Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

当ブログでも何度か取り上げてきた英国の神経科医Adrian Owen教授が
BBCの番組Panoramaに出演して、

植物状態とされたカナダの患者が、脳スキャンを使ったやりとりで、
意識があり、苦痛を感じてはいないことを告げた、と報告。

重症の脳損傷を受けた患者が
臨床的に意味の通った情報を医師に提供できたのは初めて。

患者はカナダ、オンタリオ州ロンドンの Scott Routleyさん。

「スコットは意識があり、ちゃんと思考することができていると
我々に示すことができました。

何度かスキャンを行ってきましたが、
彼の脳活動のパターンから、我々の質問に意識的に答えていることは明らかです。

スコットは自分が誰でどこにいるか分かっていると思います」

スコットさんは警察車両との衝突事故を起こして、
Owen教授が介入するまで12年以上の間ずっと植物状態だと考えられてきた。

10年以上担当してきた主治医は、
スキャンの結果でそれまでのアセスメントが全部ふっとんだ、と言い、

「典型的な植物状態の患者の状態だったんですよ。
感情は見られないし、目で物をじっと見ることも物の動きを追うこともなかった。
意味のある自発的な動きも見せたことがなかったので、
fMRIを使えば、こうした認知反応を見せることができたなんて
本当に驚き、感動しました」

Owen教授が研究している脳スキャンによるコミュニケーションとは
患者にテニスをしているところと家でくつろいでいるところを頭に描くよう指示して、
それぞれによって脳の血流パターンが異なるため、
片方をYes, もう一方をNoに振り分けて
Yes –Noの質問に答えてもらう、というもの。

Owen教授はこれまでにも
植物状態とされている患者のほぼ5人に1人には意識がある可能性を指摘してきた。

また、もう一人の交通事故の患者 Steven Grahamさんは
2歳の姪っ子Ceiliを知っているかと問われてYes と答えた。
Ceiliが生まれたのはGrahamさんが事故にあって後のことなので
これによって彼が新たな記憶を形成し残すことができることが明らかとなった。

Panoramaチームは1年以上かけて
カナダのthe Brain and Mind InstituteとケンブリッジのAddenbrooke病院で
Owen教授の研究に参加した植物状態と最少意識い状態の患者さんたちを
撮影してきたという。





以下は、これまで当ブログで拾ってきた回復事例。

【米国:リリーさん】
植物状態から回復した女性(2007年の事件)






【米国: 可逆的脳死】
臓器摘出直前に“脳死”診断が覆ったケース(2011/7/25)

【米国: Sam Schmidさん】
アリゾナで、またも“脳死”からの回復例(2011/12/24)

【豪:Gloria Cruzさん】
またも“脳死”からの回復事例(豪)(2011/5/13)


【英国: Steven Thorpeさん】
英国で、またも“脳死”からの回復事例(2012/4/30)

【米: Richard Marshさん】
ロックト・イン症候群からの回復事例(米)(2012/8/9)

閉じる コメント(7)

顔アイコン

日大脳神経外科の片山容一先生が前々からおっしゃっていますが、「意識不明」という語はその名の通り「不明(意識があるかないかわからない。あるとは確認できない)」なのであって、「意識がない」ということとは違うわけです。上記の研究結果から言えることは、植物状態の人の場合、少なくとも「意識のある(それが確認可能な)人」はそのなかにいるということですね。それ以外の人も「意識不明」なだけで、「意識がない」ということが確認、証明できる人はいないわけです。

2012/11/14(水) 午前 9:01 [ kar*_*n28 ]

顔アイコン

うぉぉ……、kar*_*n28さん、おはようございます。まったく、そーーーーーなんですよね。私もアシュリー事件の最初から、重症障害児者の意識について、このブログでずうううううううっとそのことを言ってきたんですけど(TBしました)、「分かっていると証明できない」⇒「分かっていない」というのは科学的なリーズニングではなくて、そこに「分かっていてもいなくても大した違いはない」という偏見による飛躍がある、ということですよね。

片山容一先生というのはDBSの権威でしたよね。前にどこかで立花隆と対談されているのを読んだことがあるんですけど、臨床応用にはやる立花隆に対して、とても慎重に倫理問題を説いておられたのが印象的でした。

2012/11/14(水) 午前 9:59 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

カナダのラスーリ無益な治療訴訟でも、最高裁の審理中に患者の診断が植物状態から最少意識状態に変わったんですけど(Owen教授はこのラスーリさんも診察しています)、英国の女性Mの事件でも介護職の証言で植物状態という診断が覆って最少意識状態とされ、それを元に家族から要望されていた生命維持の停止が却下されました。

そうするとこのMさんの事件を受けて、サヴレスキュとウィルキンソンが「本人は余計に苦痛だし、カネがかかるだけで、植物状態より最少意識状態の方がベターなんてことはない」と言い始めています。誤診のリスクとちゃんと向かい合ったり、セーフガードを検討するのではなく、むしろ線引きを前倒ししようとする……。これもエントリーをTBしました。

2012/11/14(水) 午前 10:07 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

ついでに英国の女性Mさんの事件も、TBしました。

2012/11/14(水) 午前 10:11 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

「施設から外に出かけると、太陽の方に顔を向けて、顔に当たる日差しを楽しんでいるように見える」とか「時にはハミングするような声を出している」人のことを、意識があれば本人には余計に苦痛なだけだとは決めつけられないのではないか、と思うのですが。

2012/11/14(水) 午前 10:33 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

植物状態と思われていた方に、意識があった!という記事を
今までも目にしていましたが、やはり、まだまだきっとあると
確信できて嬉しいですね!^^

意思を表現できる手段がないだけで、心の中にしっかりとした意志もあるのですょね!
ミュウちゃんの先日の記事も、そうですし・・・
お蔭で、息子の表現できないけれど、彼の中の説明できない部分の気持ちを理解できたように思います!
感謝です。ありがとうございます。^^

2012/11/14(水) 午後 7:29 megumi

顔アイコン

megumiさん、こんばんは。本当に嬉しいですね。

障害があって、私たちと同じような表現方法を持たなかったり、もしかしたら私たちと同じような分かり方をしているわけではないかもしれないけど、「その人なりの分かり方で分かっている」ということはあるし、それは障害のある人と直接かかわってきた人なら誰でも知っていることですよね。

某MLで、BSでこのニュースが報じられていて、家族は顔の表情などから意識があると思ってずっと訴えていたのに、医師から一蹴されていた、という内容があった、とのことでした。家族は意識がある、わかっている、と訴えているのに、単なる生理的反応だと相手にしてもらえないという話は日本でもよく耳にしますね。

2012/11/14(水) 午後 9:45 [ spi*zi*ar* ]

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事