Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

オピオイド鎮痛剤の過剰処方の問題については、
以下の記事を始め、いろいろと拾ってきていますが、


続報といってもよい記事が大晦日のWPにありました。



上記10月のエントリーで拾ったProPublicaの記事の主なポイントが
オピオイド鎮痛剤の処方拡大のロビー活動を行ってきたAmerican Pain Foundationの背後に
いかに製薬会社の資金力・影響力が働いているか、という点にあったのに対して、

今回のWP記事のポイントは、
OxyContinの製薬会社Purdueや販売会社などがいかに論文で治験データを隠ぺい・操作し、
FDAの諮問機関にいかにそれら企業と金銭繋がりのある研究者が含まれて、
「オピオイド鎮痛剤の依存リスクは非常に小さい」との通説が形成されていったか、

それによって、いかにガンや急性疼痛から慢性痛への処方拡大が誘導されてきたか、
そして、現在いかに多くの患者が依存に苦しみ、時に命まで落としているか、という点。

ざっと、事実関係を中心に以下に。


連邦政府の統計によると
処方鎮痛剤への依存症は実はコカインやヘロインへの依存患者よりも既に多く、
全米でほとんど200万人。

オピオイド鎮痛剤の処方数は過去20年間で3倍に急増している。

この記事は、その増加を後押ししたのは
a massive effort by pharmaceutical companies to shape medical opinion and practice
(医学的見解と医療実践に手を加えて形成しようとの製薬会社による多大な努力)
だったと書く。

例えば、年間20人が薬物のオーバードースで命を落としていて
一時は人口8万人の地域にピル・ミルが9軒も林立し
昨年は住民一人当たりにつき100回分以上のオピオイド鎮痛剤が処方・販売されたというポーツマスでは
保健師がこの状況を「ファーマゲドン」だ、と。

(「ピル・ミル」とは、カネ儲けのために処方麻薬でショーバイする医師や診療所のこと。
「ピル・ミル訴訟」についてはこちらのエントリーに)

もともと90年代までは
医師らはオピオイド鎮痛剤の処方には慎重で、
ガン患者と急性疼痛の患者以外にはほとんど処方されていなかったが、
少しずつ規制が緩和されていき、

1995年のPerdueによるOxiContin発売で一気に処方が急増。
2000年代に入るとオーバードースや依存症者の報告も急増した。

2003年にNew England Journal of Medicineに発表された論文は
依存リスクを最小限と報告したが、

この論文の主著者はその後
オピオイド鎮痛剤処方のあり方を先頭に立って批判しているとのこと。

また上記を始め、当時の「離脱症状はまれで依存リスクは小さい」との知見形成に影響した論文を
WPが調査したところ、

16の治験のうち、5つはPurdueの資金によるもので、2つはPurdueの職員との共著、
2つはPurdue以外のオピオイド鎮痛剤の製薬会社の資金によるものだった。

発表後、Purdueが離脱症状を否定する根拠として繰り返し使った論文では
離脱症状が疑われるケースを削除したデータがPurdue側から研究者に渡され、
研究者らはPurdueから受け取ったデータを分析しただけだったとか。

その論文では、100人中離脱症状があったのは2名と報告されたが、
内部文書によると11人が起こしていた。

(現在はだいたい50%が依存を起こすと理解されている、と専門家)

FDAが2002年に諮問したパネルでは
10人の外部委員のうち5人がPurdueとの金銭関係がある研究者だった。
そのうちの一人はその後オピオイド鎮痛剤の「宣教師」役を演じた後悔を語って
次のように発言している。

「プライマリーケアの聴衆が……オピオイドを使いやすくなるような説明を創ろうと……」

「主な目的はオピオイドのスティグマを解消することだったので、
我々はしばしばエビデンスはなおざりにして……」

「今では依存症や本人の意図しないオーバードース死が多発し、
ここまで影響が広がってしまって、私のような人間が推進した処方拡大が
部分的にはこうした出来事を引き起こしたと思うと、まったく恐ろしいです」

     −−−−−−

前にも書きましたが、
これまで向精神薬や骨減少症や心臓ステントなどを巡って当ブログが拾ってきたスキャンダルと
まったく同じ構図がここでも繰り返されている――。

読めば読むだけ、それが確認されるばかり――。

例えば、最近の糖尿病治療薬Avandiaのスキャンダルでは
製薬会社資金での治験が増えて論文の治験データの信憑性が揺らぎ
医学研究そのものが崩壊の危機に瀕している、と
New England Journal of Medicine の編集長自らが認めている ↓



【追記】
今日のNYTにも OxiContin関連のニュースあり、
近くOxiContin と Opana のジェネリック薬が発売されるにあたり、
濫用防止のため砕きにくく溶けにくくするなど錠剤の工夫を求められてきたPurdueなどが
同様の工夫が十分でないと主張してジェネリックの発売を阻止しようとしていたが失敗したらしい。
「儲けのためじゃなく、国民の安全のためだ」と主張していたらしいけれど、
上のWP記事を読んだ後でそれを言われても……。
http://www.nytimes.com/2013/01/02/health/drug-makers-losing-a-bid-to-foil-generic-painkillers.html?_r=0






あと、この問題を一貫して調査し報道しているProPublicaのシリーズの一つがこちら。↓
(ここにも鎮痛剤関連のスキャンダルが出てきています)
ProPublicaが暴く「ビッグ・ファーマのプロモ医師軍団の実態」(2010/11/2)



【米不整脈学会、高血圧学会を巡るスキャンダル関連エントリー】これもGrassley議員の調査で明らかに
学会が関連企業相手にショーバイする米国の医療界(2011/5/11)
1つの病院で141人に無用な心臓ステント、500人に入れた医師も(2011/5/15)

閉じる コメント(10)

オピオイドはいつでもくれそうです(^^)
記事の文意を外しますが、痛みというのは、難しいです。痛み止めを使って分かる「痛かったんだ私」というのもありますし。
よく日本はオピオイドを含む痛み止めを使わなすぎるということをいわれますが、痛みというのは、経験している本人にしか分からないし、その本人も今自分が「痛い」のかどうか分からないということもありますし。痛みと言われてどんな「種類の」痛みを想像できるかがキーかも知れません。歯医者的な痛みと、整形の神経痛系の痛みは違うように、癌性疼痛も感じ方がちがったり、言葉として表す時に日本語の「痛い」では表さない「痛み」があったりします。癌では本人が痛みを自覚していないのに、痛み止めを使うことではっきりとQOLどころか体調が上がることすらあります。これがすごいです。
多分、オピオイドって、こういったもろもろの不具合から手軽に解放してくれるすごい奴なのではないでしょうか。

無理やりまとめると医療関係者と患者の間で「痛み」の定義が必要なのではないかと思う今日この頃です。

2013/1/5(土) 午後 10:23 [ ]

顔アイコン

当事者の方ならではのコメントをありがとうございます。ここでもまた、患者の体験から学べることってたくさんありそうですね。

緑さんには文意はご理解いただいていると思うのですが、この点で当ブログは誤解を受けやすいので注記しておくと、当ブログが問題にしているのは、オピオイド鎮痛剤そのものの評価や是非ではなく(医学の専門家ではない私はそれを云々する立場にはありません)、背景にあるグローバル経済の構造的な問題なので、ご理解ください。

2013/1/6(日) 午後 5:14 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

今更ですが、お気に入り登録をさせて頂きました。
いつもiphoneから来ているので、PCからくるのにとまどって、検索かけてここを探すという体たらくで・・・。
ありがとうございます。文意は分かっているつもりですというか、オピオイド鎮痛剤そのものの評価について言ってらっしゃらないのがあきらかなので、安心して、外して、書かせて頂きました。
私自身が、痛み止めの恩恵を受けた後で、いかに「痛み」について知らなかったかと痛感しています。

ここの、この記事と、医師達がいう「日本ではアメリカなどのデータと比べて痛み止め(鎮痛)をしなさすぎる」というのを頭のかたすみのどこかでリンクさせておきます。世間の流行に調子に乗って呑まれないように。
ありがとうございます。

2013/1/6(日) 午後 10:54 [ ]

顔アイコン

「ファーマゲドン」のご紹介(があったので、やり取りの続きはこちらに書きます)ありがとうございます。昔、癌に対する医用麻薬の使用は習慣化しないという話を聞いて、そうなのかと思っていたので、ビックリです。

逆の話として、米国などでは、医療用大麻がやっと使われだされたようです。日本では、非合法化されるまで、昔から大麻は薬用に使われてきました。FDAの試験などよりずっと長い、昔からの民間使用の実績があるのに、医薬業界の儲けにつながらないせいか、いまだに日本では薬用として医療業界ではほとんど注目されていません。

「製薬会社や販売会社などがいかに論文で治験データを隠ぺい・操作し、FDAの諮問機関にいかにそれら企業と金銭繋がりのある研究者が含まれて‥リスクは非常に小さいとの通説が形成されていった」というご指摘の通り、他の向精神薬や抗癌剤などなどの医薬品と同じ構造ですね。
そしてこれは足尾鉱毒事件や水俣病、放射性物質による低線量内部被曝などの有害物質の危険性の過小評価や軽視・無視とも、とても似ています。

2013/1/7(月) 午前 1:57 [ @hijijikiki ]

顔アイコン

前に言及していただいた下地(モジモジ)氏の「権力に見合った知性がない」というのは、上述のエントリーのような例では大企業や役所・官僚や研究者やマスコミにも言えることだと思います(知性というより、良心・まともな思考かな)。

というか、一般に「権力や影響力を持っている人間のすることに気をつけろ」という“常識”がなく、与えられた情報を疑うことなく、マスコミを信じてしまうことも、このような事態が繰り返される背景として、大きな要因になっているように感じます。
(この傾向が日本人に特に強いこと、また教育で「日本の高校が注入主義に極端に偏っている」等を、まとめ「日本人は弱い立場の人(フリーライダーや自力で生活できない人)に冷たく、生活保護の捕捉率が低いのか?」に紹介しました。ご参考まで)。

ただ、マスコミや教育の影響も大きいですが、権威や権力を信じて、判断を任せて、自分の判断を放棄してしまうことが、根底にある最大の問題だと思います(『「専門家でもない者が」という風当たり』も、この辺から出てくるのでは)。

2013/1/7(月) 午前 1:59 [ @hijijikiki ]

顔アイコン

緑さん、お気に入り登録ありがとうございます。

こうした問題を取り上げると、文脈を踏まえて読まれなかったり、何かと思いこみから誤解される方が多いので、緑さんには言わずもがなのことを返信を利用して書かせてもらって、失礼しました。

この記事が問題にしているのは基本的にはガン患者さんへの使用ではなく、むしろ腰痛・ひざ痛などへの処方の拡大の方なので、ほんの片隅に置かれるのがいいかも……って、これも直接経験しておられるご本人に言わずもがなのことですが(笑)

2013/1/7(月) 午後 0:32 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

hijijikikiさん、そうなんです。まったくおっしゃる通りで、ビッグ・ファーマによるファーマゲドンの問題も最先端医療の研究開発の問題も慈善資本主義の問題も、まさに原発の問題と構造がそっくりだと私もずっと考えていて、その「グローバル強欲ひとでなしネオリベ金融慈善資本主義」の構造的な問題こそを当ブログは問題にしてきているわけなんですけど、皮相的に捉えて「専門家でもない者が」と叩きに来られる方がおられて、時に苦労しております(汗)

2013/1/7(月) 午後 0:53 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

昨年末のコメント欄でのspitzibaraさんとのやり取りのまとめ、「右傾化と揺り戻し:選挙後のspitzibara氏とのやり取り」に、その後の新たなやり取りを追加しました。

やり取りにお付き合い頂けて、色々な論点がつながったり、確認できたり、発見できたりして、とても有益でした。ありがとうございました。
「環状島」については、いろいろな意味で大変なテーマだと思うので、じっくり取り組んでいきたいと思ってます。今後のspitzibaraさんのエントリーも楽しみにしています。

2013/1/7(月) 午後 10:00 [ @hijijikiki ]

顔アイコン

hijijikikiさん、おはようございます。こちらこそ、いつも有意義なやり取りをありがとうございます。

私もhijijikikiさんのコメントに教えられること、触発されることが多く、それぞれの論点で書きたいことが頭にあふれて、どうもコメント欄ではそれらを拾いきれない恨みが残ってしまいますね。そのうちに、ここで取りこぼしたものが頭の中で少しずつまとまり形を成して、いずれエントリーになっていくといいなと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

2013/1/8(火) 午前 8:24 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

続報。FDAが規制強化へ。

http://www.nytimes.com/2013/10/30/opinion/putting-more-controls-on-painkillers.html?nl=todaysheadlines&emc=edit_th_20131030&_r=0

2013/10/30(水) 午後 8:30 [ spi*zi*ar* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事