Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全706ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

2013年8月6日の補遺

米国で93歳の父親 Joseph Yourshawさんに致死量のモルヒネを渡したとして、看護師である娘Barbara Manciniを起訴。訴訟に。それにしても本人も弁護士も何も語っていないのに、C&Cが何のつもりかペラペラ「代弁」している。
http://wnep.com/2013/08/01/woman-headed-to-trial-for-aiding-fathers-suicide/
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2382255/Judges-right-die-guidance-nurse-helps-stroke-victim-end-life-prosecuted.html

カナダ医師会の調査で、終末期の患者に死の幇助をする気があると答えた医師は26%のみだった。
http://www.montrealgazette.com/health/Most+Canadian+doctors+oppose+physician+assisted+suicide/8749691/story.html

Falconer議員から英国議会に提出された自殺幇助合法化法案について、上院議員らが所属する団体Living and Dying Wellから、「安全でない」とする報告書。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10622

長く母乳を続けると頭のいい子どもになる……って、ボストン子ども病院の研究者らが。母乳に含まれる何とか言う成分となんとかいう成分が脳の発達を促すんだとか。
http://www.medicalnewstoday.com/articles/264080.php

片やフロリダ大の犯罪学の研究者らからは、ティーンが2回喧嘩をすると1年間まるきり学校へ行かなかったのと同じだけIQが「破壊される」との調査結果。女子では1回でそれだけのIQロスになるんだとか。:学校へ行かなかったらIQは下がるというのも、そもそもIQが「壊れる」という発想そのものも、よくわからない。この研究が重大である理由として、研究者らは「IQが下がれば成績が下がるし、仕事のパフォーマンスが落ちるし、問題行動が起こったり、精神障害が起こったり、寿命が短くなるから」。なんだか「知的障害者も精神障害者もみんな頭が悪い人たち」という理解でしかなかったTHニストさんたちを髣髴とさせるような……。けど、犯罪学の研究者がこの程度の認識でいいのか?
http://www.medicalnewstoday.com/articles/264356.php

日本。異常胎児選んで減胎手術36件…長野の産科医。:新型出生前診断が広く受け入れられていけば、当然の帰結としてこういうことが起こってくるだろうとは思っていたけれど、ああ、そうか、やっぱりこの人から出てくるのか……と。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000973-yom-sci

日本語。産科医が赤ちゃん人身売買か=「障害ある」と親だますー中国:すごく不快な想像なんだけれど、こういうことを生殖技術を使って産業化することだって技術的には可能……ですよね。そのときには当然ながら遺伝子診断や操作もセットになるのだろうけれど。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130805-00000010-jij-cn

Bill Peaceが「自殺幇助と医療テクノロジー:社会の失敗」というブログ・エントリーで、アシュリー事件に首を突っ込んだのをきっかけに自殺幇助の問題を追いかけるようになって、その後自分がじょくそうの悪化で苦しんだ体験を通じて、医療でも経済でもテクノロジーへの依存度を高める社会で、テクノロジーによる解決に目を奪われて社会的解決が見えなくなっていくという共通の問題があるのだと考察している。アシュリー事件から自殺幇助や安楽死の問題に興味が広がっていったという点も、そういう広がりの中から、アシュリー事件に象徴的に見られる科学とテクノの簡単解決万歳文化とその利権構造が、そのまま実はこの補遺の上の諸々にも通じていく問題の根っこだという認識に至ったのも、当ブログもまったく同じ。
http://badcripple.blogspot.jp/2013/07/assisted-suicide-and-medical-technology.html

日本語。汚染水漏れ口を2年間超放置 福島第一、対策発表の一方で。:このニュース、今日のCNNで大きく報じられていたので、その直後のNHKのニュースでトップに来るのかと思ったら、そうではなかったのにびっくり。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000013-asahi-soci


ワシントン・ポスト紙、アマゾンの創始者に売却。:世界中の主要メディアが、いわゆるトップ1%に買われていく。それは、メディアが権力の番犬としての役割を担えなくなっていく、ということ。
http://www.theguardian.com/media/2013/aug/05/washington-post-sold-jeff-bezos-amazon?CMP=EMCNEWEML6619I2&et_cid=44274&et_rid=1398245&Linkid=http%3A%2F%2Fwww.theguardian.com%2Fmedia%2F2013%2Faug%2F05%2Fwashington-post-sold-jeff-bezos-amazon

ミネソタ州選出の民主党下院議員 Keith Ellison氏が「別に米国が破産しているわけではないし、金はたくさんある。ただ、政府がその金を持っていないだけだ。政府には権利があるし、政府と米国民には米国の事業を実施する権利がある。医療、福祉、住宅施策、そういういろんな事業を」。株や債権、ディリバティブの取引に課税しようとの法案をめぐる議論で。
http://www.americanthinker.com/blog/2013/08/rep_ellison_theres_plenty_of_money_its_just_that_the_government_doesnt_have_it.html

清潔な水と石鹸のない地域では子どもの成長が抑制されている、との調査結果。:ワクチンさえあればいいという問題ではない。
http://www.medicalnewstoday.com/articles/264350.php

シアトルのEcho ParkとSilver Lake地域で開催される「新学期健康フェア」で、無料で散髪、歯科検診、予防接種、糖尿病検査が受けられます。
http://echopark.patch.com/groups/around-town/p/free-haircuts-immunizations-offered-for-echo-park-silver-lake-residents-at-backtoschool-health-fair

日本。<柔軟剤>「高残香」タイプで体調不良を訴える人が増加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130803-00000035-mai-soci



日本。経済理由の治療中断、4人に1人の医師経験
https://news.cabrain.net/regist.do;jsessionid=F8B27C8F0C3AE619F3B26856A560307D;jsessionid=F8B27C8F0C3AE619F3B26856A560307D
バーモント州が自殺幇助を合法化(米)

 米国バーモント州で、5月14日、終末期の人に一定の条件付きで医師による自殺幇助を認める法案が議会を通過。11年に当選した際、選挙公約に自殺幇助合法化を挙げていたピーター・シュムリン知事は20日に署名し、「終末の選択法(the End of Life Choices law)」が成立、即日施行された。

すでに医師による自殺幇助を認める法律があるオレゴン州とワシントン州では共に住民投票によって合法化が決まったのに対して、バーモント州は立法議会によって決まった米国で最初の州となった。米国ではここしばらく、多くの州の議会で同様の法案提出が相次いでおり、4月にはコネチカット州、モンタナ州、5月末にはメイン州で否決されたが、まだ7州で審議中という。

 米国以外でも、オーストラリアのニュー・サウスウェールズ州議会が医師による自殺幇助合法化法案を否決。アイルランドでは多発性硬化症(MS)患者、マリー・フレミング(59)が死の自己決定権を求めて起こした裁判で、判事は死ぬ権利は存在しないと判決した。フレミングは立法府に対しても合法化を訴えたが、エンダ・ケニー首相もこれを拒否。一方、英国では5月20日、かねてより合法化推進派の最先鋒であるファルコナー上院議員が議会に法案を提出し、大物医師らからも連名で法案を支持する声明がTimes紙に寄せられた。いずれの国でも、メディアが大きく取り上げて激しい論争となっている。

身体障害者への医療差別

マサチューセッツ州のベイステイト医療センターのタラ・ラグ医師らが、米国内科学会誌3月号で興味深い調査結果を報告している。肥満した半身まひの架空の患者を想定して、米国の4市で様々な診療科の256の医療機関に診察予約の電話をかけたところ、22%が受け入れられないと答えた。理由に挙げられたのは「患者を車いすから診察台に移すことができない」「建物がアクセス不能」など。高さ調節の可能な診察台またはトランスファー用のリフトがあると答えたのは、わずか9%だった。

この調査について、ある医師がニューヨーク・タイムズに「医師の診察室での障害と差別」と題した論考(5月23日)を寄せた。米国障害者法ADAの制定から23年になろうとするのに障害者は適切な医療を受けることができていないと指摘、医療サイドのADA理解や意識の改善と、物理的な環境整備にかかるコスト面での対応が必要だと説いている。

知的障害者への医療差別

 英国の知的障害者アドボケイト団体、メンキャップは、知的障害者への医療差別の問題と取り組んできた。2007年には衝撃的な報告書『無関心による死』を刊行し、保健省の費用による非公開の実態調査の実施につながった。

その調査結果が3月19日に報告されたところによると、NHS病院での知的障害者の死亡件数のうち37%は死を避けることができたケースと考えられる。年間1238人の知的障害児者が、適切な医療を受けられないために落とさなくてもよいはずの命を落としていることになる。調査に当たった専門家らは、今後もデータ収集を続け、深刻なケースでは調査を行えるよう、知的障害者死亡率調査委員会という全国組織の立ち上げを提唱している。

 メンキャップは一貫して医療差別解消に向けたキャンペーンを行っており、このほど医療専門職と各種医学会と協働で「医療差別をなくす憲章」を作成した。冒頭に書かれているのは「障害ではなく、その人を見てください」「知的障害のある人はみんな、医療を受ける平等な権利があります」「すべての医療専門職は知的障害のある人々に提供する医療において合理的な配慮をする義務があります」「すべての医療専門職は知的障害のある人々に高い水準のケアと治療を提供し、その命の価値を重んじなければなりません」。

その後、病院サイドの視点で「私たちは○○します」と書かれた9つのチェックボックスのついた宣言が並んでおり、各病院ごとにチェックを入れた「憲章」を掲示してもらおう、という趣旨。そこで宣言されているのは、例えばスタッフへの知的障害の啓発研修や、家族や介護者の意見の尊重などだが、私が特に興味深いと思ったのは「私たちの病院に知的障害のある人々のためのリエゾン・ナースを置きます」という項目だ。これは知的障害者に限らず、精神障害者、難病患者、高齢者、認知症の人々にも通じていく「憲章」なのではないだろうか。

「死の自己決定権」が仮に成立するならば、その前提には、誰もが平等に医療を受けられる権利がまず保障されていなければならないはずだ。

連載「世界の介護と医療の情報を読む」
『介護保険情報』2013年7月号
髄膜炎の生後3週間の男児の
「無益な」生命維持停止からの回復事例。英国。

いい笑顔ですね〜。



Harrison Ellmer君。
健康で生まれたが、その後、病院へ運ばれ、
蘇生の後に髄膜炎と診断された。

CTを2回撮ったのち、
医師らはこれ以上できることは何もないと告げ、
両親はHarrison君の人工呼吸器を取り外す目的で
子どもホスピスに移った。

母親が腕に抱き、その周りを家族が取り囲んだ。
看護師が人工呼吸器のスイッチを切って部屋を出て行き、
みんなでHarrison君が自力で息をするのを無言でじっと見つめていると、
彼は少しずつしっかりとした息をするようになっていった。

その間20分間。
家族にとって人生で最もハッピーな時だったという。

Harrison君には右耳の聴力が失われ、軽度の脳性まひが残ったが、
生後6ヶ月の現在、それ以外は正常に発達している。

8月2日のエントリーをアップした際に
effective altruism (効果的利他主義)という用語が気になったので、
検索してみたところ、

ピーター・シンガーがこの effective altruism を唱えていると知り、

同時に今年3月にシンガーがeffective altruismについて講演した際の
以下のビデオ(17分19秒)にヒットしたので、ざっと聞いてみた。

Peter Singer: The why and how of effective altruism
TED(Technology, Entertainment, Design), May 2013


英語の聞き取りにはあまり自信がないので
固有名詞などの詳細は除き、また
細部に聞き間違いもあるかもしれませんが、
だいたいこんな内容みたい……という、
なんとも驚きの概要を以下に。


(シンガーは最初に、
中国でバンにひかれた2歳の女の子が倒れているそばを
何人もの大人が見て見ぬふりで通り過ぎて行った映像を見せる。

そして「自分だったら助けると思う人?」 
見たところ、聴衆全員が手を挙げる)


それが良心というものだ。
しかし、そう思っていながら、我々は
途上国で予防可能な病気で死んでいく多数の子どもたちのためには
何もせず見殺しにしているではないか、
救うために何かをしようと思えばできるはずなのに。

例えば Against Malaria財団。
防虫蚊帳を配ってマラリアを防止している。
こういうところに寄付することで自分にも何かができる。

これをeffective altruismという。
しかし利他行為は効果的にやらなければ意味がない。
そのために哲学、経済学、数学が役に立つ。

世界で最も愛情深い effective altruist は、ゲイツ夫妻とバフェット氏である。
ゲイツ財団のサイトには All lives are equalと書かれている。
これこそeffective altruismの精神である。

ゲイツ財団はこれまでにすでに580万人の命を救ったという推計がある。
これからも何百万人を救うだろう。

しかしeffective altruistであるためには億万長者でなくともよい。
それぞれ身の丈に合ったカネと時間を利他主義に使うことができる。

頭のいい人たちがエリートとしてのキャリアを捨てなければならないことはない。
キャリアで成功してカネをたくさん稼げば、それだけ沢山カネを与えられるのだから。
銀行家になり、金融で成功すればいい。

倫理的に生きるとは、
自分がしてほしくないことを人にしないだけでは十分ではなく
自分が十分なだけ手に入れたら、それをシェアしなければ。
その富をわずかしか持たない人のために使うこと。

ただし効果があるチャリティを選ぶことが重要。

目の見えない人に盲導犬をあげよう。
これはもちろん良いこと。

が、盲導犬1匹を養成するのには、40000ドルかかる。
一方、20から50ドルあれば途上国で眼病の人を治すことができる。

それならば1人の米国人に盲導犬をあげることと
その金で途上国の人の眼病を治すことのどちらを選ぶべきか。
答えは明らかだ。

Effective altruismを実践するために
参考になるウェブサイトはたくさんある。

ただカネを稼いでは使い、また稼いでは使うだけなら
永遠に岩を坂の上まで運んでは、転げ落ちたのをまた抱え上げて運ぶ無為な行為に等しいが
その金で人のためになることをすれば達成感もあり、自尊感情も持てる。

(「結論として」と断って、シンガーは
右の腎臓を見知らぬ人に提供した手術後の回復中という人の誇らしげな写真を見せる)

1つの腎臓を提供すれば、チェーン移植で4人の患者が救われる。

こんな人の写真を見せられたら、私は恥ずかしい。
私はまだ腎臓を2つ持っているから。

しかし、私と同じように感じる人も大丈夫。
腎臓を1つあげて救える命の数と年数をお金に換算すれば、
5000ドルをAgainst Malaria財団に寄付するのと同じことだという話だ。

それを知ると気持ちがちょっと楽になる。
なぜなら私は既に5000ドル以上を同財団に寄付しているし、
その他の目的の慈善団体にもいろいろ寄付しているから。

だから、腎臓を2つ持っていることに罪悪感を覚える人は
気が楽になるためにはそういう方法があります。


すぐに頭に浮かんだのは
息子バフェット氏の論考にあった「良心ローンダリング」という表現。


ちなみに、息子バフェット批判の論考を書いた著者のWilliam MacAskillは
シンガーのeffective altruismの信者で、そのMacAskillが
その名もEffective Altruismというタイトルの自分のブログで
このシンガー講演に対して出てきた批判の論点を取りまとめたうえで、
「もちろん、ぜんぶ間違っている」と書いている。


彼の取りまとめによれば、それらの論点とは、

1. Charity starts at home
慈善は自分の足元から。

2. Doing some amount of good is what matters, not trying to maximize
大事なのは善行をすることであって、それを最大限にしようとすることではない。

3. It's unfair only to focus on the most cost-effective programs, when there are other causes you could focus on
他にも注目すべき大事な問題はあるのに、コスト効率がよいものだけに注目するのはフェアではない。

4. There's too much focus on the symptoms (which charitable donations do) rather than the root causes of global problems
現象にばかりとらわれすぎて(慈善の寄付とはそういうものだが)グローバルな問題の根源的な原因に目が向いていない。

5. Worries about some people (e.g. Gates) doing harm through
慈善家の中には(例えばゲイツのような)害を成している場合もあるのでは、との懸念。

6. It's impossible to compare effectiveness across charities because the outcomes are so different
アウトカムが違いすぎて、慈善それぞれの効果を比較することなど不可能。

7. You have no reason to be altruistic (and if you're doing it because it makes you feel good, then that's just another form of egoism)
利他的でなければならない理由はない(それに利他行為は自分がよい気持ちになるためにやるのだから、エゴイズムの一形態に過ぎない)。



なお、シンガーが言及している腎臓のチェーン移植については、こちらに ↓
「腎臓がほしければ、他人にあげられる腎臓と物々交換で」時代が始まろうとしている?(2010/6/30)

開く トラックバック(1)

Warren Buffettの息子のPeter Buffettが
NYTのOp-Edで慈善資本主義に疑問を投げかけている。

論考のタイトルは「the Charitable-Industrial Complex 慈善家・産業複合体」

タイトルの同意語を本文中から探してくると、
Philanthropic Colonialism. 慈善植民地主義。

著者は作曲家。
2006年に父親のバフェット氏が自分の富を社会に還元するとして
3つの財団に私財を分けて子どもたち一人一人に運営にあたらせたことから
慈善に関わるようになったという。

そして間もなく 
これはPhilanthropic Colonialismだと疑問を感じるようになる。

特定の地域について何の知識も持ち合わせない彼自身を含めた人々が
ある地域で有効だったというだけで、ある問題解決法を、
文化にも地理にも社会にも疎いまま別の地域に持ち込もうとする。

その結果、
例えば、売春地域でエイズの蔓延を防ごうとコンドームを配布して
結局は無規制のセックスの値段を吊り上げてしまうなど、
却って想定外の悪影響をその地域に及ぼすことになる。

しかし、彼が懸念しているのはそこにとどまらず、
富の不均衡に伴って民間の非営利セクターが急成長した結果、

慈善それ自体が、
富の不均衡への罪悪感を覆い隠す「良心ロンダリング」システムであると当時に、
富を偏在させ多くの人々の生活や地域を破壊させてきた現行システムを
維持するための仕掛けとなっていること。

さらに非営利セクターの拡大でビジネス原理が慈善に持ち込まれ、
これらの会議では「投資収益率」が云々され、その説明責任が問われたりしている。

しかしマイクロ・ファイナンスや金融リテラシーを途上国に持ち込んでも、
それは格差を広げている大元を利するだけなのでは?

清潔な水や医療アクセスや自由市場、教育、安全な居住環境などが
途上国にありさえすれば、と嘆く声をよく聞くが、
慈善の介入でそれらが解決できるわけはなく、

Money should be spent trying out concepts that shatter current structures and systems that have turned much of the world into one vast market. Is progress really Wi-Fi on every street corner? No. It’s when no 13-year-old girl on the planet gets sold for sex. But as long as most folks are patting themselves on the back for charitable acts, we’ve got a perpetual poverty machine.
It’s an old story; we really need a new one.

世界を巨大市場にしてしまった
現行の構造と制度を破壊する概念を試すためにこそ、カネを使うべきである。

どこの街角にもWi-Fiが整備されることが本当に進歩なのだろうか。

そうではなく、
13歳の少女が一人としてセックスのために売買されることがなくなった時に
それが進歩といえるのだ。

人々が慈善行為を互いに讃えあっている限り、
それは貧困を永続化させる装置にすぎない。

それは、これまでも繰り返し行われてきたこと。
我々はやり方をかえなければならない。

the Charitable-Industrial Complex
Peter Buffett,
NYT, July 26, 2013


とても興味深いことに、
Julian Savulescuが中心になってやっているOxford大学の
実践倫理学ブログ、Practical Ethicsがこの論考を取り上げて反論している。
(著者はSavulescuではなくて Will Crouchまたの名をMacAskillという人物)

Does philanthropy propagate an unjust system?
PRACTICAL ETHICS, August 1, 2013

What Warren Buffett’s son doesn’t understand about the world
William MacAskill,
Quarts, August 1, 2013


CrouchはPeter Buffetの論考の趣旨を
「つまり、新たなメガ慈善家たちは片方の手で与えてもう一方の手で奪っている」と
独自の言葉で要約したうえで、

そういうことも言えるだろうけれど、
すべてがそうだというわけではないだろう、
「例えばビル・ゲイツがいるじゃないか」という。

ゲイツ財団はワクチンを提供し、結核やHIV治療研究に資金を投じて
500万人の命を救ったといわれている。その金をビル・ゲイツは
ソフトウエアを作って売ることで得たんじゃないか、と書いて、

Peter Buffetのいうことは
経済についても世界の現実についてもわかっていない青二才の
具体的なエビデンスに何ら基づかない漠然とした批判にすぎない、と
突っぱねている。

でも、
ビル・ゲイツが慈善に使っている資金は
彼の個人的な投資会社Cascadeを通して投資で得たカネだし、

その金が投資されている先は
彼の慈善で潤うビッグ・ファーマだったりもする……んでは?


全706ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事