全体表示

[ リスト ]

直前エントリーで取り上げた、Byock医師は
Maynardさんのケースへの懸念の表明に留まらず、
彼女のビデオ(C&Cの作成によるもの)でPAS合法化議論が沸騰したことから、
様々な番組に登場してはC&Cの会長であるBarbara Cooms Lee氏と論争するなど、
PAS合法化そのものに懸念を表明したために、
世論の非難の的となっている模様。

それに対して、
Not Dead YetとSecond Thoughts とが連名で
賛同の声明を出しています。

それによると、
Byock医師の指摘とは

・重病患者、死に瀕した患者のニーズに応えられていない医療制度こそが問題。
・医師に、新たな「治療」として自殺のための薬を処方する役割を負わせることの危険。
・利益重視の医療制度に安価な「治療」としてPASを導入することの危険。
・死に瀕した患者に、患者中心の良質な医療を考えることの必要。
・終末期の対象者が障害者へと拡大されていくことへの障害者の懸念の妥当性。


また、この声明でNot Dead YetのCEOのDian Colemanが指摘していることとして

・Barbara Cooms Leeらは終末期を要件とするオレゴン式の法律の採用を謳う一方で、
 メディアでは将来的には認知症患者への拡大も視野に入れると発言をしている。

これについてエントリーはいろいろありますが、たとえば ↓
四肢マヒの議員が提出するカナダのPAS合法化法案と、そのダブスタぶり(2014/3/28)

・C&Cが終末期ではない人たちにVSED(自発的飲食停止)を尊厳ある死に方として推奨し、
 家族と医師らにも協力するよう説いており、
 現在のメディアでの合法化議論の範疇を越えた活動をしている。



Second ThoughtsのディレクターのJohn Kellyからは、

・障害のある人が虐待にあう確率は障害のない人の2〜4倍。
・高齢者虐待の急増についても、その加害者の多くが家族や介護者であることも周知されていない。
・PAS合法化は、医療の問題に留まらず、これらの社会問題の文脈のうちにある。
・オレゴンの尊厳死法にも、実際の法的要件が厳格に守られていない、
 致死薬を飲む場に医療職の同席しておらず自分の意思で飲んだか不明など、
 問題はあり、Barbara Coombs Leeが言うような「透明性」は確保されていない。

特に昨日のエントリーに照らして印象的なのは、ここ ↓

Assisted suicide laws may appear to offer patient rights, but their actual provisions grant blanket legal immunity to physicians and other involved participants.

自殺幇助法は患者の権利を提供するように見えるかもしれないが、実際にはこうした法が提供するのは医師やその他、自殺幇助に関与する人への包括的な法的免責である。

それから、最後の以下の部分。

Legalization of assisted suicide often looks acceptable when the focus is solely on an individual. However, not every terminal prognosis is correct, not everyone's doctors know how to deliver expert palliative care, and not everyone has a loving husband and family. A closer examination of the issue reveals the immense harm legalization poses to vulnerable people as well as society as a whole.

自殺幇助の合法化は個人の問題としてのみ考えれば許容できそうに思えたちだが、終末期とする診断が常に正しいとは限らないし、誰もが専門的な緩和ケアの方法を身につけている医師に恵まれるわけでもなく、またすべての人が愛情ある夫や家族に恵まれているわけではない。問題を詳細に検討すれば、合法化は社会全体にも弱者にも大きな害をもたらすことが分かる。

"Assisted suicide legislation was rejected this year in Massachusetts, New Hampshire, Connecticut and New Jersey due to bipartisan opposition from a broad coalition of disability rights organizations, medical professionals and associations, palliative care specialists, hospice workers and faith-based organizations."

今年、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、コネチカット州、ニュージャージ州で自殺幇助合法化法案は否決されたが、それは障害者の権利擁護団体、医療専門職や医学会、緩和ケア専門医、ホスピスの関係者、宗教団体が広く連携した超党派の反対運動によるものだった。




【関連エントリー】
NDYのDian Colemanによる自殺幇助合法化批判(2013/8/13)

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

だいぶん前の過去記事に失礼します。

Second Thoughts の主張を別のところで読んでいて、日本語で触れている記事はないかなと検索していたらやはりこちらでした(笑)

Director の John Kelly 氏が例の映画 "Me Before You" について語っている動画をご紹介します
https://youtu.be/I5FNiQNuTUc

2016/7/24(日) 午後 9:52 [ Ackkie ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

おはようございます。Ackkieさんの検索でひっかかるのは、実に光栄です。

ケリー氏はドレイク氏と同じく、鋭い論客ですよね。動画、楽しみに見せてもらいます。ありがとうございます!

2016/7/25(月) 午前 8:38 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

Kellyさんの動画、見ました。

単に一つの映画の問題ではなく、glamortizing the choice not to live with disability という表現が印象的でした。

Kellyさん自身、事故後は2年間欝状態だったから、その間に合法だったら自殺していたかもしれないけど、humans are amazingly flexibleだ、この表現も印象的でした。

でも、ハリウッドは一貫して障害を負ったら氏んだほうがマシだというメッセージを送り続けているので、事故直後でうつ状態の人やその周りの人への影響が心配、と。

2016/7/25(月) 午後 8:14 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

もう一つ、この映画では一方の見方しか描かれていないし、原作者のJojo Moyersは本を書く前に四肢マヒの人に取材しなかったと言っている、と。

ちょっと前に、某所で重心施設の師長さんの講演を聞いた際に、「重症児者であっても社会人の一人として自覚を持ってもらうように育てなければならない」と言われたので、へぇ、なかなか……と思って聞いていたら、その「社会人としての自覚」の内容とは、「将来的にどこか公的な施設などで暮らすことになるのだから、牛乳とかリンゴジュースでないとダメというのでは困ります。お茶を、ちゃんと飲めるようにしておいてください」「集団生活ではどうしても順番を待たなければならないので、待つことを教えておいてください」だったので、その人権感覚の乏しさに唖然としました。そして、真っ先に思ったことは、この人のこれまでにほんのわずかでも障害者運動との接点があったら、こんなことは言われなかっただろうに、ということでした。

Moyerさんも、この問題を扱って作品を書こうとされるなら、PASに反対している障害当事者にまずはちゃんと取材されるべきだったんじゃないか、と思います。

2016/7/25(月) 午後 8:23 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

お返事遅れました。

津久井やまゆり園の事件で私や連れ合いや障害を持つ友らは、「殺される側の存在」として大きな悲痛と苦しみのなかにいます。

PAS合法化、尊厳死法制、脳死判定、出生前診断、分離教育、精神障害者の保安処分対象化などなど、さまざまの問題に自らの存在を賭けて否を主張していきます。

2016/8/2(火) 午前 11:27 [ Ackkie ] 返信する

Swissinfo日本語版に、Me Before You にも登場するスイスのPASに関する社説を発見しました。原文を既にお読みかもしれませんが、スイスでもPAS推進だけでなく色々な議論が交わされていることを垣間見ることができました。
http://goo.gl/FCY7FS

2016/8/2(火) 午後 0:45 [ Ackkie ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

お気持ち、お察しします。「殺される側の存在」……今回の事件で、「もろに刃を突きつけられてしまった」と感じておられることでしょう。これまでも、じわじわとそういう空気が広がるのを肌身に感じながら、抗うために戦い続けてこられただけに、とうとう、ついに、と生々しい恐怖を感じなければならないことの救いのなさはいかばかりか。それでも、その恐怖にすくみながらでも、「否を主張していく」と言われる方があることに、「我が子がついに」と恐怖にすくみそうな私も、と励まされております。

社説、読ませていただきますね。いつもありがとうございます。

2016/8/2(火) 午後 5:01 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

拝読しました。

「自殺ほう助は政治や宗教、社会通念や倫理などといった価値観との戦いの連続だ」

「自ら命を絶つ自由は、以前は宗教信者らに軽蔑される行為だったが、現在では当局が許可し、尊厳を持って行われる、まるで何か素晴らしいことのように扱われている」

「患者の意志は最も尊重されるべきだ。それ自体は正しい。この意志ははっきりとクリアーなものでなければならないが、現実はそうとは限らない。ここが緩和ケアの出番だ」

ケベック州を含めたカナダの法律や、推進派を始めメディアにおいて、もはや「安楽死」とも「自殺幇助」とも言わず、physician assisted dying や medial aid in dying などと称され、それによってだんだんと「死なせること」が「緩和ケア」の一端に位置づけられていこうとしている現在、緩和ケアのポテンシャルを鮮やかに描き出した社説ですね。

2016/8/2(火) 午後 8:53 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

津久井やまゆり園の事件を受けて障害当事者団体から出された声明文の中でも、神経筋疾患ネットワークのものは特に重要と見ています。元はFacebookで発表されたものですが、レイバーネットに転載記事が載りました。もしブログ記事で取り上げてくださいますなら幸いです http://goo.gl/g26fB1

2016/8/5(金) 午後 3:46 [ Ackkie ] 返信する

ヨミドクター記事でお苦しみの心境を伝えるメールの一部を読ませていただきました https://goo.gl/oPclWi 。障害者にとってもそのご家族にとっても、今は本当に苦しく辛いときですね。海外の障害者による追悼集会の便りが大きな慰めです。一例:昨夜のロンドンの写真 https://goo.gl/RPE2gv

2016/8/5(金) 午後 6:23 [ Ackkie ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

いつも貴重な情報をありがとうございます。神経筋疾患ネットワークの声明は知りませんでした。とてもストレートに問題点を突いてくださっていますね。ありがとうございます。これ、私もとても重要だと思いますが、エントリーとして転載させてもらってもいいですか?

ヨミドクターは松永先生のご論考ですね。松永先生は障害者運動についてとても造詣が深く、広島でのご講演でも、障害者運動のことを語られるときに最も力がこもっていました。こういう医師もおられるのだということに、いつも希望をいただきます。医療職や生命倫理学の関係者に、ウーレットが説いているように「障害者運動から学ぶ」という姿勢をもってもらえると、世の中はずいぶん変わるんじゃないかと思うのですが。

2016/8/5(金) 午後 9:34 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

松永さんはそういうお医者さんでいらっしゃるんですね。神経筋疾患ネットワークの声明文は、石地かおるをはじめ、メンバーたち皆、転載・拡散大歓迎とのこと。よろしくお願いします。

2016/8/6(土) 午後 3:03 [ Ackkie ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

エントリーにさせていただきました。

改めて読ませてもらって、「簡単に「施設職員は大変な仕事だ」と語ることが、実は、介助の供給不足の責任をすべて障害者におしつけ、命を差し出すことを強要しているのだとの認識が必要です」に、ギクッとしました。

それから最後の「精神障害者と重心児者が闘わされる必要はない」のところも同じく。

石地さん、見形さんにも、問題点をまっすぐに突いた声明を書いてくださって、ありがとうございました、と、どうぞよろしくお伝えください。

2016/8/6(土) 午後 10:08 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

> spi*zi*ara2さん

ありがとうございます。

声明文を掲載してくださったことと、上のコメントにお書きになったことをメンバーたちに伝えました。

私も、ご指摘の箇所のほか、障害者を弱者と呼ぶ眼差しこそが事件を生んだのだ等々、大切な視点が網羅されている優れた文章だと思います。

実は、代表の見形信子の名前で出されていますが、あれを書いたのは中尾悦子(神戸に住むメンバーで石地と私の親友)です。

神戸では、あの声明をビラにして配り、マイクアピールで訴える今月末の追悼街頭アクションの準備が始まっています。

2016/8/7(日) 午後 2:09 [ Ackkie ] 返信する

顔アイコン

> Ackkieさん

そうですか。大きな衝撃を受け、生々しい脅威に直面させられ、恐怖と憤りの中でも立ちすくむことなく行動される皆さんに、励まされます。なかなかそちらに出かけられませんが、さらに西の方から、エールを送っております。

私も、これまでやってきたことをしっかり踏まえて、今やろうとしていることをきちんと形にしていこうと思います。メゲてなんぞ、いられませんよね。

2016/8/7(日) 午後 8:59 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事