ここから本文です
富山の焼酎好きです
 「万里一空 琴奨菊」は、「まゆり」などを造っている福岡の柳川にある日野酒造の地元出身の琴奨菊関が大関昇進した際に造った芋焼酎です。黒麹で仕込まれていますが。それ以上の情報は不明です。

イメージ 1

開封:癖の無い軽快な香りです。優しい甘さがイメージされました。

生:ややフルーティーな味わいを感じ、するすると入っていきます。飲み易い。^^v

ロック:より飲み易さがまし、心地よい甘露な味わいを楽しめます。

お湯割り:飲み飽きのしない味わいを楽しめますが、ふくらみを思ったよりも感じないような・・・イメージ。

 お奨めは、ロックか水割りだと思います。^^v

以上

この記事に

 「伊佐大泉」は、北薩にある伊佐地区の大山酒造合資の蔵唯一の銘柄です。黄金千貫を用い、白麹で仕込まれ、常圧蒸留で仕上げられています。昔は、原料の芋は白豊だったと思っていましたが。
 久しぶりに店頭で買って飲みました。原点回帰・・・・と言う感じです。^^

イメージ 1

開封:芳醇でふくよかな香りです。甘露な味わいがイメージされます。

生:蒸かした芋をすりつぶして水に混ぜたイメージです。すっきりとしたキレのある味わいは一緒かも。^^

ロック:芋の飴をしゃぶっているかの様な味わいを感じます。淡麗なイメージですが、甘みを感じさせてくれます。

お湯割り:飲み飽きのしない味わい・・・これなら、ダレヤメにも最適かも。^^

 ロックも美味しいですが、飲み飽きのしないお湯割りもお奨めです。
2000円でお釣りがくる・・・・良い銘柄です。^^

以上


この記事に

 「千鶴 ワイン酵母仕込み」は、「千鶴」などを造っている神酒造の限定商品です。黄金千貫を用い、白麹で仕込み、ワイン酵母を使用し、常圧蒸留で仕上げられています。アルコール度数は、25度です。

イメージ 1

開封:ワイン酵母を使用したせいか、紫芋で仕込んだような香りです。でも、紫芋よりも軽い香りです。

生:すっきりとした飲み口で優しい甘さです。

ロック:より軽快な甘さが増してきます。特に、氷が溶け出してから、心地よい甘さになります。^^

お湯割り:飲み飽きのしない味わいを感じます。

 ワイン酵母によるフルーティーな味わいと芋の風味が上手く奏でられれています。

以上

この記事に

 「なかむら」は、「玉露」などを造っている中村酒造場の原料の芋や麹米にも拘った芋焼酎です。白麹で仕込まれ、常圧蒸留で仕上げられています。ある面、この銘柄はこの蔵のフラッグシップ的銘柄です。

イメージ 1

開封:穏やかで癖の無い香りです。前に外呑みした時とちょっとイメージが違うような気もしますが、こんな感じだったかも。

生:やや伸びの無い平坦さを感じます。生では活きないのかも。^^

ロック:力強い・・・・キリリとした味わいが出てきました。幾分、辛口?

お湯割り:生よりも伸びのある味わいが出てきました。かつ、薄まっても味わいが損なわれません。

 薄まっても損なわれない味わい・・・・いい造りの証拠でしょうねぇ。^^v

以上

この記事に

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

年末は、外呑みが多くて・・・・

中々アップできませんでしたが・・・

今年は、週に一度はアップしていきたいと思います。

今、宮崎の20度焼酎でゆるゆると飲んでいます。

イメージ 1

この2銘柄・・・・

ぼちぼち、在庫が切れかけています。(笑

以上

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事