全体表示

[ リスト ]

ベルギーで連続強姦と殺人で終身刑となり、
現在26年間収監中のFrank Van Den Bleeken (51)は
性衝動を抑えられない自分は社会の脅威であるとして
これまで仮釈放を辞退してきたが、その一方で、
現在の環境で死ぬまで閉じ込められるのは非人間的で耐え難いとして
去年9月に裁判所から安楽死を認められた。

それを受けて申請した安楽死が
1月11日に実行されることになっていたが、

7日にKoen Geens法相が中止を発表。

Van Den BleekenはBruges近郊の刑務所から
Ghentの新しい精神科治療センターに移されることになった。

「Frank Van den Bleekenを社会に戻すことは明らかに不可能で、
彼自身もそれは理解している。

しかし治療不能な犯罪者の無期限収監に関しては、
現在のところ我が国のシステムに不備があるのも事実」

Van Den Bleekenの裁判を受け、
他にも15人の囚人から安楽死の希望が出ているとのこと。



以下の記事によると、
去年の9月に裁判所が安楽死を認めた理由は主として
ベルギーでは死刑が許されていないことに加えて、

ベルギーの司法では
Van Den Bleekenはリハビリを受けることができないという批判があったという。

この記事では、Geens法相はリハビリ・センターに移すだけでなく、
「オランダには、隔離され社会復帰のありえない人の長期ケア施設がいくつかある」として
さらにオランダの専門機関への移送も検討中であることにも言及。

同時に
ベルギーの司法制度にも同様の精神科治療センターの開設を考えていることも明かした。





Van Den Bleekenについては、2012年9月に、
以下のエントリーですでに安楽死したものとして記事を書いてしまいました。


いつも良質の生命倫理関連の情報を流してくれるBioEdgeというブログの
当時の誤報をそのまま紹介したもので、申し訳ありません。

上記リンクの最後に追記したように、
当時のBioEdgeのエントリーは何の説明もなく削除されてしまったようです。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

治療リハビリ施設がないから、死ぬまで刑務所に収監するしかないから、それは本人には精神的な耐えがたい苦痛になるから、安楽死を認めよう、ということだったのだとしたら、治療リハビリ施設を作ることによって安楽死を認める論拠が消滅する、という、とても示唆的な事件の動きだと思うのですが、

一方、裁判で認められた彼の「死ぬ権利」が、そんなに簡単に政治によって覆されていいのか、というのが個人的にはちょっと疑問でもあって、よく分からない報道ではあります。

2015/1/17(土) 午前 10:39 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

spi*zi*ara2 さんの関心と少しはずれるかもしれませんが、私は死刑廃止論議との関係を思いました。死刑廃止論では「死刑を廃止する代わりに終身刑を導入する」という主張が多い。では、実際に死刑を廃止された環境において、当該の終身刑の本人が「死ぬまで刑務所に収監されることが耐え難い苦痛だ。だから安楽死をさせて」と訴えて、その訴えを認めるのならば、死刑の抜け道を残すことになる。だから、安楽死を認めずに収監されたままの治療リハビリ施設を設けるほうが、死刑廃止論の主旨にかなうのではないか?と思いました。 削除

2015/1/19(月) 午後 8:05 [ Morita ] 返信する

顔アイコン

> Moritaさん

こんばんは。コメントありがとうございます。実はその「死ぬまで刑務所に収監されることが耐えがたい苦痛だ」という囚人の訴えについて、どのように整理していいのか、ちょっと戸惑っていたんですけど、なるほど、一つにはそれを認めることは「死刑の抜け道を残す」ことになるわけですね。了解です。

これ、「精神的苦痛」とか「人権」と「刑罰」の問題として考え始めると、どんどん混沌の泥沼にはまっていく感じがして(「死ぬこと」を「権利」と捉えると問題が捻じ曲げられてしまうこととは、また区別して考えるべきだろうとは思うのですが)、いつも途中で手に負えなくなってしまうんです。でも、これ、究極的には死刑囚からの臓器提供の問題にも通じていきますよね。

2015/1/19(月) 午後 9:18 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

混沌の泥沼?
私は「終身刑の囚人が安楽死を望む」=「自己決定権による死の選択」
これに対して
「社会が治療リハビリ施設を設置する」=「生命倫理で最も尊重されるべきとされている自己決定権を、社会が人命尊重および罪の償いの観点から否定する」ということになるのではと思いました。「自己決定権の泥沼」から抜ける場面ではないかと思いました。 削除

2015/1/21(水) 午前 4:09 [ Morita ] 返信する

顔アイコン

> Moritaさん

おはようございます。「自己決定権」を軸に考えるとそうなるんだろうな、ということは納得したんですけど、

「社会」にとって囚人の「罪の償い」というのはどういうことなのか、とか、そのことが囚人に「耐え難い苦痛を与える」ということ、「刑罰」と「治療」の関係とか、「治療不能」の判断について、また「治療不能」とされた人を「治療施設」に「死ぬまで収容する」ということについて、それから例えば、Van Den Bleekenの事例を機に15人もの囚人から同様の要望が出て、それに対してVan Den Bleekenの被害者の遺族から批判が出ているようなことを、どのように考えていくのか(簡単には被害者家族の処罰感情ということになるのかもしれないのですが、また社会のそれでは別の議論があるような気もして)などなど、「刑罰」と「囚人の人権」を巡る、もうちょっと本質的な問題がかかわってくるんじゃないかと考えてしまって、そのあたりを考え始めると、混とんとしてきて私には手におえなくなる感じがする、ということなんです。

2015/1/21(水) 午前 7:38 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

たとえば、ベルギーとは違って死刑が廃止されていない国で、死刑囚から「いつ執行日が来るか毎日おびえて暮らさなければならないのは耐え難い精神的苦痛だから、その苦痛から逃れるために安楽死させてほしい」とか「安楽死後臓器提供をしたい」という希望が出たとしたら、それにはどういう捉え方をしたらいいのか、というような。

2015/1/21(水) 午前 8:08 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事