Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

Nan Maitlandさん(84)は元作業療法士で
英国でthe Society for Old Age Rational Suicide (SOARS)という
(ターミナルであるかどうかに限らず)高齢者の自殺幇助合法化活動団体の創設者。

3月1日にスイスのDignitasで自殺。

長年、関節炎に苦しんではいたが、特に重病があるわけではなかった。
去年10月にはオーストラリアで開かれた「死ぬ権利」の国際会議に出席した。

友人に宛てた手紙には
「多くの人が死ぬ前に不運にも経験する、
時に“長期に渡る衰弱期”とも呼ばれる長い下降期間」を避けたいための決断だ、と説明。

また、
「もう何年か、私の人生には喜びよりも苦痛の方が多く、
これからは月ごとに苦しみが増え喜びが減っていくでしょう。
先にどんな恐ろしいことが待っているか怯えながら
一日一日を暮らさなくてもよくなると思うと、大きな安堵を感じます」

「素晴らしい人生でした。
自分で選んだ時に死ねて幸運です」とも。

スイスでの自殺前夜には5つ星ホテルのレストランで
友人たちと3時間のディナーを楽しみ、最後の日の朝には
運転手つきリムジンで医師の診察を受けに行った。

死に臨んでも冷静で、致死薬を飲む15分前に
ツメがささくれているからといって、
やすりをかけてもらったという。

英国の合法化反対ロビーCare Not Killingは
「現行法を改正すると、家族や介護者や国家のお荷物にならないように自殺しろと
弱者に対してプレッシャーがかかる」。

また反対運動を続けている緩和ケア医のFinlay上院議員は
「これは拡大解釈です。(こんなに拡大していけば)一体どこで止めるんですか?
自殺するのではなく、生き続けたいとか介護してほしいと望む人が
利己的な人だということになってしまう危うさがある」と。

Woman kills herself to avoid old age
The Australian, April 3, 2011


【4月5日追記】
この事件に関するリアクションはこちらに。




閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事