全体表示

[ リスト ]

 2017年5月21日(日)  東京講習会
          講師:田中信孝先生  会場:機械振興会館

 田中式脈診法10回コースも最終です。
今回は、第9回「水毒瘀血の判定と処置法」と第10回「食前療法」についてスライドによる講義と実技指導が行われ皆様、今回も集中して習得されておられました。

田中式による水毒・瘀血は、反応部位として右心房部、水毒は右第4肋骨、瘀血は左第5肋骨に求め、水毒・瘀血として現れている浮腫を軽減する事ができ、科学的数値において立証し、東洋医学的理論だけでなく、再現性のある科学として証明している。
  イメージ 1   イメージ 2

食物が持つ六味を食べる事により、生体に大きな影響をもたらす。これは、鍼やテープ処置のように皮膚に刺激を与え、脳をコントロールする事で痛みや内臓を調整するのではなく、漢方薬を服用するのと同様の作用が得られる。
その作用を応用した食前療法は、脈診(六部定位)によって判定された結果で六味の選択ができる。
食前療法は、調整すべき味を六味の中から一つ判定、その判定を法則性によって行う。
  イメージ 3   イメージ 4

 無事に「田中式脈診法」10回コースが終了、修了証書の授与を行いました。

イメージ 5

ご受講頂きました先生方、有難うございました。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事