輸入車パーツのスピードジャパン スタッフブログ

http://www.speedjapan.co.jp/ 入荷&セール情報もあり!スタッフ別に見たい方は左のメニューからどうぞ!

全体表示

[ リスト ]

EZLの冷却フィン

 
W124などのEZL(イグナイター)はエンジンやラジエターの熱による経年劣化で、内部のコンデンサーやパワートランジスターがやられてしまいます。

壊れたEZLの裏側の放熱用シリコンを拭き取ってみると分かりますが、多くは左右のトランジスターのどちらか一方、または両方の焼けた跡が見て取れます。

コンデンサーやトランジスタには寿命がありますが、熱の逃がし方によってその寿命は大きく異なります。
イグナイターの上側にファンをつけている方もいるようですが、むしろ発熱量の多いパワートランジスタのある裏側を冷やさないとあまり意味がありません。



イメージ 1

10年以上前からあるEZLの冷却フィンです。
実は、えちごやで、これを付けたイグナイターはまだどれも壊れていません。

これだけの優れものが何故そんなに広まらなかったのか?

放熱性に優れた純度99%以上、通称A1100番のアルミ無垢材からワンオフで削り出しで作っているので、売価を2万円代後半にしないと採算が取れません。ところが、当時はイグナイターの値段が、500E用で BOSCH製のOEMなら、10万円しませんでした。
新品買い直しても10万円しないものに3万円の予防装置を付けようと思うひとが少なかった。
それに、この冷却フィン付ければ絶対壊れなくなるわけではなく、寿命が長くなる(2〜3倍くらい?)だけ、というのが理由だったんじゃないでしょうか。

でも、今や、500E/E500のEZL(イグナイター)はOEMは生産終了となり、純正のみの供給、その税込定価は驚きの60万円超です。

今なら、付けたいひとはいるでしょう。




イメージ 2

取付け方ですが、先ずイグナイターのカプラーを抜いて、3本のボルトのナットを外すだけでEZL本体は取り外せます。



イメージ 3

イメージ 4

イグナイター裏側とボディー側に残った放熱用シリコンを拭き取っておきます。
ブレーキクリーナーなどで簡単に落とせます。

問題はイグナイターを留めている3本のボルトの長さがフィンを付けると足りなくなるので、これを交換しないといけないことです。



イメージ 5

このボルト、前期はボディーにリベット留めのような形で、後期は点付溶接で留まっています。
点付溶接なら上からハンマーで叩いてやれば取れますし、リベット型ならタイヤハウス側からドリルで揉んで



イメージ 6

ボルトにナット付け、それをバールで持ち上げてやれば外せます。



イメージ 7

イメージ 8

イグナイター裏側とアルミフィンはボディーに接する部分だけに、付属の放熱用シリコンを塗り



イメージ 9

付属のボルトナットで留めれば完成です。


5セット売れてしまったらまた作る予定ですが、時間かかると思いますので、早めにお買い求めください。

工賃は別途頂きますが、東京のエスファクトリーと、弊社一宮事業所でも取付けは行う予定ですので、お問い合わせください。



facebookにもどうぞ。


By OZW


この記事に


.


みんなの更新記事