Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

ショックだ……。

1ヶ月前に何の前触れもなくPCがぶっ壊れて
たまたま前の日に3本も書いて寝かせていたエントリーの原稿がオジャンとなる、
という悲惨な体験をした。

もちろん今さら、
その時のショックを書きたいわけではない。

一生懸命に書いたのに消えてしまった幻のエントリーの1本は、
あんまり悔しいので7月23日の補遺でスペースをとって
せめて概要のみを書いた以下の話題だった。

カナダのTayor訴訟やアイルランドのFleming訴訟にもかかわった
「死ぬ権利」擁護派の米ユタ大学の生命倫理学者 Margaret Pabst Battin と
四肢まひの夫との穏やかな「最良の時間」。(ビデオがとても良いです)

自転車事故で四肢まひ、人工呼吸器依存となった夫が死にたいという意思表示していたのに、
Battinは夫が急変した際には救急部に運び込んで救命した。
その後、大学教授の夫は呼吸器をつけたまま講義を再開し、
生きていることを喜びながら暮らしている。
Battin自身も現在の夫婦の生活は2人で過ごした「最善の時」だと語り、
時に夫が痛苦から死にたいと願うことがあるが
「彼が本当に本当にそういうところに至ったと私が確信できるまでは」と。

BioEdgeのCookは「愛され十分なケアを受けられる患者は生きたいと強く、
揺らぐことなく望むようだ。死んだほうがましだと絶望する瞬間はあるが、
実際に死を選ぶ瞬間は決して訪れることはないように思われる」
「自律がそれほど明確な原理なら、このケースではどうして機能しないのだろう?
もし機能しないなら自律原理には一貫性がない。一貫しないなら捨てるべきでは?」。

NYTのビデオでのBattinの静かな語りがとてもいいんだけれど、
ビデオを見ると、夫のRobertさんには24時間体制でプロの介護士が付いていると思われ、
「愛され十分なケアを受けられる」以外に「家族に過剰な介護負担がかからないこと」も
患者が生きたいと願うことができるための条件なのだろうな、とも。
http://www.nytimes.com/2013/07/21/magazine/a-life-or-death-situation.html?hp&_r=2&pagewanted=all&
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10608#comments


ところが、先週のBioEdgeによると、
夫のRobertさんは7月27日に突然気持ちを翻し、
もう明日はいらないから、人工呼吸器を含めて一切のスイッチを切ってくれ、と希望。

ホスピスがモルヒネを処方し、窒息死した、とのこと。

Battinさんは、

You can’t assume that "all choices are alike," she says, "so you have to be alert to what someone deeply wants." She believes "in honoring a loved one’s wishes," she says, her voice dropping, "even if it is painful to you." And, she adds, it is.’

すべての選択が同じようなものだと決め付けてはいけません。だからこそ、
愛する人の望みを尊重するにあたっては
その人が心の奥深くで望んでいることには敏感にならなければならないのです。
たとえ、それがあなたにとって苦痛なことであったとしても。
そして、本当に苦しいことなのですよ、それは。


ショックだ……。

人の心はこんなにも揺れ動くのだ、ということが。

そして、
そんなにも揺れ動くものである人の心が
一方に大きく振れて、それを口にした時に、
一定の状態にある人では、こんなにも簡単にそれが実現されてしまうのだ、ということが。

2人の姿がNYTに報じられたのは7月17日だった。
その、わずか10日後の出来事だ。

さまざまに反響もあったろう。
その中には意に染まない、不愉快な反応だって見聞きしたことだろう。
いきなり全国的な(国際的にも)注目を浴び、戸惑いもあったろう。
そんな大きな出来事があって、その余波のさなかにある時には
健康な人間だって気持ちが不安定になるものだろうに。

介護者であるBattinさんの方だって、
そういう非日常が起こっているさなかのことなら、
日ごろよりもなおのこと心は揺らぎ動いているのだろうに。

この結果でもって
これもまた「自律の原理が尊重された事件」ということになるんだろうか。


(私なんか日本の片隅で地味な本を1冊出しただけで、
大変な気分の不安定に陥ってしまってるのに。

仮にも世界のNYTに大きな記事とビデオで出てしまったんだから、
そりゃ、どんな人だって平静ではいられないのが当たり前なんじゃないかなぁ。
そういう非日常でハイになった後には、必ず揺り戻しがくるような気がするし。
そういう非日常時の「もういい、死ぬ」を冷静な判断だと受け止めて
応えてしまって、本当にいいのかなぁ)

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

とても考えさせられる話ですね・・・
私は『ケア従事者のための死生学』という本のなかに書いた「死をめぐる思想と課題」という拙論のなかで、宮本輝の短編のなかに登場する「一日のうちに五千回も死にとうなったり、生きとうなったりする」という人物のことに触れましたが、こういうのが人間の実相じゃないかと思います。 また、オランダの安楽死ドキュメンタリー番組「依頼された死」に登場するケイスというALSの男性の事例を見て、彼の場合は一見すると取り乱したりはしていないものの、病状があまりにも速く進行するために、その時々の喪失体験を受け入れる時間もないままに新たな喪失体験がやってきているように見えて、けっして冷静な状態で死の決定をしているとは言えないように思ったりしました。

2013/8/29(木) 午後 9:37 [ kar*_*n28 ] 返信する

顔アイコン

(続き)
そういうことを考えると、「死ぬ(死を選ぶ)」という自己決定に関しては本当にそれが最終的な本人の意思なのだと断言できるケースは実は本当に少ないののではないか、と思ったりします。どのように厳格なセーフガードを設けたとしても、意図的に生命を断つ行為(積極的安楽死やPAS)はかならず滑りやすい坂を転げ落ちると思いますし、私はそれを肯定する気にはなれません。

2013/8/29(木) 午後 9:37 [ kar*_*n28 ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。ほんと、そうですね。私たち自身、心にもないことを口にしてみたり、一瞬の激情に駆られて行動したり、しばし惑乱して我を忘れたり、ということがしょっちゅうなのに。

2013/8/30(金) 午前 7:24 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

コメントを拝見していて一言申し添えたくなりましたので、お邪魔いたします。藤圭子さんのケースの真相がどうかも気になるところですが、確かかの養老孟司が言っていたことは「(なぜ人を殺してはいけないか?→)不可逆的行為であり元に戻せないから」だったように記憶しています。日経のコラムにでも書いていたことだったかな?
で、何が言いたいかと言うと、↑お二人ともご指摘くださっているように、人間は変わりうる存在であり、気持ちだって揺れ動いている、だけれど自ら死を選択し実行してしまったら、その場合はあとから取り替えしがつかなくなる。それでいいんでしょうか?ということだと思います。生まれてくるときと同様に死ぬ時も意思でどうこうできるものじゃないということ(にしておかないといけないの)です。

2013/8/30(金) 午後 3:08 [ ガウタマ・シンラン・パタティ ] 返信する

顔アイコン

ガウタマ・シンラン・バタティさん、どうも。 その通りですね。私は生命倫理の講義で安楽死のことをやるときは、NHKの番組の一部で、不治の病で「死にたい」と訴えていたが、周りの医療者や家族の支えもあって、結局は生きる力を取り戻し、最期に充実した時間をもてた二人の方についての映像を見せます。もちろん、そういう方ばかりではないことはたしかであっても、「死にたい」と訴えている人がそう訴えるのは当然だからそれをかなえてあげるのが人道的だ、ということが多数の人々に肯定された社会では、こういった人たちのその後の(意味のある)人生はけっして「存在しなかった」わけですから。

2013/8/30(金) 午後 4:26 [ kar*_*n28 ] 返信する

顔アイコン

蛇足ですが、自分や他人の生命を断つような行為だけではなく、どのような行為だって、基本的には不可逆で取り返しはつきません。でも、生きてさえいれば、「取り返しのつかないことをしてしまった」と感じることができ、それをもとに行動することができます。ある意味では「人が生きる」、ということはそういう「取り返しのつかないことをした自分を抱えて生きる」ということなのだと思います。でも死んでしまうことを選択するというのは、そういう「生きる」可能性自体を断つということですね。

2013/8/30(金) 午後 4:32 [ kar*_*n28 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事