うさぎとかめぽん

兎だけ脱兎の如く走ってますが、画面の後でかめぽんが追っかけてます。見えませんが

大胆不敵兎 の巻

兎は亀同様話せません。コミュニケーションはもっぱら前足で掘り掘りするか、噛んで引っ張るか、後足でタンタン。
後はプウブウ鼻を鳴らす、鼻力でWクリック(悩殺)後は眼力(夜によく目が合う)
あの無表情な兎がこちらにアクションしてくれるのは、兎亀侍従にとっては存外の喜び。
特にツレ出張中は、こんなご無体を!

イメージ 1

はじめはパンの欠片を欲しいと膝までやってきたのですが、パンを咥えると、いつものように部屋の隅にもってゆかず、

イメージ 2

なんとその場でイートイン。殿!お戯れを!

イメージ 3

この記事に

開く コメント(10)

いよいよ田畑をなんやかんやする季節となりました。
今日もプラスチックのポットに夏野菜の種を植えたり、畑に昨年採れた黒米の藁を刻んで畝の間に敷き詰めたり
いやいやその前にお掃除。
毎週金曜日は、特に丁寧に掃除機かけ。
敷物を剥がして下のフローリングをゴシゴシしたり、あと、まだ朝夕寒くて手放せないストーブ周りもきれいに・・・

イメージ 1

すると、はじめにつったか来るのは兎

イメージ 2

「はーきれいになってすっきりだぜ!」

イメージ 3

むむーこれはかわいい。掃除の手を止め撫でり撫でり

イメージ 4

すると、もっとスライム化
だ、大丈夫か?

イメージ 7

「もっとなでないの?」

イメージ 5

「おれのこと すきなんだろ?」
と、どや顔されました。

イメージ 6

わーん私はまだまだ仕事あるのに
撫でり撫でり止められーん!
って、余り困ってない件

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

春の種蒔き祭り の巻

昨年開墾した西の畑を拡張し

イメージ 1

せっせと畝など作っております。
ふとみると、3月24日に植えた

イメージ 3

春大根及びゴボウの芽が出た! 

イメージ 2

そう言えば教会に通う私の野菜先生と密かに敬う婦人が
「種は気温が20度にならないと芽吹きゃーせんよー!」
と、おっしゃってたなぁ!

イメージ 4

なるほどなるほど
まだまだズブの素人ですが、周りの知恵者に助けられてます。

イメージ 5

これからポット植え(苗をペラペラのプラスチックの植木鉢でぞだてる)もしなきゃ!今は何かと忙しいよ!

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ああ、コゲ丸
お腹がストーブの足にめりこんてますよ

イメージ 1

これがあるからなかなかストーブ終われない(笑)

この記事に

開く コメント(4)

モグラ殺害事件 の巻

昨年開墾した西の畑を拡張し、畝など作ってましたら

イメージ 1

まぁ、土の中から痩せたカエルが出てくる季節となりました。

イメージ 2

この子は贔屓にしてるんで、水辺の虫が多そうな場所に移動して頂いた次第。

イメージ 3

そして、畑のブラックベリーに雑草除けの藁を敷こうと、東の田んぼまでせっせと藁を採集して(取り入れ時の藁が置きっぱなし)往復する事15回、

イメージ 4

その作業の最中、目の端に入ってきた灰色の小動物
むむ!これは、我らが世界一周旅行中、大阪からの引っ越し荷物を散々噛み砕いた鼠だな?!
と、掘ってる穴の進路を塞ぎ、小動物がいるであろう周辺をゴム長でガッスガス蹴り倒したら(米軍による市街地空襲時の爆弾の落とし方参考)
粘土質の田んぼの土にピョコンとでたのがこれ!モグラ

イメージ 5

やけにノロいなぁとは思ってましたが
うーん東欧の街で見た絵本「モグラ君」のぬいぐるみにそっくり
そこに、カエルがさ!
「あ!モグラ君〜!」
て、感じで飛びついて来たんで、罪悪感半端なし。

イメージ 6

でも、こいつを放置してたら田んぼから水抜かれてえらい目に会うんだよなぁ!
街の人は動物虐待なんて言うんだよね!

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事