ラフャールのマニアックブログ 歌謡曲シングル盤レコード紹介

コメントは受け付けておりません。コメント可の古い記事にもコメントは書かないように願います。

あ行歌手

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全64ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 「GO!GO!掛布」作詞作曲 中山大三郎 編曲 若草恵 歌 遠藤良春
 「大きな星になれ(掛布讃歌)」作詞作曲 中山大三郎 編曲 若草恵 歌 遠藤良春

 何時頃発売されましたレコードか分かりませんけど、掛布さんがプロ野球の選手としてお若い頃に発売されたみたいですね。

 A面は「GO!GO!掛布」という曲です。この手の曲によくある勢いがある歌です。これを聴いていると三冠王になれちゃうんじゃないかとさえ思ってしまいます。

 別に阪神ファンじゃないけど、景気つけにはいいかも(笑)。

 B面は「大きな星になれ(掛布讃歌)」という曲です。A面と同じですね。

 ジャケットは、当然掛布選手本人の写真でして、ま、そのままですね。

イメージ 1

 「恋の追跡(ラヴ・チェイス)」作詞 橋本淳 作曲編曲 筒美京平 歌 欧陽菲菲
 「水色の夜明け」作詞 橋本淳 作曲編曲 筒美京平 歌 欧陽菲菲

 欧陽菲菲さんのシングル盤レコードです。

 A面は「恋の追跡(ラヴ・チェイス)」という曲です。この歌は欧陽菲菲さん独特のため息というか、吐息というか、そのようなものが随所に組み込まれています。辺見マリさんの「経験」にあったものと同じですが、それをスピーディにしているのが特徴ですね。

 ちょうど恋の追跡というタイトルのようにテンポよく使われています。たぶん最初からこのような企画だったんでしょう。アドリブじゃないと思います。

 欧陽菲菲さんの歌の中では、最も過激な歌なんじゃないかな。歌謡曲はこうでなくちゃいけません(笑)。楽しめます。

 B面は「水色の夜明け」という曲です。こちらは聴きやすいのでありますが、アクの強さに乏しくてまあまあかな。

 ジャケットは、何かやけにすっきりしていますね。歌がスピーディなだけに、もっと動きがあっても良かったのではないかと。

イメージ 1

 「津軽海峡冬景色」作詞 阿久悠 作曲編曲 三木たかし 歌 石川さゆり
 「野の花のように」作詞 阿久悠 作曲 三木たかし 編曲 竹村次郎 歌 石川さゆり

 1977年に発売されましたシングル盤レコードです。

 A面は「津軽海峡冬景色」という曲です。石川さゆりさんの歌手としての大転換となったヒット曲です。もう曲に関してはどうこう書く事はないですね。

 私の感想は、ちょっと重いかなぁ、というところかしら。それが良かったのだから仕方ないのですけどねぇ。

 B面は「野の花のように」という曲です。前半は歌詞もメロディも非常に控えめでして、私はいいんじゃないかと聴いていたら、後半は急に盛り上がって強く歌われています。ちょっと違和感があったかなぁ。私は前半の部分だけで良かったのだが・・・。

 ジャケットは、冬空と石川さゆりさんの重そうなコートが寒さを感じます。雰囲気が出ていますねぇ。

イメージ 1

 「雨の御堂筋」作詞 林春生 作曲 B.Bogle-J.Durrill-J.McGee-M.Taylor D.Wilson 編曲 川口真 歌 欧陽菲菲
 「愛のともしび」作詞 橋本淳 作曲編曲 筒美京平 歌 欧陽菲菲

 1971年に発売されました欧陽菲菲さんのデビューシングル盤レコードです。

 A面は「雨の御堂筋」という曲です。いきなりヒットしました。外国人特有の少したどたどしい日本語歌詞が良くて、勿論曲も良かったですね。当時に聴いた時は、何か新鮮な感じがしました。大阪のご当地ソングとしてもいいし、歌謡曲らしさも十分です。

 B面は「愛のともしび」という曲です。こちらも歌謡曲らしさは十分でありまして、筒美京平さんもB面という事では負けられなかったかなぁ。かなりいいです。

 ジャケットは、背景がデザイン化されているので、はっきり分からないのでありますが、一応大阪の町なのかなぁ。雰囲気は異国的でもありまして、欧陽菲菲らしさが出ているのかな。

「ヒーロー」麻倉未稀

イメージ 1

 「ヒーロー」作詞 売野雅勇 作曲 Jim Steiman,Dean Pitchford 編曲 渡辺博也 歌 麻倉未稀
 「横須賀Break dance」作詞 麻倉未稀 作曲 Michael Lin 編曲 戸塚修 歌 麻倉未稀

 1984年に発売されましたシングル盤レコードです。

 A面は「ヒーロー」という曲です。洋楽のカヴァーです。ジャケットには、TBS-TV「スクール・ウォーズ」主題歌と書かれてあります。私は見ていなかったので分かりません。

 この原曲は、むしろプロレスファンの私には、スティングのテーマ曲として使われていたと記憶しているんですが、これはもしかしたら違うレスラーだったかなぁ。

 曲はアップテンポで激しいです。今の私にはちょっときついかなぁ(笑)。当時は、かっこいい曲だとは思っていましたけど。

 この曲はただ聴くというより、麻倉未稀さんが歌われている映像と共に楽しんだ方が良さそうな気もします。私には、最近の太めになられた麻倉未稀さんが歌っていたところなんぞは、大変迫力があると思いましたから。

 B面は「横須賀Break dance」という曲です。こちらは初めて聴いたのですが、いやぁ、もういかんですわ(笑)。さらにロック色が強くて、とてもついて行けないというところかな。

 英語が散りばめられているし、私には無理な曲ですね(笑)。

 ジャケットは、いかにも激しく歌われている写真の麻倉未稀さんであります。麻倉未稀さんあたりまでが女性ロックとして、私の限界かな(笑)。

全64ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事