Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

拙著『死の自己決定権のゆくえ』の刊行後に出てきた
ベルギーとオランダについての情報をいくつか、簡単に追記。


ベルギーの「安楽死後臓器提供」ドナーに精神障害者も

ベルギーの安楽死後臓器提供について移植医らが5月に発表したところでは、
DCDの肺提供のうち12.8%にあたる6人のドナーが安楽死後臓器提供で、
3人は重症の神経筋肉障害、3人は精神障害者とのこと。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10676#comments


ベルギーで性転換手術に失望した人が安楽死

ベルギーで9月30日、
性転換手術の結果が期待したものとまるで違っていたと
絶望したNathan (born Nancy) Verhelstさんが安楽死。
「耐え難い精神的苦痛」として認められた。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10707


オランダで視覚障害者への安楽死

オランダで初めての障害理由の安楽死。
70代の目が見えなくなった女性に。
http://www.news.com.au/lifestyle/health/euthanasia-for-woman-who-could-not-cope-with-being-blind/story-fneuz9ev-1226735207489


オランダの安楽死、12年は前年から13%の増

昨年のオランダの安楽死は
5つの地域委員会の報告によると
4188件で、前年から13%の増加。

最も多かったのはガン患者の安楽死で3251件。

42件は認知症患者で
13件は重症の精神障害者だった。

10件で、医師が要件を満たしていないと委員会が判断。
その中の2件は認知症患者の安楽死で
インフォームドコンセントを与えることの困難が要因となっていた。

80%近くが
自宅での安楽死を希望した。

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事