ハート先生のブログ

質問やコメント、意見など、どしどしお寄せください!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

私自身、長年、看護師の方々を始めとした医療者スタッフの方々に心電図教育活動を行って来ました経験をもとに、一つの新しい心電図教科書を刊行しました。その名も「ハート先生の心電図読本」です。
心電図を学ぶために、さまざまな教材が多く出てはいますが、そのほとんどは「直ぐに分かる」「誰でも分かる」「簡単に分かる」などのキャッチフレーズが多いものです。
しかし、はっきりと申し上げまして、心電図はそう簡単に理解でき、判読できる代物ではありません。本を読むだけで実際の波形を、すぐさま判断することは難しいものです。
まず、基礎をしっかりと把握し、その知識を使って、多くの実際の波形を眺め、ああじゃないか、こうじゃないかと試行錯誤を重ね、でも先輩や周りのDr.から、いったい何を考えているんだ!!、と言われる日々が続く、しかし、それらの逆風にめげず、くじけす、ようやく、なんとなく理解ができるようになってくるものです。
最近、私のセミナーに研修医の方々も参加される機会が増えています。実は、彼らも、心電図をしっかりと学んできている訳でもなく、ほとんど、大学卒業直後は、新卒の看護師の方々と、知識の程度は、そう大きくは違いません(一部には、学生時代に心電図に興味があり、結構学んでいる方もいますが・・)。
ただ、違うのは、その後、臨床に入ってからの学び方が、当然、医師の場合、様々な症例について、心電図はもちろん、エコーやその他の画像診断情報が常に周りに多くあり、先輩医師の指導もあって理解を深めていくことができます。
しかし、看護師の場合は、なかなか、そこまで急ピッチで学ぶことができないため、ついつい、分からないまま過ごしてしまうことになります。
そこで(前置きが少々長くなりましたが)、この心電図読本は、心電図という現象を正しく理解するために必要な「ベクトル心電図法」を使っています。本来、心電図、特に12誘導心電図波形の成り立ちを理解するためにはベクトルという手法で学ぶことが最も相応しいのですが、多少、難しいと捉えられていて、最近の心電図教科書では、あまり使われていない方法です。
ただ、私の考え方としましては心電図を理解するためには、このベクトルという方法が、正しく波形の成り立ちをつかむための最善の方法です。その方法を使い、波形の成り立ちや、波形変化の意味を詳しく解説しています。
また不整脈については、その読み方のコツ、裏技、などを多く記載しています。この本で、まず基本をしっかりと理解し、実際の波形を眺め、観察し、思考を深めることで、ようやく心電図という厄介者が、よき協力者・助け船となってくれるものです。
是非、一読して頂ければ幸いです。
全国の書店で扱っていましてインターネット(アマゾン、楽天、その他)でも購入できます。一冊税別で2000円です。
追記:9月11日現在、アマゾンでは品切れとなっています。そこに中古書として定価の2倍の額で販売されているようですが、これは決して私自身が価格をつり上げている訳ではありません。正規の価格で他のネット販売や書店で購入できます。
  1. 心電図って、そもそも何?
  2. 心臓(左室)の仕事
  3. 刺激伝導というネットワーク
  4. 心電図波形の成り立ち
  5. 心電図波形の記号
  6. 12誘導心電図という代物
  7. まずは四肢誘導から
  8. 各誘導の目の位置
  9. 続いて胸部誘導
  10. 胸部誘導の目の位置
  11. すなわち12誘導では
  12. どうして3つのグループに分けるのか?
  13. 12誘導を使って心筋梗塞を診断する
  14. 実際の例
  15. 心筋虚血の進行とカテーテル治療
  16. カテーテル治療後の観察
  17. 改めて心臓内に広がる電気的興奮
  18. 心臓内を向かう電気的興奮ベクトル
  19. 心電図波形が描かれる原則
  20. 四肢誘導でのP波の成り立ち
  21. 胸部誘導でのP波の成り立ち
  22. 四肢誘導でのQRSの成り立ち
  23. 胸部誘導でのQRSの成り立ち
  24. 四肢誘導でのT波の成り立ち
  25. 胸部誘導でのT波の成り立ち
  26. こうして心電図波形が出来上がります
  27. 改めて12誘導心電図の捉え方
  28. 増高単極肢誘導
  29. 四肢誘導波形の基本的特徴
  30. 胸部誘導波形の基本的特徴
  31. ちょっと厄介な電気軸について
  32. その捉え方
  33. 12誘導心電図の撮り方
  34. 手首や足首に電極を付けることが出来ない場合
  35. 右房負荷(右心性P波)
  36. 左房負荷 (左心性P
  37. 心室肥大
  38. 右室肥大
  39. 左室肥大
  40. 高血圧性心臓病
  41. 右脚ブロック
  42. 右脚ブロックの心室内興奮ベクトル
  43. ボールペンを使った波形計測法
  44. 実践してみましょう
  45. 左脚という通路
  46. 左脚ヘミブロック
  47. 左脚ブロック
  48. 左脚ブロックの心室内興奮ベクトル
  49. 虚血に伴う心電図変化
  50. T波の陰性化
  51. ST変化
  52. 傷害電流について
  53. 貫壁性の虚血-急性心筋梗塞の初期-
  54. 急性心筋梗塞の一例
  55. ST偏位の計測
  56. 冠動脈狭窄と心電図変化
  57. 心筋梗塞における心電図変化
  58. 梗塞ベクトルという概念
  59. モニター心電図について
  60. モニター誘導の種類
  61. モニター心電図で不整脈を判断する
  62. 心房内に号令が伝わる
  63. 房室結節という通路
  64. 心室に号令が伝わる
  65. リーダー達の仕事
  66. リーダー達を管理する人
  67. 心電図と血圧、脈拍の関係
  68. パルスオキシメーターで脈の様子をみる
  69. 正常洞調律
  70. 洞性不整脈
  71. 洞性頻脈
  72. 交感神経が緊張する原因
  73. 洞性徐脈
  74. 迷走神経が緊張する原因
  75. およその心拍を指先で計測する方法
  76. 脈が大きく延びる場合
  77. 洞不全症候群
  78. 補充収縮
  79. 房室ブロック
  80. Ⅰ度とⅡ度
  81. MobitzII型房室ブロック
  82. 第Ⅲ度房室ブロック
  83. 期外収縮という不整脈
  84. 心房という部屋
  85. 上室性という言葉
  86. 心室性とは
  87. QRSの形が変わる
  88. 形の違いから心室期外収縮の出どころを見抜く
  89. 期外収縮で脈が飛ぶ理由
  90. どの段階でDr.を呼べばいいか
  91. 突然、脈が速まる場合
  92. 心房性と房室接合部性の判別
  93. 突然速まり、しかもQRSの形が違う

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事