Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

安楽死のすべり坂を転げ落ちているとしか思えないニュース(詳細は文末にリンク)が相次ぐ
ベルギーから、またもイヤ〜なニュース。


コトの起こりは去年10月、
カトリック系大学の精神科教授で性科学と摂食障害の世界的権威、
Walter Vandereycken医師に長年ささやかれてきた患者への性的虐待の疑惑が
テレビ番組で事実と暴かれた。

教授自身も複数の患者と不適切な性的関係を持ったことを認めて、
大学は同教授を停職処分とした。

その時の記事がこちら ↓
Leuven University psychiatrist admits improper sexual relations
Ecpatica.com, October 10, 2012


このスキャンダルを暴いたのは
彼の患者の一人である Ann G. さんだった。

Ann G.さんは番組に登場し、
自分を含め複数の患者が被害に遭ったと訴えた。

Ann G.さんには2007年に早くも自殺したいと語った事実があり、
昨年、番組に登場した際にも既に安楽死希望の手続きを済ませているようだった。

被害をカムアウトしたことで一旦は心が安らいだようにも思えたが、
その後、加害者がさほどの懲罰を受けなかったことに、いたく失望し、
番組に出た数カ月後に、別の心優しい精神科医によって安楽死した。

Ann G.さんの死によって
Vandereychken医師に不当なスティグマが負わされている、と
報道などに抗議する向きもあるようだけれど、

BioEdgeのCookは、以下のように書いている。

斜め目線の人なら、ベルギーの精神科医は利益の相反に鈍感だと言いたいことだろう。一人の精神科医が心を病んだ女性に手を出し、崖っぷちに立っている人の背を押すようなことをする。その女性が法廷で彼に不利な証言をできないように、別の精神科医が手を貸す。Vandereychken医師は仕事に復帰してプライベートな患者(開業したという意味?)を診察し始めている。その一方でAnn G.さんは死んだ。しかしベルギーの国民は、こういう出来事に慣れていかねばならない。





この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

何重にも不愉快なニュースですね。とても心穏やかではいられません。
(この人については分かりませんが、摂食障害の人に子ども虐待や性虐待の被害者は多いことを考えるとさらに…。) 削除

2013/2/10(日) 午後 9:09 [ acceleration ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。そうなんですよ。摂食障害を専門にしている(英語でテキストまで出している、それなりの権威みたいです)なら、なおさらそういうことも分かっているはずだと思うので、逆に言えば、その弱みにもつけ込みやすかったということなのかな、と、そうだとしたら、ものすごく巧妙な犯罪ですよね。前に米国の児童精神科医に幼い子どもたちである患者へのセクシュアルハラスメントのスキャンダルが発覚したことがありましたが、あの医師も、大したおとがめもなく、その後、復帰したんじゃなかったでしょうか。カトリック教会の児童虐待も、何十年も教会上層部と警察ぐるみで隠ぺいされていました。安楽死が強い者による被害者の口封じに利用される可能性なんて、恐ろしくてなりません。

同じくBioEdge経由の恐ろしい話題をもう一つ、アップしたところなのですが、世の中が向かっている方向を考えると、胸がざわざわします。

2013/2/10(日) 午後 9:49 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

上記の米国の医師によるセクハラのエントリーを探してみたら、ボストン子ども病院やハーバード大医学部小児科で学習障害の権威をされてきた小児科医でした。一応、医業停止に同意していましたが、訴訟のその後については拾えていません(以下にTB)。それにしても、何年もの間、保護者から多くの訴えが起こされていたというのに大学、病院の隠ぺい体質は明らか。

これこそ『シリーズ生命倫理学 第4巻 終末期医療』の第12章で、安藤先生と打出先生が「悪しき医療の文化」と呼ばれたものそのもの。そうした「文化」を放置したまま、その他の医療との接続性など意にも介さないかのように、終末期医療においてのみ「患者の自己決定権」大事と「よき死」への誘導が行われる……。

2013/2/10(日) 午後 10:03 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

その後、Ann G.さんに行われた安楽死の合法性そのものが疑問に思えてきたので、EIB報告書を振り返って、追記してみました。

2013/2/12(火) 午後 3:17 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

今日、ツイッターで拾った情報で、ワルター・ヴァンダーエイケン医師の本、日本でも翻訳が出ていました。以下の『拒食の文化史』(青土社)。

http://www.amazon.co.jp/%E6%8B%92%E9%A3%9F%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E5%8F%B2-%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%B3/dp/4791755790

2013/2/12(火) 午後 8:28 [ spi*zi*ar* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事