ハート先生のブログ

質問やコメント、意見など、どしどしお寄せください!

全体表示

[ リスト ]

1月の質問コーナー

今月の質問コーナーです。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

初めて質問いたします。
心拍数に関係なく、R-R間隔は一定なのにP派が消失することがある。またそれは数時間におよび、同時に呼吸苦と頸部の締め付け感が伴います。症状の消失するまで計測し続けましたが、やはり一致します。
また、P派はPR間隔を狭めながら、R派に重なるようにして消失していました。また、時折ですが上室性期外収縮も単発で出現し2段脈様になることや、pafも記録したことがあります。普段は、走ったり何をしても問題ないのですが、前触れなく上記症状が発生し呼吸苦がひどくなります。過換気はありませんでした。
周囲の循環器の先生方にも相談しましたがわからずじまいです。
よろしくお願いいたします。 削除

2017/1/6(金) 午後 4:10 [ Hi ] 返信する

顔アイコン

> Hiさん
まず、R-R間隔が一定で、P波が消失というのは、おそらく、P波がQRS波の中に隠れているような状態で、それは房室解離という現象と思われます。これは心房興奮と心室興奮の関係が微妙に変動しているような状態です。病的な意味としては、さほど深刻なものではありません。
また上室期外収縮がしばしば出現することや、また発作性心房細動(p-af)になることも含めて、心房内での異所性興奮がしばしば出現しているものと考えられます。このとき、例えば、房室解離で、心房興奮(P波)と心室興奮(QRS)が重なる状態では、心房収縮によって心室側に送り込まれるはずの血液が心室収縮期に重なるため、心室側に送り込むことができず、結果として心房内圧が異常に高まり(cannon wave)頸部に圧迫感をもたらすことがあります。
さらに、心房細動では心房収縮が働くなくなり、結果、心拍出量の低下が起こり呼吸苦などの症状も出現することがあります。
ともかく、循環器の専門医で、特に不整脈を専門としているDr.と相談されるのが良いかと思います。

2017/1/7(土) 午前 9:01 [ Dr.Heart ] 返信する

顔アイコン

今までは救急一筋でしたが、現在循環器病棟にいます。
そこで、循環器なのでモニター付いている人がいっぱいいますが、なかなか、病棟スタッフがモニターを読めず困っています。
かんたなとこでは心房細動が見落とされ、重症ではCAVBやペースメーカー留置後のスパイクonTによるショートランなのに医師への報告ができないなどです。とりあえず、手当たり次第にいろんな心電図をテスト形式でやってみる予定です。指導方法や学習方法にアドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いします。

2017/1/27(金) 午後 4:10 [ hei ] 返信する

顔アイコン

> heiさん
その答えは、まずは私のセミナーに参加してみてください。
私のセミナーには、勿論、初心者の方々で心電図をこれから勉強しようとする人が多いのですが、中には大学や専門学校で教鞭をとっておられる方も参加されています。すなわち、教え方を勉強するために参加されています。
また、医師(研修医)の方も参加されます。特に循環器以外の診療科のDr.や歯科医、獣医の方々も参加されています。
自ら、学習し直すことと、教え方や患者さんへの説明の仕方についても、改めて学んでおられるようです。
もし、よろしければ一度、足を運んでみてください。

2017/1/29(日) 午前 9:54 [ Dr.Heart ] 返信する

顔アイコン

そうですよね。言葉でわかれば苦労しないんですよね。スタッフには先生のセミナーを勧めていますが、なかなか自分ではいかなかったので、今後時間調整していけるようにしたいと思います。ありがとうございました。

2017/2/10(金) 午前 9:48 [ hei ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事