Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

拙著『死の自己決定権のゆくえ』の刊行後に出てきた
ベルギーとオランダについての情報をいくつか、簡単に追記。


ベルギーの「安楽死後臓器提供」ドナーに精神障害者も

ベルギーの安楽死後臓器提供について移植医らが5月に発表したところでは、
DCDの肺提供のうち12.8%にあたる6人のドナーが安楽死後臓器提供で、
3人は重症の神経筋肉障害、3人は精神障害者とのこと。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10676#comments


ベルギーで性転換手術に失望した人が安楽死

ベルギーで9月30日、
性転換手術の結果が期待したものとまるで違っていたと
絶望したNathan (born Nancy) Verhelstさんが安楽死。
「耐え難い精神的苦痛」として認められた。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10707


オランダで視覚障害者への安楽死

オランダで初めての障害理由の安楽死。
70代の目が見えなくなった女性に。
http://www.news.com.au/lifestyle/health/euthanasia-for-woman-who-could-not-cope-with-being-blind/story-fneuz9ev-1226735207489


オランダの安楽死、12年は前年から13%の増

昨年のオランダの安楽死は
5つの地域委員会の報告によると
4188件で、前年から13%の増加。

最も多かったのはガン患者の安楽死で3251件。

42件は認知症患者で
13件は重症の精神障害者だった。

10件で、医師が要件を満たしていないと委員会が判断。
その中の2件は認知症患者の安楽死で
インフォームドコンセントを与えることの困難が要因となっていた。

80%近くが
自宅での安楽死を希望した。

閉じる コメント(9)

顔アイコン

NJとMN州でPAS合法化法案の審議が進んでいる。

http://www.theglobaldispatch.com/assisted-suicide-euthanasia-become-key-issues-in-new-jersey-minnesota-52829/

2013/11/30(土) 午後 7:15 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

NJに関する続報。

http://www.spiked-online.com/newsite/article/the_evolution_of_the_right_to_die/14417#.UqxNouJAHct

ニューメキシコでも訴訟の審理開始。
http://www.lcsun-news.com/las_cruces-healthy_u/ci_24698304/trial-over-nms-assisted-suicide-law-begin

2013/12/14(土) 午後 9:27 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

続報。NMの地方裁判所でPASに州憲法合憲判断。提訴していたのは以前にOR州にいた医師ら。

http://www.volokh.com/2014/01/13/right-physician-assisted-suicide-mentally-competent-terminally-ill-individuals/

http://alexschadenberg.blogspot.jp/2014/01/attorney-general-must-appeal-assisted.html

2014/1/14(火) 午後 3:47 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

どうも、もともとの病気で死に瀕している人の場合には aid in dying は PAS とは別物という論理展開になっている様子。

http://www.abqjournal.com/335913/abqnewsseeker/judge-doctors-can-prescribe-meds-to-aid-dying.html

2014/1/14(火) 午後 7:30 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

NMの判決に対して、Patients’Rights Action Funds から抗議声明。

http://www.digitaljournal.com/pr/1681891

2014/1/15(水) 午後 3:48 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

安楽死は自殺であり、見殺しと思います。
終末医療、老人介護、寝たきりの治療・・・でも、善くある話かもしれませんか・・・私の親も脳溢血で18年間も寝たきりで、看病してて、でも、最後は、治療の中止を決めて、逝ってしまって・・・
実際は、子供としてはイツマデモ親は生きていて欲しい。でも、時に介護で疲れてしまう。
親は、子供の負担には成りたくないから、安楽死を選ぶ。治療の放棄をえらぶ・・・
でも、それは・・・自殺する事と一緒と思います。
見殺しと思います。

2014/1/26(日) 午前 6:38 takashi

顔アイコン

2014年2月13日、ベルギー議会は子どもに案死を認める法案を可決。関連エントリーの一部を以下にTB。

2014/2/18(火) 午前 9:39 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

内緒さん、ご訪問と丁寧な、また率直なコメントをありがとうございます。コメントいただいたことには少し前に気づいていたのですが、こんなにもありのままのご体験やお気持ちを語ってくださっている内容に、私はどのようにお応えすることができるか、ずっと考え続けて、お返事ができずにおりました。

今も自信はありませんし、コメント欄ではどうしても言葉足らずになりますので、お気持ちを害してしまったら申し訳ないですが、一番強く私が感じているのは、内緒さんは男中心社会や、医療ですら人権を侵害する権威主義の社会の被害者じゃないか、という、社会のあり方に対する憤りです。本当にひどい目にあってこられたのですね。非があるのはその男性であり、また病院の医療だったのに、その苦しみから逃れる方法が自分で安楽死を選ぶことしかないとしたら、内緒さんは更に社会の犠牲にされてしまうじゃないか、それはあまりにひどいじゃないか、悲しいじゃないか、と、やりきれない思いです。

2015/4/27(月) 午前 10:09 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

もちろん、今この時に疲れ果てて生きる気力も体力もなくなったとおっしゃる内緒さんにとって、そんなことは何の解決にも慰めにもならないということは分かっているのです。じゃぁ、どうしたらいいのか、というのが私には正直わからないし、答えなど出せないんですけど、ただ、社会の側の理不尽に翻弄されて疲れはてて、もうこれ以上生きられないと感じている人に、「それでは」といって死なせてあげる選択肢を用意して差し出す社会ではいけない、とやっぱり思うので、そこの間をどう自分の中でつないでいくのか、これからも考え続けてみようと思います。

ありのままのお気持ちを書いてくださって、本当にありがとうございました。

2015/4/27(月) 午前 10:11 [ spi*zi*ar* ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事