技と匠のお店!SPORTS mikuni0595 ドンのたわごと

日頃の野球・サッカー用品の修理・加工技術とそれに関する記事を紹介します。オリジナルや限定商品情報もあり!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全232ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最近のスポーツ!
卓球を始め、陸上界も・・・
若い人たちの活躍、、、特にまだ10代の活躍が目立ちますよねぇ〜
すごいなぁ(^_^)
 
そうそう、将棋界もそうですね♪
 
形の見える結果もそうなんですけど、10代にして自分の目標が見えていることがすごいです。
ある意味、うらやましいかも?
 
日々お伝えしておりますが・・・
50半ば近くになって、やっと自分の商売のイメージに近づいてきました。
売り上げは減りましたが、”小さくても1番””固ではなく、個の追及””0→1”などなど。。。
かつてお話した自分の10箇条を達成できるように頑張ります。
 
10代の自分の息子たちよりも年下の子たちに、刺激を受けている50おやじの決意です!!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
 
さて、今日は久々にグラブ修理です。
 
イメージ 1


 
路地裏の名店!
それが、自分の商売の理想像ですが・・・
この土手裏のこういう修理をやっているお店は、かなり限られるはずです。
 
普通は、下から皮を当てて上からミシンでタタミ打ち!といったお決まりのパターンのはずです。
 
ただ〜
ご覧いただいた通り、土手裏が汗で痛んでいるだけで、平裏はまだまだきれいで使える状態にあります。
それに!
修理箇所をよく観察いたしますと・・・
修理方法によっては、使い勝手に微妙に影響をもたらすのではないか?と想像します。
例えば!!
ミシンで上からタタミ打ちをした場合、、、
どうしても硬くなり、手触り感も悪くなります。
ですから、店内でのグラブ修理では珍しい、”移植修理”を行うことにいたしました。
 
イメージ 2


 
最低限で最大の効果が出るように、いたんでいる部分を切除いたします。
ただ切り離せばいいというものではないんですよ〜
 
イメージ 3


 
切り取った部分を正確に型取りをし、パーツを作ります。
指袋修理や上当て修理でやっている工程と同じです。
 
イメージ 4

 
イメージ 5

先に工程から申しますと・・・
張り付けて縫製をかけて、ヘリ皮を取り付けるわけですが〜
 
意外と!
この張り付ける。。。圧着工程が一つの山なんです。
その工程の仕上がりによっては、ネタの落としどころにかなり影響が出ます。
 
ウエブ上でも、加工事例のアップが少ないのは、、、
全て一発勝負で、上当て修理にはないプレッシャーが加工する側に襲い掛かってくるので!
こういう修理方法をとられる方は少ないからと想像いたします。
これは、やって見ないとわからないことです。
やって見ると見えない敵におそわれている!という、そんなスリリングな体験ができますよ(;^_^A
 
実は、最近やって見られたお店から・・・
その体験を本当にしたことを、先日ご報告いただいたところです。
 
加工する側は、かなりのプレッシャーを味わいながらの修理ですが!
その分、お客さんには従来の修理方法より、見た目も使い勝手も。。。
かなりハイレベルな仕上がりをご提供できると思っています(^^♪
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

また〜
暴言議員というのが出現したらしい( ̄□ ̄;)
聞くところによりますと!
例の長靴親父やゲス不倫議員たちと同じ穴だとか?何とか??
ほぉ〜
他の立派に職務を果たしている方たちが気の毒です。
”なんとか回生”などと、、、
ひとまとめにされたくないでしょうねぇ〜
お気持ちをお察しいたします。
頑張ってください。
 
ところで話は全く違いますが・・・
 
奈良から相棒たちが来てくれて!
その受け入れ態勢も、徐々に固まってきました。
昨日も掃除と整理♪
また、こんななかなかレアなものが出てきましたよ〜
 
イメージ 1


 
わかりますかねぇ〜
同世代の人たちは、おそらく小学校の時に使っていたと思います。
みんな筆箱に入っていたものです。
折りたたみ式の簡易ナイフです。
これで鉛筆を削ったんですよね(⌒▽⌒)
学校前の文房具屋さんに売っていて・・・確か〜何十円だったと思います。
今はもう売っていないかもしれませんねぇ〜
なんでこんなに箱ごと工房内にストックがあるのか?
これも立派なある工程の時に使う道具なんです。
今は、その作業が少なくなりましたが・・・たまにご依頼があった時は必要です。
でも、これだけあったらおそらく一生不自由はないかもしれません。
大切に保存しておきたいと思います。
 
工房内には!
 
イメージ 2
イメージ 3


 
糸!糸!!糸!!!と・・・
糸だらけです。
ミシンの作業が多いですからねぇ〜
TPOによって、番手や種類が異なるんです。
 
例えば、、、
 
左はスパイク修理やスパイクカスタマイズ、革グッズ製作、ラベル交換に主に使っている糸です。
色数も十数色になります。
 
右は主にグラブ修理に使っている糸です。
7色あります。
 
これに加えて・・・昨日は!
 
イメージ 4


 
グラブの製作用の糸が仲間入りいたしました。
上の糸よりも太い番手の物です。
 
イメージ 5
イメージ 6



奈良から来てくれた相棒専用の糸になります。
全15色揃いました。
平裏や指カケ、ヘリ皮、ウエブ等々製作にかかわる部分はこちらでの縫製になるわけです。
 
こんなに必要なのか?
そう思われると思います。
確かに〜普通は、必要はないと思います。
ただ当方は、ブログでもお話した通り・・・
”小さくても1番”
それを極めるため、あえて普通ではないことにチャレンジしている次第です。
 
お客さんに聞かれたら・・・
お店に”修理工房”や”野球工房”という看板を見つけたら!
ミシンの周りの糸の色数と革紐の種類を見てください。
買ったグラブがどこまでのことがサポートされるのか?
それが答えです。
”グラブ屋宣言”の一環として、そこを追求したいと思っています。
そうお答えしております。
 
こうやって見たら、、、
服のリホームをやってるお店みたいに見えるのが!
ちょっと悲しいです。(;^_^A
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

M友学園に強制捜査!
 
とうとう来ましたか♪
 
国会の会期が終わったのと同時ですね。
景気屋しんちゃんは例のK計学園問題での追及を、何やかやと逃げ切ったかのような結末だったように見えましたが。。。
この操作うんぬんでは、またいろいろありそうですよねぇ〜
 
8億円値引きにハンコついたヤツは誰?
 
はっきりわかればいいんですけど(・・;)
 
さて!今日は、久しぶりに”グラブを比較”のお話をしたいと思います。
正確には、”ミットを比較”ですが!
 
実はここ最近当方のお店では、ジュンケイグラブのキャッチャーミットが少々話題になっております。
先ずボーイズもヤングも使用が可能なブランドだということが理由の一つかもしれません。
かといって。。。
取扱店も少なく、ミットとなりますと店頭ではほとんど見る機会がないのでは?
そう感じております。
実際当方でもお客さんから、”大きさ”についてご質問がありました。
使用するのは、中学1年生です。
 
なかなかこの年齢が使用できるいい大きさのミットがないんですよねぇ〜
皆さんそう思いませんか?
少年用だと小さく、まだまだ一般用は大きい。。。
キャッチャーミットって!サイズがあまりないんですよねぇ〜
しかも中学硬式となりますと、使用できないブランドもあるわけです。
ですから、、、
シニアも含めて3リーグの使用できるという点だけ見ても大きなことなんです。
 
後は、大きさです。
 
ハタケヤマのV-M8と比較してみました!
ジュンケイグラブの品番は、JG-203です。
先ずは、ざっくりと外観からご覧ください。
 
イメージ 1
イメージ 2



 
携帯での写真なので、お粗末ではありますが・・・
大体、一回り以上は明らかにジュンケイミットの方が小さく見えます。
具体的には、上の写真では背面の手口から、捕球面の折り返しのジョイント部までの寸法が明らかに短いです。
下の写真をご覧ください。
捕球面側は、ヒンジの下からウエブ下までの寸法はほぼ同じに見えます。
全体の大きさが小さく、手入れ部分(フゾク部)の大きさ!縦も横もも小さい!!
でも、よくキャッチャーミットの大きさの基準にしている縦の寸法はそんなに変わらない!!!
そんなイメージだと思います。
 
 
イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5


 
手袋サイズM寸の当方が手を入れた写真と、捕球面にボールを置いた写真です。
 
個々の部分もいくつか写真を撮りましたのでご覧ください。
 
イメージ 6


 
イメージ 7


 
イメージ 8
イメージ 9


 
ウエブ幅とヒンジの幅は、やや短い!5mm程度!!
といった感じでしょうか♪
 

 
イメージ 10
イメージ 11



 
ハチマキ部分の幅の比較です。
これは、明らかに薄いですね〜
 
ここまで調査したのに・・・重量を測るのを忘れました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
すいません( ̄_ ̄ i)
 
いずれにしても、
捕球面の縦の長さは一般硬式なみで、全体には小ぶりだというイメージです。
成長過程の中学硬式には、いい大きさだと思います。
ご相談いただいたお客さんに、このサンプルを実際に見ていただきましたが・・・
大きさとしては、非常に高評価をいただき!
別注オーダーでご注文をいただきました。
こちらも先日お客さんにお渡しが完了しましたので、別の機会にアップしたいと思います。
 
今日は、ジュンケイグラブの硬式キャッチャーミットの、、、
ある意味貴重な資料として、お役にたてたら幸いです。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日は朝から、SMAPですね(;^_^A
解散してもこれだけ話題になるのは、やはりすごいことです。
国民的アイドルの背負ってきたものの大きさを感じますよね〜
現事務所から独立する予定の3人はどうなるんでしょうねぇ?
事務所が変わると、かなり厳しくなると聞きますが、、、
元SMAPでもおなじなんでしょうかねぇ!
また話題が出てきて、SMAP自体がもうない(・・;)
そういう現実を振り返ることになり、また寂しさがよみがえってきたのは当方だけでしょか??
 
さて、国民的アイドルほど大きなものは背負ってはおりませんが・・・
ありがたいことに!
小さいながらお客さんから期待されている感を、少しは感じながら仕事をしている次第です。
 
イメージ 1
イメージ 2


 
前回アップした、キーケースの追加のご注文や!
こちらも以前アップした、アイホン7の横型のスマホケースも追加でご注文をいただきました。
今回の製作の途中から、相棒が来てくれたので・・・
皮漉き作業がずいぶん楽で早くなりました。
ということは!!
仕上がりにかかる時間も短縮されるわけです。
身体もかなり楽なような気がします。
助かります(⌒▽⌒)
 
でっ。。。
 
今回のアップはこちらです。
 
イメージ 3


 
・・・なんやこれ?
 
先のお話した、期待されている感を感じてきたのはこの辺りからですが〜
 
つ・ま・り・・・このバックルを再利用してベルトを作る♪
 
そういうことです。
 
イメージ 4


 
お客さんからのご要望は!
”グローブらしい配色で。。。”それと、30cmばかしロングに。。。
この2点です。
ベルトは、自分の分も含めて何度も作ってはおりますが、、、
このバックルのような差し込み式は初めてです。
新たなハードルですね( ̄_ ̄ i)
 
製作模様は、おいおいアップいたします♪
 
ところで〜
相棒たちが来てくれてから、工房内でできることの横幅がずいぶん広がり始めています。
 
当たり前のことなんですが、、、
こんなに違うものなのか?と、今までの自分を疑うほどです。
今までできなかったこと、できても時間がかかりすぎていたこと、取り組みたいと思っていたこと等々。。。
おそらく現実になる日は近いような気がします。
 
現実になればおそらく、”最強のスポーツ工房”を店内に持つことになります。
 
若いころスポーツ屋さんの研修会で一番最初に教えてもらった!
 
”小さくても1番”をまだまだ目指します。
 
自分の理想のスポーツ屋さんは?と聞かれたら・・・
”店内で製造販売ができる♪”ということです。
 
お客さんから少しは期待されている感と並行して相棒も来てくれたことですし!
理想に近づけるいいチャンスを、お客さんからも相棒たちからもいただいているような気がしております。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

相棒のご来房うんぬんで・・・
すっかり忘れていて、今朝方の特集で思い出したんですが〜
 
ハリルジャパン!イラクにドローだったんですね(^▽^;)
 
残りはオーストラリアとサウジですから、かなりきついんではないでしょうか?
聞くところによりますと、両国とも日本に照準を合わせているとかなんとか??
日本のキーマンは、誰なのか???
 
過去最高に厳しい状況とのことですが、”神風”が吹くことを期待しております♪
 
さて!今日のつかみがサッカーネタだということで!!
久しぶりにサッカースパイク修理と参りましょう(⌒▽⌒)
最近減ったとはいっても、やはりお問い合わせは絶えない状態です。
 
特に〜
 
イメージ 1
イメージ 2


 
モレリア2の修理依頼は、もう鉄板化しております。
今回も、こういうアウトサイドの破れ修理のご依頼でした。
ご本人様が初めてご自身のおこづかいで買ったスパイクで、最後の大会はこのスパイクで出たい!
そういうエピソードもいただきました。
お時間はかかることをご理解いただいた上でお預かりいたしましたが、、、
なんとかその大会には、間に合ったようです。
 
イメージ 3
イメージ 4


 
修理の所要時間よりも、工房内をはじめ学校販売等の周りの状況によって!
仕上がりままでの時間が左右されます。
ただ、先日少しお話いたしましたが・・・
相棒のご来房で!
サッカースパイク修理で、今までできなかったことに少しの光が差しました。
そういう意味では、少なくなったとは言え、、、
まだまだスキルアップが望めそうです。
工房を掃除していたら、ビスだけでも・・・数千本は出てきました。
接着剤も、当て革も今のところをございます。
ですので部材関係は、当面は大丈夫です。
ここ2〜3日でも、2件のご依頼をいただいております。
ご依頼が、0になるまではできるだけ続けていきたいと思っています。
 
サッカースパイクネタでの余談ですが・・・
 
イメージ 5


 
パラメヒコのソール削りのご依頼を以前いただいた時に発見したんですが〜
 
黒のパラメヒコと白のパラメヒコ!
同じようにダイレクトインジェクションソールなんですが・・・
なんか、違います。
グラインダーでソールを削る際の粉の出方が違うんです。
黒パラメのソールは削ると粉になり下に落ちますが、白パラメはこんな風に溶けてソールに付着したままです。
素材が同じはずなのに、ソールの色の違いでこうなるんでしょうか?
 
詳細はわかりませんが、こういうことを知っているのは。。。
このブログの読者だけでしょうねぇ〜
かなりマニアな話で恐縮です(^∇^)
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全232ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事