全体表示

[ リスト ]

2017年3月19日(日) am10:00〜 pm13:30〜
田中式脈診法 
「六部定位からの奇経療法」
「脈診による五作用の使用方法」
講師:田中 信孝先生

この度も先に行われた、東京での脈診講習会と同じく大阪にて開催となりました。
冒頭にて解説が有り・・・奇経八脈とは、督脈・任脈・陰蹻脈、陽蹻脈、陰維脈、陽維脈、衝脈、帯脈の事を言う・・・
「難経」:二十九難にてそれぞれの病症の記載が見られると有りました。
奇経の働きについて、古人は、正経を通常の河川に、奇経を臨時の水脈に例えて認識していた。すなわち、十二経脈を流れる気血がさかんになりすぎ溢れそうなとき、奇経が余分な気血を引き入れるものと考えたと有ります・・・
うううん・・・むずかしい・・・

講習会自体は実技講習となり、田中先生が脈を取られたり徒手検査での細かい部分に至るところを説明されていました。

イメージ 1

田中先生がお一人お一人の脈を取られています。

イメージ 2

ご参加の先生方皆様も各自脈を取り確認をされておられました。

イメージ 3


イメージ 4

コンパクトなスパイラルミニを使用した通電療法!!
 とても持ち歩き便利な軽量コンパクト設計!!

イメージ 5

スパイラルミニの通電を体験された数名の方が、
即変化した事に驚かれていました。

イメージ 6


※申し訳ありませんが、ここには載せきれない豊富な内容の為
・・・ここまで!

時間も延長致しましたが、とても良い講習会でした。
皆様お疲れ様でした。

脈診講習会も残すところ、(7・8)(9・10)回で終了となります。是非とも皆様最後までご参加宜しくお願い致します。

3月最後の講習会は、石川県での北信越講習会となります。
皆様ご参加のほど宜しくお願い致します。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事