ここから本文です

書庫全体表示

タイトルが…。

 サンダーバードの流れで。

 リブート版、邦題は「サンダーバード ARE GO」になってます。オリジナル版の邦題は「サンダーバード」。もともとはモチロン、「Thundebirds are go」ですね。

 なんで「サンダーバーズ」じゃなくて「サンダーバード」にしちゃって、その上「ARE GO」だけ英語なんでしょう??…それだったらオリジナル版のように「サンダーバード」で構わないようなします。実際、今も昔も「サンダーバード」で通じてるし(^_^;

 カタカナ英語交じり文でなお且つ単数形にしちゃってる「サンダーバード ARE GO」ってなんか不自然な感じがしちゃいますねぇ。…そう思うのはオレダケ??

 劇中のセリフも「サンダーバード、アー、ゴー」になっててなんか不自然。「サンダーバーズ、アー、ゴー」の方が響きは良いように思うのですが…。


 結論として「サンダーバード」、もしくは「サンダーバーズ アー ゴー」って邦題の方がいいと思います!…まあ、あくまでも個人的な戯れ言ですんで気にしないでください( ̄▽ ̄)


 因みにGoogleで。

「サンダーバー」を検索したら
サンダーバード (テレビ番組) - Wikipedia」、
「サンダーバー」を検索したら
サンダーバーズ - Wikipedia」←USAFのサンダーバーズがそれぞれトップに出てきました。

 さらに
「Thunderbid」を検索したら
「無料メールソフト Thunderbird - Mozilla Japan」
「Thunderbirds」を検索したら
「サンダーバード」←オリジナル版のオフィシャルサイト
がトップに出現。


 なんかややこしいな。



 …そうそう、そんなこととは別に、タイトルの文法・構文的なことは昔から話題になりますね。

リブート版を娘と見てて、ホントは「Thunderbrds are going!」とか「Thunderbirds go!」じゃないの??って話にやっぱりなりました。

 goは動詞じゃなくて形容詞としての用法で、「準備完了」、「異常なし」って意味だから、「サンダーバードレスキューメカニックシステム、準備完了!」ってことなんでしょうな。


 でわっ…(`・ω・´)ゞ



  • 顔アイコン

    英語教育を進める割には世のなかに和製英語が溢れてどんどん広まっていきます。文法的にへんなもの(アイドリングストップなど)や最初にあるアクセントを消して平坦に発音する(日本語でも同様なイントネーションが主流になりつつある)のも大いに問題ありだと思います。

    たんくたんくろう

    2015/9/5(土) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > たんくたんくろうさん
    邦題つけるときにどうするか色々と考えたんでしょうねぇ。結果的になんかピンとこない形になってるのが惜しい気が…。和製英語については日本語の一種って考えるしかないんでしょう。通じればOK、っていうのが言葉の基本でもありますしねぇ(^_^;

    [ Spitfire Mk.24 ]

    2015/9/6(日) 午前 8:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事