ここから本文です

書庫全体表示

ほふーっ〜

「パチンコの動画撮影。というお仕事で東京へと行って参りました。

 

1分間のネタを2本収録する為に片道3時間の旅路でした。

 

収録現場の最寄り駅は「浜町」という駅でした。

スカイツリーが霧の向こうに見えました。

 

早く終わればスカイツリーに行こう。と思いました。

 

 

早く終わりました。

 

 

ルートを調べていると「〇月〇日までは完全予約制。当日券の販売は無し」みたいな案内に出会いました。

早めに出会っててよかったです。

 

 

予定を変えて秋葉原駅に到着。

 

 

生まれて初めての「電気とオタクの街」を歩きました。

 

たくさん荷物を持っていたので、歩く時のテーマは「東海地方から出て来たての、自分をオシャレだと思っている社会人1年目の潜在的オタク気質がある末っ子」にしました。

 

役作りの初めとしては、

口をあんぐりさせながら斜め上を常に見回し

メイドさんのビラ配りには積極的にもらいに行く。

 

そんな感じで

あわよくばメイドさんによっては喫茶に行くのも面白いかな。と思っていたあたりで豪雨となったので(今回のテーマに豪雨はそぐわないので)帰ることにしました。

 

 

本を読んでいたらびっくり!

さっきまで自分がいてた「浜町」が小説の中にも登場しているでは!

 

湯川がっ!ガリレオが浜町に来ていたっっ!!

 

 

ほふーっ。

と背中が熱くなりました。(自分でもどういう感情かはわかりません)

 

速読よろしく一気に加速したマコトの読む速さは、新幹線といい勝負だったでしょう。

 

 

睡魔に負けなければあと1時間で読了。

今だったら短冊に「睡魔に負けませんように」と書きます。

 

 

イメージ 1

 

 

って書いてみたら。」

 

って、スカイツリーに書いてました。

 





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事