Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

当ブログでずっと追いかけてきたRasouli訴訟に
18日、カナダ最高裁から判決が出ました。



週末のこととて、PCの前にゆっくり座っている時間が取れないので、
さっき、以下の関連エントリーにコメント欄で判決文だけリンクしたのだけれど、


結果がどうしても気になってならないので、
ざ〜っと目を通してみた。

上訴棄却

結論は[117]から[122]に。




ざ〜っと目を通して、目に留まったのは以下の箇所。
(翻訳は全訳ではなく、ごく大まかな概要です)

(75) Wherever one tries to draw the line, it is inevitable that physicians will face ethical conflicts regarding the withdrawal of life support. No legal principle can avoid every ethical dilemma. What may be needed is a practical solution that enables physicians to comply with the law and to satisfy their professional and personal ethics. In this case, for example, the physicians explored the possibility of transferring Mr. Rasouli to a different Toronto hospital. Alternate staffing arrangements within Mr. Rasouli’s present hospital could also be considered. Finally, other physicians qualified to undertake Mr. Rasouli’s care may not hold an ethical objection to continuing the administration of life support. Such practical solutions could go far in averting any ethical conflict.

Rasouli氏に生命維持治療を行うことが自分の医師としての倫理観に合わず、
他の病院に転院もさせられなかったのなら、

病院内で、
同氏の治療をする資格があり、なおかつ同氏の生命維持の続行に抵抗感のない
医療職に担当を交代することだってできる。

どんな倫理的な係争解決にも、そうした実際的な方法が有効であろう。


(76) While the end of life context poses difficult ethical dilemmas for physicians, this does not alter the conclusion that withdrawal of life support constitutes treatment requiring consent under the HCCA.

終末期の医療判断が医師に倫理的なジレンマをもたらすからと言って、
治療の中止もまた医療同意法の下で同意を必要とする治療であるという結論は変らない。


……ということなんだと思うのですが、
まだ全然まともに読んだとはいえないし、
しばらくちゃんと読む時間が取れそうにないので、

もしどこか違っていたら、ご教示ください。

そのうちには判決文をちゃんと読んで、
詳細な論点をなるべく理解するよう努めた上で、改めて書きたいと思いますが、

ずっと気にかかっていた大きな判決が出て、
その結果がそれなりに嬉しいもののようなので、取り急ぎ、速報的に。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

Mark Handelman という生命倫理学者がさっそくラスーリ最高裁判決について詳細に解説している。

http://whaleyestatelitigation.com/resources/WEL_What_the_Supreme_Court_Said_In_Cuthbertson_and_Rubenfeld_v_Rasouli.pdf

2013/10/22(火) 午後 7:59 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

判決文の最初20ページ分くらいを読んで、これまでのエントリーで拾ってきた通りだと思うのだけれど、改めて整理しておくと、オンタリオ州には医療同意法(HCCA)があって、それによれば治療に関して患者サイドから同意が取れないで係争が生じた場合には同意・同意能力委員会の判断を仰ぐこととなっているので、妻の側は当初の裁判では、医師側に対して委員会へ申し立てをするよう求め、裁判所側もHCCAの規定に基づいて「治療の中止」も「同意を要する治療」であると判断し妻の側の勝訴となった。それに対して医師側は「医学的に指示されない」「医学的に無益」な治療には同意は無用として裁判所の判断を求めて上訴した、という流れ。

2013/10/28(月) 午後 3:57 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

このエントリーを書いた段階で、ハッサンさんの診断はその後、最小意識状態に変ったのに、依然としてこの判決の中で「意識不明」として扱われていることが疑問だったのだけれど、

それについては、上訴を棄却して、HCCAに基づいて同意・同意能力委員会の判断を仰ぐよう医師らに求める以上は、最高裁としては新たな証拠は採用しない、というスタンスのよう。

2013/10/28(月) 午後 3:59 [ spi*zi*ar* ]

顔アイコン

なお、反対意見の判事の意見も書かれており、それはほぼ医師らの主張の通り。医師らの無益性判断と、無益な治療を提供する義務はないことが尊重されなければ、医療という職業のインテグリティが侵される、と主張している。それに対して、主席判事の理解は、そうした倫理的な相克はもともと医療職には付きまとうものである、というもの。

また、オンタリオ州にHCCAがなければ裁判所が判断するということの妥当性も認めながら、州にHCCAがあり、それによって委員会の判断を仰ぐよう規定されている以上は、裁判所が判断するのではなく委員会に差し戻すべき、というのが主席判事の判断。反対意見の判事は、裁判所が判断すべきだと主張している。

2013/10/28(月) 午後 4:04 [ spi*zi*ar* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事