新記事

すべて表示

焼き物と国境

お国自慢はほほえましい話ですが、お国が国家となると次元が違ってきます。国により、民族により生活や習慣や美的感性が異なるのは当然です。ですから、焼き物も国によって民族によって多様な形態、意匠が生まれてきました。しかし、焼き物の技術となると国境 ...すべて表示すべて表示

思索性と徹底性

2007/11/18(日) 午前 0:54

小山富士夫先生はその著<支那青磁史稿>の序文で 『かつて中国にも脈々たる建設の時代があった。純烈雄渾な若若しい精神が全社会にみなぎり、その激しい精神が器皿の端々にまで現れずにいなかった時代がある。私は漢代の金石、書画、古陶器類をな ...すべて表示すべて表示

小山富士夫と石黒宗麿

2007/11/18(日) 午前 0:50

有名な陶磁研究者だった小山富士夫と陶芸家の石黒宗麿との深い交友はよく知られています。二人の共通点は焼き物への強い情熱と旺盛な好奇心だったように感じられます。 研究と作陶という異なる方向からの情熱が交じることで相互に影響を与えあう関係だっ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事