ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

NHK NEWS WEB より

重いランドセル 文科省が“置き勉”認めるよう全国に通知へ
2018年9月3日 5時14分

各地の学校で新学期が始まる中、文部科学省は子どもたちのランドセルなどが重すぎるという意見を踏まえて、宿題で使わない教科書などは教室に置いて帰ることを認めるよう、全国の教育委員会に対して求める方針です。

小中学校では教える量の増加で教科書が分厚くなり、教材も増える一方、原則それらを自宅に持ち帰るよう指導しているところも少なくありません。

そのため、ランドセルなどの荷物は重量が増し、腰痛となる子どもたちも出始めるなど、対策を求める声が上がっていました。

文部科学省は全国の教育委員会などに、従来の学校の対応を見直すよう近く通知する方針です。具体的には、家庭学習で使用しない教科書や、リコーダーや書道の道具などについては、施錠ができる教室の机やロッカーに置いて帰ることを認めるよう求めています。

また、学校で栽培したアサガオなどを持ち帰らせる場合は、保護者が学校に取りに来ることを認めるとしています。

文部科学省は「子どもたちの発達の状況や通学の負担などを考慮し、それぞれの学校でアイデアを出し合って対応してほしい」と話しています。

「苦役のような通学は見直すべき」
子どもたちのランドセルの重さについて、大正大学の白土健教授が去年、小学1年から3年までの合わせて20人の児童を調査した結果、平均の重量は7.7キロでした。

小学1年生の平均体重はおよそ21キロですが、なかには体重の半分近い9.7キロのものもあったということです。

白土教授は「体重の20%から30%の荷物を長時間持つと健康に悪影響があるという話もある。子どもが毎日小学校に苦役のように通うことは見直すべきだ」と話しています。



近話題になっていますねぇ、子供のもつ通学時の荷物の重さ。文科省が通知を出す事態。まあ、確かに重いです。少なくともワタクシはあんなモノ担いで歩きたくないですね。

んなね、勉強道具なんて全部学校に置いておけばいいのですよ。そうしたら荷物も軽くなるし忘れ物もなくなるしでイイことずくめ。何が悪いのかがワカラナイ。

みに勤務校では、一昨年くらいに話題になり、ほとんどのモノを置かせるようにしました。持って帰らせてるのは5教科の教科書とノートぐらいです。必要だと思うものがあったら持って帰ればいいわけで。

理の問題がある場合、イタズラされるとか、無くすとかですね。その心配があるなら、そんなもん、教師が管理すればいいだけのことです。なんてことありません。経験上、よほど荒れているとかいじめが常態化してるとかでない限り、それほどの手間ではありません。

室が狭くて置き場所がない、というのは勤務校でも同じです。教科書や資料集などの大きなモノは箱を用意して分類して入れさせています。例えば、一つの箱には全員の技術の教科書が入っている、って具合です。そのほかファイルボックスを棚にギッチリ入れて個人のモノを入れさせています。リコーダーはこれまた箱に入れて一括しておいてあります。一人分をひとまとめにしようとするから場所が多く必要になるんですよ。

って帰らせないと家で勉強しない、ということを言う向きもあります。……しかしヤル気がないのに持って帰らせてもマッタク意味はアリマセン。ソウイウ子供はどうせやらないんですから。自分のことなんだから自分で考えてやらせればいいんです。そのくらいのことは本人と保護者で責任を持つことだと思います。置いていっていいよと言ってるだけで、持って帰るな、とは誰も言っていないんですから。

て、最終的な解決法は簡単な話です。必要なモノは2組あればいいんです。学校に置いておくのと、家に置いておくのと。両方に教科書置いておけばいいだけのこと。もしくはタブレットとかICTの利用と教科書の電子化ですね。クラウドに教科書のデータを置いて使う時だけアクセスすればいいだけのこと。これだと紙代もかかりませんしね。

人的に何が気に入らないってそれぞれの学校で工夫して欲しいとか言っている、金かけずに解決しようって言う文科省の態度。そもそも、教科書をデカく厚くしたり、上下に分かれていたのを通年1冊にしたとか、その張本人は文科省でっせ!なんというかねぇ、頭悪いなあ……。

はこの問題って、視点を変えるというか、大きく見ると、教育条件の整備の問題なんですよ。子供達が使う教材をモノとしてどう整備するかという課題と不可分なんですね。クソ重たいモノにする必要とか合理性があるのか、もしかしたらもっとお金もかけずにすむいい方法があるんじゃないのか、と考えるべきです。でも現場も保守的というか頑固なんだよなあ……。

、タイトルに戻ります。「置き勉」って言葉がキモチワルくてイヤです。本来おいておくべきではない勉強道具をこっそり置いておく、という語感がしてしまいます(ワタクシだけかな?)。それに、なんかウ○コが置いてあるみたいにも聞こえるし。この課題について言うなら、あんまり一般化して欲しくない用語ですねぇ……。コレはどうでもいいんですが(^_^;

開くトラックバック(0)

風21号、夜中から明け方にかけて北海道に最接近するようです。今のところは警報が出ていつつも穏やかな感じですが、どうなることか。

り道のあちこちで被害が出てますねぇ。ニュースで見たら関空なんか滑走路が1本水没して連絡橋にタンカーがぶつかって破壊されて、もう完全に封鎖状態。京都駅では壊れたガラスが上から降ってくるとか、どこかではトラックが横転してるとか、まあかなりの惨状です……。

れからどうなるのかな??

りあえず、いつもは庭先に停めてある車を2台ともちゃんと車庫に入れて、その辺に置いてあった花を玄関に入れました。停電したら困るので灯りとラジオの準備をして、スマホと予備バッテリーも満タンにしました。
イメージ 1

憂に終わるのが一番いいんですけどねぇ。

いつもの雑誌……。

月買っているモデルアートとモデルカーズ。いつもは発売日にすぐ買うのですが……。

イメージ 1


は先月号が家の中のどこを探しても無くて、これは買い忘れていたかな、バックナンバーも今月号と一緒に買おうかな、でも読んだ記憶は有るような無いような??などと思っていて買うのを先延ばしにしてました。

ころが、昨日の朝、ちゃんと買ってあったのを発見!…机の横の工具棚の上に、しっかりとよく見える状態で置いてありました。

や、一体どこを見てたんだオレ(´・ω・`)
ということで、安心して最新号を買ってきた次第です。

レは老化現象ですね、完全に。ナサケナイ。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事