ここから本文です

書庫全体表示

悲櫻館事件 2

《 2 》
新宿駅のホームに上がると、僕はかるくため息をついた。
ハア…結局、ここまで来ちゃったけど……一体、星子さんは誰を誘ったんだろう?
隠れ家温泉ならホントはボインのナンシーとかリツコじょ……いやいやいや;
それはむしろカンベンしてくれってハナシだし、そうなると、あとはどうせ春ちゃんかマサル君あたりだろ?

全くもって気は向かないけど……だけど、別れ際、星子さんが言ってたんだ。
「ここね、私もすっごく行ってみたいって思ってたところなの。宙太さんが行ってみて良かったら、今度は私も行ってみたいな……。」
って、これはどう考えても「次は二人で♡」っていうコトだよな、うん!
「連れてって」って言えないあたりが素直じゃないけど、そんなところも可愛いんだから僕も大概だ。

肩をすくめて自分の座席に向かった僕は、指定された隣の席で駅弁をかきこむ男の姿に思わずうっと立ちすくんだ。

「なっ……!なんでおまえがここにいるんだよ!ゲンジロウ!」
「なんや、相手っておまえやったんか。……そら星子チャンからもろたチケット、ムダにできへんやろ?」
「それにしたって……よりによっておまえかよ!」
「……うるさいわ!ワイだって相手がお前だと知ってたら来んかったわ!」
「〜〜〜〜〜……オレ、やっぱ帰る。」
くるりと踵を返したとき、デッキの方でプシューとドアの閉まる音がして、ガタンと列車は動き出した。

……くっそ。間に合わなかったか。
仕方ない……。まあ、今回はあくまでハニィとスイートなひとときを過ごすための下見なんだ。ゲンジロウの事なんて知るもんか。

ドスンとシートに座ると、僕は仏頂面でイヤホンを両耳に突っ込んだのだった。

(続きます)

この記事に

  • もう2話目もアップされてたんですね!
    うれひー
    宙太さんハニィちゃんとの旅を夢見て下見がんばって!
    応援してます😁

    [ swe**stop3* ]

    2018/4/5(木) 午後 10:07

    返信する
  • > swe**stop3*さん
    ふふふ🌸 今回は(😅)途中まで書けてるのでそこまではサクサクいけると思います〜っていいながらプロット確認してみたら書けてるので全体の1/3位な気がする…💦
    頑張ります!

    [ すぴか ]

    2018/4/6(金) 午前 9:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事