Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

プロライフのブログが最近の英国の安楽死・自殺幇助関連の動きを取りまとめており、
その中に、Falconer議員の発言があったので、メモとして拾っておく。

英国でPAS合法化推進の最先鋒、Falconer下院議員が、
5月に下院に自殺幇助合法化法案を提出することを明らかにしている。

基本的にオレゴン州の尊厳死法をモデルにし、
しかしオレゴンが余命6カ月以内の終末期の患者を対象としているのに対して、
こちらは余命1年以内と幅を広げるらしい。

Brief update of UK news about euthanasia and assisted suicide
National Right to Life News Today, March 1, 2013



去年9月にはこういうニュースもあったんだけど ↓
英国議員6割がPAS合法化に反対「不況で、弱者に圧力かかる」(2012/9/15)


その他、
LCPの機会的適用問題とかGMCのガイドラインなど
既に拙ブログでも書いていること以外で、

この記事で注目したいのは、
Tony Nicklinsonさんの未亡人が夫の裁判を続行することになったとのこと。

この奥さん、去年の暮れにはスコットランドで
Margo McDonald議員と一緒になってPAS合法化キャンペーンを張っていた。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

続報。法案は5月に提出されたものの、審議には至らない模様。

http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-25021131

2013/11/21(木) 午前 7:27 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

議論が再燃・百出している中、家庭裁判所を長年引っ張っていた高名な判事が合法化に疑念を表明。


http://crossmap.christianpost.com/news/my-fears-over-assisted-suicide-laws-top-uk-judge-baroness-butler-sloss-speaks-out-7671

2013/12/19(木) 午前 9:35 [ spi*zi*ar* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事