ここから本文です
音楽はダウンロードではなく、ご近所のCDショップでの購入をお勧めしています。良い音楽は、形として手元に残しましょう。

書庫日記

記事検索
検索

全279ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

B-DASH
(歌:トンガリキッズ / 作詞:トンガリキッズ / 作曲:トンガリキッズ)

今日は、トンガリキッズが歌う「B-DASH」を聴いています。
イメージ 1

「B-DASH」は、知っている人は知っている『スーパーマリオブラザーズ』のBGMをサンプリングした歌です。この歌が流行ったのは、2000年を過ぎてからで、スーパーマリオが流行ってからずいぶん経っていますから、『何で今頃?』と思いつつも、おもしろい歌だと気に入っていたのでした(^^
聴きながら、ウィキペディアをを見てきたら、1985年発売『スーパーマリオブラザーズ』の20周年記念で、2005年に発売されたとのことでした。アニバーサリー企画だったんですね。なるほど〜、ずいぶん時間が経っていたわけだ。

詞の内容がおもしろいんです。20年前の小学生が思っていたことが綴られていて、なので「B-DASH」のCDはおじさんたちが結構買っていたらしいです(^^

久しぶりに「B-DASH」を聴いていると、久しぶりに『スーパーマリオブラザース』をやりたくなりますね〜。
でも実は僕、最後までクリアしたことないんで、「B-DASH」の方だけを楽しんでおきます(^^;

この記事に

ピーターラビットとわたし
(歌:大貫妙子 / 作詞:大貫妙子 / 作曲:大貫妙子)

今日は、大貫妙子が歌う「ピーターラビットとわたし」を聴いています。1982年の発売だそうで、私が学生の頃ですね〜。
イメージ 1

大貫妙子はほとんど聴いていません。今日「ピーターラビットとわたし」を聴いて改めて、『ニキビ面の男子が好んで聴く歌ではないな〜』と苦笑いしています。どちらかと言うと硬派を気取りたいタイプの自分でした(実態はナンパでしたが…)ので、ピーターラビットの可愛さは理解できていませんでした。というか、当時はピーターラビット自体知らなかったと思います(><)

人間年をとると丸くなりますね。ピーターラビットの可愛さも理解できるようになり、大貫妙子のポップさもおしゃれでいいな〜と、味わうことができるようになっています。のんびりと癒される感じですね〜。
学生時代の自分が知ったら驚くだろうな〜、なんて思ってニヤリとしてしまいますが、「ピーターラビットとわたし」というかわいい歌を聴いて、これまたニヤリとしているのです(^^

この記事に

ビーズとパール
(歌:井上陽水 / 作詞:井上陽水 / 作曲:井上陽水)

今日は、井上陽水が歌う「ビーズとパール」を聴いています。
イメージ 1

ぶっちゃけて言うと、僕は「ビーズとパール」という歌があまり好きてはありませんでした。アルバム『バレリーナの評価が僕の中では低かったのです。

本日、酔っ払って久しぶりに聴いているのですが、『えっ!? こんな歌だっけ!?』というのが率直な感想です。こんな歌だっけと思いつつも、詩の意味は今一、いや今二・今三理解できていません(^^;
若いころは、おっとりしたメロディがかったるくて、詩の意味も分からず『なんじゃこの歌!?』と思ったんだと推測しますが、今聴くとおっとりしたメディが、妙に心地よくて、詩の意味は相変わらずよく分かっていないのに、歌としてはありなんじゃないかと、いやいや大ありんじゃないかと、月日というのは人を変えますね〜(^^;

「ビーズとパール」をちゃんと歌えるように覚えて、今度カラオケで歌ってみようと思います。誰も知らないと思うのですが、そんこたぁいつも通り気にせず、一人でゆったりと歌い、楽しみたいと思います(^^

この記事に

通りゃんせ
(歌:佐藤公彦(ケメ) / 作詞:門谷憲二 / 作曲:佐藤公彦)

ケメこと佐藤公彦さんが亡くなりました。
65才だそうです。先日加川良さんが亡くなったばかり。フォークシンガーとして活躍された方の訃報が増えてきて、とても寂しいです。
イメージ 1

今日は、2013年11月5日のブログに書いた「通りゃんせ」を改めてケメさんを偲びながら聴いています。
「通りゃんせ」の哀調あるメロディが、心に沁みてきます。

フォーク・ソングは、カレッジフォークというのが東京で出てきて、大阪ではアングラフォークなんての芽吹き、若者のパワーが、歌という表現は同じがら形を変えて噴出してきたという歌でした。特にアングラフォーク、反戦フォークはパワフルで、むさい男が声を振り絞り、がなり立てて歌っていましたが、そんな中で、佐藤公彦は、フォーク界のアイドルとして、フォークソングを女性に分かりやすく、知らしめるがごとく、歌っていましたね〜。
軟弱とかいろいろ評価あると思いますが、フォークソングをポピュラーにした役割は大きかったと思います。

「通りゃんせ」改めて、しみじみと聴いています。
65歳か〜、早すぎるな〜。
ただ、ただ、ご冥福をお祈りいたします。合掌

この記事に

P.S.I LOVE YOU
(歌:PINK SAPPHIRE / 作詞:石田美紀 / 作曲:小路隆)

今日は、PINK SAPPHIREが歌う「P.S.I LOVE YOU」を聴いています。
イメージ 1

ロックですね〜。GIRL'S ROCKです。
実は、僕は、ロックにはあまり目覚めてないなくて、「P.S.I LOVE YOU 」も全然ノーマークで知らなかったのですが、友人の佐藤君が、「いい曲が出たぞ〜」と僕に聴かせてくれたのが、「P.S. I LOVE YOU」を聴くきっかけでした。
佐藤君は、まだカラオケになっていないのに一所懸命練習して、カラオケで歌うと張り切っていたのでした。
カラオケになったときは、嬉しそうに蛮声を張り上げてましたね〜(^^;

「P.S.I LOVE YOU」は、フジテレビ系ドラマ『キモチいい恋したい!』主題歌だっそうで、ドラマ人気とのシナジーで売れたのでしょう。
そして、僕の愛する一発屋になりました(^^;

この記事に

全279ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事