全体表示

[ リスト ]

スパイラルテーピング講習会(福岡)
2018年1月7日(日)
★福岡センタービル
「からだの基準の法則と局所との関係」
★講師 田中信孝先生

明けましておめでとうございます。
本年度も皆様宜しくお願い致します。
今年、初めの講習会を福岡県博多にて開催致しました。

さて、本題!
スパイラルテーピング療法は法則性の基に成り立ち、人間の体も同様に法則があります。
今回は上肢・下肢・体幹の部位別に局所との関係で判定法・処置法をスライド解説と実技指導にて開催致しました。

※肩関節の可動域変化で、上腕二頭筋長頭・短頭の分岐点にエクセルAを貼付の様子。
イメージ 1

※テープ貼付後、肩・腕に変化が大きく見られました。
イメージ 2

※膝関節検査法をご指導中!【前・後十字靱帯】に対して症状の確認。
イメージ 3

今時期、季節がら膝を痛める方々が多いと思います。
この度の内容も常日頃の治療の場でご活用がすぐにご活用頂ける事と思います。
皆様、是非ともご活用下さいませ。

次回の福岡講習会が日程決定次第、皆様にご案内致しますので、ご参加の程お待ちしております。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事