ここから本文です

書庫全体表示

ちょっと思った……。

ょっと思った事を書きます。一昨日友人と飲んでて話していた事の一部です。よっぱらいの話でメンドクサイからスルーしてもぜんぜんOKです。……日本語がヘンだな(^_^;


育行政は行政の中でも目に見える成果や結果が現れない、現れにくい部署。そりゃそうだ、教育って言うのは、例えて言うならちょっと先の将来への投資なんだから、結果が今は出ないのが当たり前。

ころが結果が見えないと仕事の評価がされない。そこで何をするかというと、子供を育てる条件を整えるという本質を忘れ(もしくは敢えて忘れたふりをして。その方が楽だから)、現場を管理する事自体を目的化する。

れは誰の目から見ても何してるのかが分かるから、やりやすい。それに、敢えて言うならやってると楽しいんだよねぇ、管理って。

理した結果、上手くいかなかったら現場のせい、上手くいったら管理した人の成果。そして、ほとんどの場合上手くいかない(ように見える)。最初に書いたとおり結果は今は出ないのだから。で、現場が悪い!ってなるわけだ。

ントに危機的な状況に現場を陥らせるのは、この中身のない目的化した管理だと思う。30年教師をやっていて、何か事件事故が起こった時にこの中身のない目的化した管理が顕在化したら、更にシャレにならないくらいにヤバくなった、ってことを幾つも見てきているんだよなあ……。

ゃあ、現場の教師は正しい判断ができているのかというと、そうでも無いのが悲しいところで。

近は、どうも目に見えるところでの成果を求めて、そのことに汲々としている部分がある。成果を出せ、数値目標を出せ、ということを若い頃から言われている教師がもう10年選手なる。

ういわれてるからそう思って真面目に頑張る。でもそんなことが上手くいくわけがない。しつこいようだがすぐに成果が出る事とそうじゃナイことがあるのだから。そうしたら自分で考えて頑張るよりも、言われた事をソノトオリやっているほうがいい、と自然になって行く。

末が悪いことに、結構な経験者でもそんなふうになってしまうことが珍しくないような気もする。人間ってどうしても楽な方に流れるんだよねぇ。しかもその方が管理しやすくなるのだから、現場も行政も両方OK!なわけだ。……で、置いておかれるのは子供と保護者、って構図になっていく。

うじゃ無い場合もたくさんあるんだけど、自分の頭で考えないことの怖さって言うのを最近よく感じるんだなあ……。真面目な人ほど挫折したときのショックは大きいが、困ったことに教師って真面目な人が圧倒的に多いから、挫折すると立ち直りが難しかったりする。そして、基本的に人の言う事を素直に聞く。

場はそんな状況に陥っている。……それじゃあ、例えば労働組合が頑張ればいいのにと。ところが本質を外したところで政治的な活動は一生懸命やってる。選挙がどうとか、政権与党がどうとか。そんなことばっかり。

んなもん、誰も支持しないよなあ。大事じゃないとは言わない。大事だ。でも本質を外した活動をしてるから組合離れが加速して、より一層個人が悩む状態も加速していく……。

あ、こんなこと書いている自分が絶対正しいなんてこれっぽっちも思っていないが、つらつらと考えてみました。外から見てるとみえにくいし、見えたとしても違う見え方になってしまっているところで、教育の現場ってかなりメンドくさい事になっているのですよ、うん。

この記事に

  • いろいろとありますね。人の成長や心の変化を数値化しようというところに無理かある。もっと大きな見方や考え方をして欲しいと思う時があります。現場もいろいろな人がいるので、それを整理する人がいないと大変ですね。

    [ dag*_*77 ]

    2018/8/6(月) 午前 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    > dag*_*77さん
    現場はすぐに上のせいにしますが、仕事の性質上ついて回る、自らの裁量の大きさと意味を勘違いし甘えてきた教師の側の責任もかなり大きいと思います。同じ教師としてもムカつくヤツは普通にいますからね。ムズカシイ世の中ですなあ……(=_=)

    [ Spitfire Mk.24 ]

    2018/8/7(火) 午前 5:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事