ラフャールのマニアックブログ 歌謡曲シングル盤レコード紹介

コメントは受け付けておりません。コメント可の古い記事にもコメントは書かないように願います。

か行歌手

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「恋物語」久保浩

イメージ 1

 「恋物語」作詞 佐伯孝夫 作曲編曲 吉田正 歌 久保浩
 「真っ赤な花を黒髪に」作詞 佐伯孝夫 作曲編曲 吉田正 歌 久保浩

 1965年に発売されましたシングル盤レコードです。

 A面は「恋物語」という曲です。青春歌謡曲とムード歌謡曲が一緒になったような曲です。吉田正さんらしいかな。久保浩さんのお声が少し高めなんですが、私は良い曲だと思います。まずまず。

 B面は「真っ赤な花を黒髪に」という曲です。こちらは青春歌謡曲としてまずますかと。歌詞の部分に引っ掛かるところもありましたが、曲自体は久保浩さんらしいです。

 ジャケットは、髪型がいかにも当時の雰囲気ですね。背景のデザインはイマイチかな。ま、当時の事ゆえ多くは望んじゃいけないかなぁ。

イメージ 1

 「君のかおりに酔わされて」作詞 中村麻智子 作曲 平尾昌晃 編曲 高田弘 歌 加納竜
 「私のたからもの」作詞 中村麻智子 作曲 平尾昌晃 編曲 高田弘 歌 加納竜

 加納竜さんのシングル盤レコードです。

 A面は「君のかおりに酔わされて」という曲です。加納竜さんという歌手に関しては、私はあまり印象にないのでありますが、愛と誠あたりがちょっと記憶にあるかなぁ。

 一応男性アイドルに入るのでしょう。この曲は歌謡曲っぽくて、今聴いても悪くはないですね。あまりアイドルっぽくない感じがしました。

 B面は「私のたからもの」という曲です。悪くはないけど、こちらは平凡かな。この人は声がいいですね。

 ジャケットは、私は男だからなぁ。こういうのはいいんだかどうなんだか(笑)。

イメージ 1

 「知床旅情」作詞作曲 森繁久弥 編曲 竹村次郎 歌 加藤登紀子
 「西武門哀歌」作詞作曲 川田松夫 編曲 竹村次郎 歌 加藤登紀子

 加藤登紀子さんのシングル盤レコードです。

 A面は「知床旅情」という曲です。本家の森繁久弥さんが1960年代に出されたものよりもヒットしました。とても聴きやすいと思います。こちらは若い人が知床を訪れた雰囲気ですかねぇ。

 B面は「西武門哀歌」という曲です。加藤登紀子さんらしいフォークなんですが、フォークにしては珍しい不倫が題材になっています。こうなりますと、不倫の雰囲気というものが何か違った感じに聴こえてきますから不思議です。まずまず。

 ジャケットは、白い画面にポツリと加藤登紀子さんの小さいお姿を配置しています。こういう作りは私は好きでないのでありますが、どうなんでしょうか。ひと目、白っぽ過ぎるという事なんですがねぇ。

イメージ 1

 「酒と泪と男と女」作詞作曲 河島英五 編曲 宮本光雄 歌 河島英五とホモ・サピエンス
 「てんびんばかり」作詞作曲 河島英五 編曲 宮本光雄 歌 河島英五とホモ・サピエンス

 1975年に発売されましたシングル盤レコードです。

 A面は「酒と泪と男と女」という曲です。今でも結構語り継がれている曲であります。私はお酒は飲みませんから、どうも好きになれない歌なんですけど、全体の感じは何となく分かるような気がします。そもそも、お酒を美化している歌は、私は嫌いなので、これは仕方ないですね。

 ただし、お酒が好きで、この歌の歌詞がよーく分かるような人には、とても良い曲なのかもしれません。

 という事で、私は感想を書く事が出来ないという事で(笑)。

 B面は「てんびんばかり」という曲です。歌詞が長いし理屈っぽいです(笑)。私はそんなところが好きですけど。呟くように歌われていて存在感があります。迫力もあるかなぁ。たぶん河島英五さんの本質はこちらなんだろうと感じる歌なんですが、どうなんだろう。

 ジャケットは、わざとモノクロで河島英五さんのお顔もこのような角度で撮られた写真を使ったのでしょう。いいんだか悪いんだか、どうも分からないなぁ。ひと目では、何だろうというジャケットですけど。

イメージ 1

 「ささやかなこの人生」作詞作曲 伊勢正三 編曲 瀬尾一三 歌 風
 「時には」作詞作曲 大久保一久 編曲 瀬尾一三 歌 風

 1976年に発売されましたシングル盤レコードです。

 A面は「ささやかなこの人生」という曲です。すんなりと耳に入ってきてフォークとしていいのでは。曲が終わりそうで続いているという感じ。歌詞もいい。メンバーの伊勢正三さんが作詞作曲。

 B面は「時には」という曲です。こちらはもう1人のメンバーの大久保一久さんの作詞作曲。いかにもフォークっぽい曲で初めて聴いたけど悪くはないですね。

 ジャケットは、これはどうもなぁ。銀色系統の色使いはどうなんだろう。ささやかなというタイトルなんだから、もっと地味な方が似合うと思うのだが。銀色という色は使い方が難しいと思うのね。いぶし銀という言い方もあるから。

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事