[旬鮮素材館] の プ・ロ・グ

自称 「素材屋さん」 である 「Aki」 の あれやこれや 。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

本日は、バス釣り&あわよくばシーバス釣りにでかけた。

バス&シーバスということで、児島湖締切堤防にひとまず出発。
ここは、児島湾を仕切って、片方を淡水にしてしまったところ。
だから、右側は海水、左側は淡水ってな訳。
一石二鳥って思うのは、素人の証!?

締切堤防の海側は、「ままかり」のサビキ釣りのメッカ。
今日も6人ぐらい先客がいた。

早速、ルアーを投げてみる。
いくら投げても、気配すら無い。。。

湖側へ行く。
ルアーを投げてみる。
いくら投げても、気配すら無い。

児島湖をどんどん移動するが、、、一向に気配すら無い。。。。

何とか、1匹だけでも釣らないと。。。。
という、「わらをもすがる思い」で、箕島の野池に行く。

ここもまた、一向に気配無い。

と、そこにライギョが浮かんできた。
しかも、2匹で、、、つがいか?
ルアーをワームに替える。

目の前に落として、揺らす、、、、反応なし。
目の前に置いても、食わないのか。。。。

とそのとたん、スポッと水を吸い込む音と共に強い引きが、、、、
おおお、釣れたのか?リールを巻くが、、、軽くなった????
逃げた。。。!

針が、伸びている???そんなことあり???安物???

再度、浮かんできている。。。
再チャレンジ!!!
今度は、鋼の針で挑戦!
また、スポッと水を吸い込む音と共に強い引きが、、、、
今度こそ、、、今度は、池の手すりに当たって、池ポチャ!!!

再々度、、、今度は、投げ込むとスグ当たりがあった。
今度こそと、大きく合わせをして、リールを巻く。
慎重に手すりを越えて、、、ついに釣り上げた。。。。!

大きさは、55cm 結構大きい。

本日、最後の最後の1匹。何とかボーズを免れた。。。。
ホッ、、、、。

開く コメント(7)

崎陽軒のカレー ケータイ投稿記事

イメージ 1

レトロ感覚いっぱいのパッケージだったので、つい、食べたくなりました。

崎陽軒のシュウマイではなく、カレーです。

この度、デザイン変更と言う事です。では、食べてみます。

一般的なレトルトのものに比べて、スパイシー! スパイスの香りがすごっくいい!
きのこなのか、丸いちいさなものが、味の強弱を付けてくれ、おいしさを単調にしない。
そして、崎陽軒ならではの、お約束の「しゅうまい」は、3個入っている。
これまた、なぜかこのカレーによく合う。
なぜ、カレーにしゅうまいなのか、、、また、なぜ、合うのか、、、不思議である。。。

強いて言えば、香りが充実している分、こくが少なかったように感じた。

ただ、この点は、場合によってはこってりと、粘っこい味になりかねず、裏腹かな。。。

開く コメント(0)

さて、昨日釣った魚が、実は「シーバス」だったかもしれない、、、なんってこった。

そんなこと知らずに、海に行っちゃいました。

実は、昨日今日2連休。

近くに児島湖の締め切り堤防ってなものがあり、海と淡水の両方を楽しめる場所がある。そこへ行ってみました。

もちろん、「シーバス」狙い!

防波堤の先は、サビキでの、ままかり釣りの人。自分は根元のあたりで、チャッポン、チャッポンルアーを投げまくる。
小さな雑魚が群れを成して泳いでいく。少し深いところを少し大きい(5〜10cm)魚影が見える。こんなシチュエーションだったら、シーバスも夢で無いね。。。

楽観視したものの、一向に手ごたえなし。

ルアーを変えてみるが、、、一向に手ごたえなし。

と、その時ビビビとして上げてみると、釣れていた、、、3cm位の雑魚ゲット!

あきらめて、反対側へ(淡水側へ)
今度は、バス狙い。
目の前を「ぼら」がこれでもかとばかり、飛び回り。体長の大きさを見せびらかす。
別に釣りたくは無いが、大きさには魅力がある。
しかし、何も釣れないものだ。。。

場所を変える。少し離れた淡水側の港。
先客が居たが、釣れている様子でもない。
数回投げ入れてみる。
引っかかった。つまり、地球を釣ってしまった。
仕方ないんで、引っ張って糸を切る。
昨日釣り上げた、ルアー(スピナーベイト)を無くす。
あきらめて帰る。

帰りに、中古の釣具店に立ち寄る。

さっき無くした、スピナーベイトを300円で購入。ゴムのビラビラも300円で購入。

ちょっと気になったので、昨日釣った場所に行ってみる。

数回投げ入れた、また、地球を釣ってしまった。
買ったばかりのルアーを無くした。。。

3cmの雑魚1匹だけの釣果で、疲れただけの1日でした。。。とほほ。。。

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

久しぶりに書きます。
ここ最近のマイブーム。バス釣り。
3週間ほど前から、はまっちゃってます。

で、本日はじめてバスを釣り上げました。
しかもデカイ!!!!!
50cmUPの 52cmの大物!

バスは、キャッチ&リリースなんて言ってるのだけど、環境のため!?
自宅に持ち帰り、息子と「魚拓」をとりました。

そもそも、この釣りにはまったのは、、、下記のごとく、、、つまり、頭に血が上って、湯気が出た!?


そもそも、写真を撮りに近くの野池に行った時のこと、水面に多くの魚影が見え、しかも、小石を落とすと集まってくる。。。。
もしかして、これが、バスとかブルーギルっていうものなのか、、、と思うと無性に釣りたくなった。
自宅にあった投げ釣り用の短めの竿を取り出し、子供のころ買ったルアーを引っ張り出して、やってみた。結果、案の定、釣れない。

悔しい。

2回目、ちょっとの時間を見つけて再挑戦。今度は、思いっきり投げたと思ったら、後ろの木にルアーが引っかかり、竿が急に軽くなった。。。。竿が折れていた。。。。


仕方ない! 新しい竿を買おう。安い、でも、ルアー用のものを。。。リールは、中古を。。。
その時、ソフトルアーなるものに感動し、一緒に購入。
(最近のルアーたるもの、すごくやわらかくて、本物っぽいんのだ!ミミズのルアーなんぞ、リアルすぎて気持ち悪い!くらい。)

3回目の挑戦!
ポチャン。ポチャン。ルアーを投げ入れるだけで、一向に釣れる気配なし。。。

4回目の挑戦!
今度は、ハードルアーに挑戦。で、手のひらサイズのブルーギルをゲット!
でも、バスは一向に釣れる気配なし。。。

5回目の挑戦!
数十回のルアーの投入。。。数時間後。。。ついにヒット!
手元まで数メートルのところで、、、、大きくジャンプしたかと思うと、、、軽くなった。。。

6回目の挑戦!
今度は、場所を変えて、川に行く。
水門の近くを、堤防の上からルアーを投げる。
周りが野池に比べて、はるかに大きく広く、こんなところに魚は居るのか、、、と不安になる。
とその時、あたりが来た! 大きい。リールから糸が出て行く。。。
魚が跳ねた。。。でかい!。。。
「どうしよう」という気持ちが沸く。。。でかすぎる。。。しかも、堤防の上、、、水面まで3mはありそう。。。
初ヒットで、少々あわて気味。。。戦うこと数分。。。おとなしくなったところを、ゆっくり持ち上げる。
やっと手元に、、、やはりでかい。携帯で記念撮影。。。52cmの大物!
初めての、バスがこのサイズ!
この後、30cm級が釣れたが、やはり物足らない。。。。いやはや。。。

さて、今度は、「シーバス」って何だろう。。。と、興味が移っているが、また、はまっちゃうのか?

開く コメント(4)

白木蓮 ケータイ投稿記事

イメージ 1

今日は、岡山の半田山植物園に来ています。桜は、9分咲きくらいで、今が一番きれいな頃かな。その中でひときわ白く鮮やかなのがハクモクレン。ここで、おもしろいウンチクが書いてあったので紹介します。
モクレンの仲間は、方向指示植物(コンパスプラント)と呼ばれているんだそうな。
なぜ?

花が咲く直前のつぼみのとき、先端が北を指すんだそうです。別名 磁石の木とも呼ばれるそうです。

これは、つぼみの南側の日の良く当たる方が成長が早くなり、先端が北を向くそうです。
モクレン以外に、ネコヤナギなどのヤナギ科の植物にも同じ現象がみられるんだって。

園内一面、良い香がする!

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事