カタツムリになるよりすずめのほうがいい・・・・・・

申し訳ありません。お手数ですが、トップ記事およびゲストブックのトップも、ぜひご一読くださいますようお願い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 3イメージ 9イメージ 13イメージ 8イメージ 4イメージ 11イメージ 10イメージ 2イメージ 12イメージ 5イメージ 6

ゆるキャラ乱立神戸、42体…ジミーな存在も

滋賀県彦根市で23〜24日に開かれた「ゆるキャラまつりin彦根」

 実は、神戸市も、外郭団体を含めて少なくとも40体以上のゆるキャラを持っている。ただし、市民の目に触れる機会の少ないものもあり、有識者からは「もっと有効活用してみては」との声もある。

 しらすちゃん、ばっしー君、モグロー――。すべて神戸市が誇るゆるキャラだ。
 市のホームページで紹介されている「KOBEキャラクター」は計42体。市広報課によると、施設の開所や事業開始にあわせて制定されたもののほか、イベントのキャラクターが事業のキャラクターに“昇格”したケースも。今年25歳を迎えた水道局の「一滴ちゃん」が、生年月日が確認できた中で最年長キャラという。

 市ホームページに専用コーナーを持つほどに知名度が高いのは、ゴミの分別を推進するブタの「ワケトン」。2004年11月の家庭ゴミの分別収集スタートにあわせて誕生。妹の「トコトン」や、分別をしないライバルの「ワケヘン」などと、イベントでは引っ張りだこだ。

 ほかにも、建物の耐震化を啓発しようと、起き上がりこぼしをモチーフにした「オキールファミリー」も市企画のアニメに登場するなど人気が広がっている。
 
 一方で、市民への浸透が今ひとつのゆるキャラもいる。市男女共同参画センター「あすてっぷKOBE」の「あっぷちゃん」は男女共同参画社会の広がりを目指した上向きの矢印をデザインしたが、情報紙などにわずかに登場するのみ。誕生から約10年が経過し、同センターは「PRが十分とはいえないのは事実。機会を見つけてアピールしていきたい」と話す。
 キャラの“乱立”状態について、市広報課は「市の統一キャラがいないことも理由の一つなのかも。各種施策へ親しみをもってもらうのにキャラクターは効果があり、今後も増える可能性はある」と分析。

 一方、「地域ブランド」に詳しい「日本総合研究所」(東京都)の金子和夫・上席主任研究員は「神戸のような大都市になると、キャラクターが複数になるのはやむを得ない。ただ、市の“財産”として抱え込まず、民間に貸し出して広告収入源にするなど、積極的に活用してこそ意味があるのでは」と指摘する。
 
私・・・『ワケトン』『トコトン』『ワケヘン』と『一滴ちゃん』は姿が浮かびましたが。
(ワケトンは、実家でよく見るため・・・一滴ちゃんは25年ほど前、どこかのイベントで抱きついた事があるため)
 

後のは、全く浮かびもしませんでした。イメージ 7


 
現・居住地のキャラは、1体だけです。
某鳥のキャラで・・・・・・給食センターのトラックにはシェフ姿で描かれてたりしてます。
時々、元は『ひょうご国体』のキャラだった『はばタン』と一緒に出没もしています。
で。
着ぐるみもあり・・・・・・。
『内臓さん(中に入る人)』は・・・時々、50歳代の市会議員(男)がやる事があるそうな。
30代の若い男性議員もいるのに、何で?・・・と思ったら。
若い議員も試着してみたところ・・・・・・
入ったら動けなかったんですって。イメージ 1
(着ぐるみのサイズが、若い議員さんには小さかったそうです)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

俺だったら
余裕で着られるよ(笑)

2011/1/21(金) 午前 6:52 Johnny B.Bad 返信する

顔アイコン

若手議員さんは・・・・・・タテに大きすぎたそうです♪
(実際に会った事あるけど・・・まぁ長身の兄ちゃんでした)

2011/1/21(金) 午後 9:24 すずめとカタツムリ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事