Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

【9月30日追記】
コメント欄でドイツの安楽死合法化に関する日本の報道は不正確であると教えていただき、
教えていただいた英語情報を確認したうえで、
以下の「ドイツは6月に安楽死を合法化」のリンク先の記事は非公開としました。

         −−−−−−−

今回のガイドラインを受け、
BBCが世界の自殺幇助合法化議論の概要をまとめている。

その冒頭にグラフが2つ。
その1つに、たまげる。

スイスのDignitasで自殺した英国人が110人を超えただけでも衝撃的な事実なのに、
この1998年から2008年までの国籍別自殺者数のグラフで図抜けているのは
その英国人ではなく、なんとドイツ人で、
2008年時点ですでに500人を超えている。

この記事が「過去1年間に自殺幇助を認めた国や州が3つ増えた」と書いているのは
米国ワシントン州、モンタナ州、そしてルクセンブルクのことだと思われます。

また記事によると、2002年に合法化した人口1700万のオランダでは
年間2300人が幇助を受けて自殺しているとのこと。
ただし、耐え難い痛みがあることと回復の見込みがないことを条件とし、
このような経験のある医師を含めた2人の医師の判断が必要。

うつ病患者の場合の判断がよく問題になる、とのこと。

また、そのオランダからも、この11年間に
800人以上がDignitasで自殺しているものと推測される。

Assisted suicide: Debate around the world
The BBC, September 23, 2009


また、BBCはこの記事と平行して
「アジアの自殺幇助に対する姿勢」として
中国の全身麻痺の男性を取材した記事を書いている。

男性が
自分としてはこんな状態で生きていたくないし安楽死を望んでいるのだけど、
中国では死について話すことそのものがタブーだし、
世間体や面子を考えるから誰も家族を死なせるなんてできないのだと語るのを、

このような重い障害を持った男性に生きることを強制する
アジアの文化の非情……といったトーンで書いている。

Asia’s attitude to assisted suicide
The BBC, September 23, 2009


まぁ、BBCといえば、英国のメジャーなメディアの中でも
飛びぬけて科学とテクノのニュースが好きなところだし、

アルツハイマー病の作家へのインタビューでも
インタビュアーがものすごく積極的に誘導していましたが、

中国で、こういう主張をする男性障害者を一人探し出してきてインタビューして
それで「アジアの姿勢」とタイトルを打つというのも、いかがなものか。


また、同じく今朝拾ったニュースで
米国ニューハンプシャー州の下院議会の法務委員会が
自殺幇助合法化法案の提出の検討に入った、とのこと。




この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

この前はコメントしっぱなしですみませんでした。
ドイツで安楽死合法化の件ですが,産経ニュースの記事は不正確です。

実際に成立した法律は患者の事前指示に法的拘束力を認めるものです。
したがって,リビングウィルで治療中止の希望が表明されていた場合にそれを尊重しなければならないという点においては,消極的安楽死(尊厳死)を許容する法律と言えなくもありませんが,積極的致死行為について刑事責任を問わないというものと全然違います(安楽死合法化って後者の場合を指す言葉ですよね。産経の記事は安楽死と尊厳死を区別しているので両者を混同しているとも思えないのですが)。

ドイツ語わからないので英語ソースです。
http://www.dw-world.de/dw/article/0,,4406162,00.html 削除

2009/9/29(火) 午後 10:44 [ nini ] 返信する

顔アイコン

niniさん、その節にはお世話様になりました。また、今回も実にワンダフルな助け舟をありがとうございます。いただいた英語ソース読みました。びっくりです。これでは、産経の記事はいくらなんでもトンデモ過ぎる。あの記事は、Dignitasを「慈善団体」と書くなど、どうも妙だとは思ったのですが、まさか、そこまでとは……。お蔭様で生地を訂正することが出来ました。ありがとうございました。

それにしても、この前の臓器移植法改正議論の際に柳田邦夫さんが週刊誌で「日本のマスコミはおかしい」と書いておられましたが、私もこのブログをやりながら、ゼッタイにおかしいと感じています。前に、アエラのこんな記事もありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara/48328549.html

2009/9/30(水) 午前 9:12 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

niniさん、安楽死と尊厳死、それから自殺幇助という言葉も、どこの国のメディアでもかなりいいかげんに使われて、議論がぐずぐずになる要因になっていますよね。オレゴン州とワシントン州で医師による自殺幇助を合法化した法律が「尊厳死法」と呼ばれていることからすると、少なくとも米国では尊厳死とは医師による幇助を受けた自殺であり、消極的安楽死とも積極的安楽死とも別物になっていると思うのですが、でも、この名前自体、対象者をターミナルで耐えがたい苦痛がある人以外に広げるリスクを含んでいると思うし、私は尊厳死という言葉には抵抗があります。英国の議論は、誰によるどういう行為を幇助と呼んでいるのかの線引きがきちんとされないまま自殺幇助が議論されているし……。これらの混乱の中で慈悲殺などという言葉がまた、とても不用意に使われたりもする。

私は基本的には、厳密に区別されているかどうか判然としない場合は、なるべく原文の単語をそのまま使うようにしているのですが、そうすると私のエントリーでも用語の混乱が起きるようなことにもなり……。メディアにはもう少し厳密な言葉の使い方をしてもらいたいものです。

2009/9/30(水) 午前 9:23 [ spi*zi*ar* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事