[旬鮮素材館] の プ・ロ・グ

自称 「素材屋さん」 である 「Aki」 の あれやこれや 。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
山陽新聞 コラム「滴一滴」  2008年7月22日 より

 きょう二十二日は、一年で最も気温が高くなる時期とされる「大暑」である。熱中症に気を付け、厳しい暑さを乗り切りたい。

 夜は熱帯夜となって寝苦しい。気温が三〇度以上となる真夏日は当たり前で、いまや気温三五度以上の猛暑日が頻繁になった。だが、気象庁が猛暑日を使いだしたのは、昨年四月に予報用語を改正してからだ。今年はまだ二年目なのに、早くも定着してしまった。

 セミが声を張り上げている。照りつける太陽にせみ時雨が重なると、暑さが骨の髄まで突き刺さる気がする。岡山市街地では南方系のクマゼミが増え、大音響の鳴き声が他のセミを圧倒するだけに、ことさら暑さを感じる。

 かつて多かったアブラゼミはいつの間にか影が薄くなった。クマゼミにとっては、温暖化や都市部の気温が上昇するヒートアイランド現象が生存に幸いしているようだ。じわりじわりと虫たちの勢力図にも変化が起きている。

 本紙に月一回掲載されている山陽新聞社など共同通信加盟社合同企画「環境異変」の十五日付は「海に忍び寄る影」だった。南の魚の北進が加速し、南方系の魚の食害で「海のゆりかご」である藻場が消えるなど、各地の現状が報告されていた。

 連日の暑さで早くも夏バテ気味だ。忍び寄る異変は、人も脅かしている。






●アブラゼミやニイニイゼミ、、、私の身近なところでも、全くいなくなったってことではありませんが、明らかに減っていますよ。

開く コメント(0)

イメージ 1



わいわいマップに登録しています。

内容は、明治後期〜昭和初期頃の建物・建造物、、、、つまり、近代化遺産の所在地

「懐かしい風景や建物マップ」です。


わいわいマップには、ポイントや評価、ランキングというデータを表示するところがありますが、

この数字が、今、急上昇中!


ランキングが 494位 にまで上がりました。


イメージ 2

さてはて、どこまで上昇できるのか。。。

開く コメント(0)

七か日祭り その2

イメージ 1

鬼子母神のお祭りされている所

今日は、ここへお参りに来た子供たちに、お菓子の振る舞いがありました。

また、氷の彫刻を実演して、そのあと、みんな記念写真を撮っていました。

もちろん、暑いので、、、べったり触っていました。

イメージ 2

暑いので、、、かき氷は良く売れていました。。。

ミルクはかけ放題だそうです。

イメージ 3

お祭りのお決まりのお面屋さん。

そのほか、定番の金魚すくい、たこ焼き、わた菓子などありました。

最近は、スーパーボールすくい や 光るおもちゃが人気。。。

イメージ 4

イメージ 5

盆踊りの会場

同じ踊りをリピートするだけでなく、全国の踊りを順に踊っていました。

私は、子供の関係で、、、「ちびっこおんど」はよくわかりました。。。

開く コメント(0)

アブラゼミ

イメージ 1

アブラゼミが少なくなった話を書いたんだけど、

主人公の写真が無かったので、撮ってきました。



子供の頃の話になりますが、、、

セミ採りで、アブラゼミはあまり人気が無く、場所によってはこればっかりで、、、

がっかりした思い出がある。

割合で言っても、半々?もしくは、アブラゼミの方が多かったかもしれない。。。

今では、アブラゼミがほとんどいない。。。


もうひとつ気づいたものに、、、ニイニイゼミがいない。。。

あの、小さなねずみ色の迷彩色のような、、、


そんなに急激に、、、目に見えて、、、変化すると、、、不安にもなりますね。。。

開く コメント(3)

七か日祭り

イメージ 1

今日は、「七か日祭り」。地元の祭りの日です。

一月遅れの七夕ということで、笹の飾りつけも、準備万端、、、てな感じになってます。

そもそもは、「鬼子母神」という子供の神様のお祭りなのです。

子供の神様といいつつ、幼い神様でなく、子供のための神様のことです。


「鬼子母神」、、、「鬼」の字があり、なにやら、怪しげな奇怪な雰囲気を漂わす神様の雰囲気が、、、




その昔、子供の大好きな美しい女神がいました。その神様には、500人もの多くの子供がありました。ただ、困ったことに多くの子供たちを育てるために、村に来ては子供をさらって行き、食べていたのです。

村人は、この女神を「鬼子母神」と言って恐れていました。



子供をさらわれた村の親たちは、嘆き悲しんで、お釈迦様に相談しました。

すると、お釈迦様は、その女神(鬼子母神)の500人の子供の一番末っ子を隠してしまわれました。


子供がいなくなった事に気づいた鬼子母神は、半狂乱状態になり、世界中を探し回りました。

見つからないので、お釈迦様に相談に行きました。


そこで、お釈迦様が鬼子母神に、子供を獲られた村人の気持ちを説きました。

鬼子母神はたいそう反省をし、今後は子供のために尽くすことを約束して子供を返してもらったということです。

これが、「鬼子母神」というなんとも怖そうな名前の由来です。。。




昔からつづくお祭りなので、仕事が終われば子供らと行って見ようかと思います。

子供の頃には、土曜夜市もあったのにな〜ぁ。。。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事