ここから本文です
富山の焼酎好きです

書庫全体表示

記事検索
検索

全434ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 「あくがれ黄麹18°」は、「あくがれ」などを造っているあくがれ蒸留所の麦麹、&麦、米、粟、稗、黍、大豆を使用し、黄麹を用いた複数の穀物を使用したものを9年間熟成させた焼酎です。アルコール度数は、18°に設定されています。

イメージ 1

開封:華やかな香りです。黄麹なので吟醸香を感じると思っていましたが、それ以上の香りを感じます。何の香りでしょうか??

生:香りから想像した以上に飲み易い味わいです。熟成によって軽やかさが出ているようです。

ロック:より軽快さが出て杯が進みます。^^v

 女性や初心者にお奨めの銘柄だと思いますが、どの原料の味が出ているのでしょうか??

以上

 「鬼っち」は、「豊の国」などを造っている日田の薫長酒造のロックで飲む事を前提で造られた麦焼酎です。麦&麦麹でアルコール度数は17度に設定されています。
 伝説のバンド「サンハウス」のドラマーの鬼平さんプロデュースの麦焼酎です。

イメージ 1

開封:吟醸香よりもアルコール臭を感じます。きっと高濃度のアルコールのせいかと思われます。

生:香りに比べてわりとまろやかな味わいです。後口に麦を感じます。^^

ロック:ドライな味わいが出てきました。でも、麦の風味が薄まっている気もします。

 ウォッカの薄いイメージです。カクテルとして使うのもいいアイディアだと思います。^^

以上

 「Little Kiss」は、「七窪」などを造っている鹿児島の東酒造の紅茶を利用したリキュールです。鹿児島県徳之島産べにふうき紅茶茶葉を、米焼酎と黒酒(灰持酒)に漬け込んでいます。アルコール度数は、14度に調整されています。昨年の10月に販売されています。

イメージ 1

開封:紅茶の香りが一気に部屋中に広がります。そして、コップに注ぐと紅茶の色の液体が出てきました。^^

生:紅茶の味わいです。ロックか、牛乳で割ると美味しそうです。紅茶の渋みの中に黒酒の甘さが、絶妙のハーモニーを奏でています。^^

ロック:甘みよりも、紅茶の渋みが主張してきました。これはこれで美味しいです。^^v

牛乳割り:おおっ、ミルクティーの味わいが。(笑

 何かのイベントで出せば、受けそうです。^^

以上

 「山ねこ 黄金まさり」は、「㐂六」などを造っている黒木本店の尾鈴山蒸留で栽培された「黄金まさり」を使用し、麹米に「ヒノヒカリ」を使用し、白麹を使用し、常圧蒸留で仕込まれたものに2から3年寝かせた原酒をブレンドしたものです。

イメージ 1

開封:柑橘系を連想させる軽快な香り。ロックが美味しそうです。^^

生:ソフトな口当たりは、優しい味わいに結びついています。軽やかな味わいも楽しめます。^^

ロック:ライトな甘みが前面に出てきました。いい感じです。^^

お湯割り:飲み飽きのしない味わいを楽しめる様な味わいに変化しました。これなら、何杯でも飲めそうです。^^

 飲み心地のいい味わいが特徴的です。^^v

以上

 「夢鹿」は、「銀座のすずめ」などを造っている大分の八鹿酒造の大分県オリジナルの麦である「トヨノホシ」を100%使用した全麹仕込みの麦焼酎です。

イメージ 1

開封:微かに吟醸香を感じる香りです。麦のリキュールに近い香りも感じます。

生:まろやかで清涼感のある味わいです。焼酎と言うよりも、麦の日本酒と言う感じです。面白い味わいです。

ロック:優しい甘さが出てきました。癖の無い味わいが心地よく身体に染み込んでいきます。^^

お湯割り:飲み飽きのしない優しい味わいが、より出てきました。杯が進みます。

 まろやかな味わいが特徴的です。^^

以上

全434ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事