全体表示

[ リスト ]

奥の院

6年も前にこちらのエントリーに書いているように ↓
ポニョ(2009/7/23)

海は療育園に親がいる時、
「親に言えば、やってもらえる(やらせられる?)こと」と
「ここでは親に言っても意味がないこと」をちゃんと区別していて、
前者は親に要求するが、後者は親を丸無視してスタッフに訴える。

どうやら「園では、親に決定権がない事柄」があるということを
しっかり認識して、そこを基準に使い分けている。

しかも、人をよく見ていて、
「この人なら言えば応えてくれる」という人が近くに来ると、
「分かってくれるまで離しちゃらんど」くらいの迫力で
その人に向かって、しきりに訴えまくる。

この週末、海は久しぶりに熱を出して「奥の院」入りとなり、
上記「ポニョ」から6年間の、わが娘のさらなる「成長?」ぶりを
しかと目撃させられた。

療育園の「奥の院」は、
詰め所をはさんで手前の「奥の院・1」と奥の「奥の院・2」とがあり、
それぞれ、廊下側からも詰め所からも出入りが可能。
その時々の状況によって使い分けられている。

海が入ったのは、今回は詰め所手前の「奥の院・1」。
詰め所との間はドアも壁上部も大きなガラスでシースルー状態。

その日の「奥の院」の担当看護師は、
ずっと昔、海が入所した頃からお馴染みのAさんと、
この春に異動してきたばかりのBさん。

Aさんは、いつもみんなに沢山声をかけて、
コミュニケーションをとってくださる方で、
この日も、私たち夫婦が行った時に廊下で出会うと、

「さっき海さんが一生懸命に何かを訴えるんですけど、
いろいろ聞いてみても、どうしても分かってあげられなくて。

CDが気に入らないのかと思って別のに替えてあげたら
言わなくはなったんですけど、なんか、ちょっと
『まぁ仕方がないから、そういうことにしといてやるか』みたいな
しぶしぶの感じで、やっぱり違うことを言ってたみたいなんですよねぇ……」と考え込んでおられた。

だからといって、親が「奥の院」に入って行っても、
海はもちろん喜びはするが、親に対して何事かを訴えようとするわけではない。

しばらくして、Aさんがやってくると、
海はものすごく必死の形相になり「んんんんんんんん」と唸り声まで上げて
寝たきりがベッドから起き上がらんばかりの迫力。

親なんか、てんと眼中にない。
やっぱ親には決定権のないことを言っているのね。

訴えながら、
海の目は、Aさんの顔と詰め所の中を行ったりきたり。

「やっぱりCDじゃなかったんじゃねぇ」と
Aさんは海がどこを見ているのか、視線を辿って詰め所を振り返る。

「冷蔵庫? 何か飲みたいの?」
「んんん―――――――――!!」

「違うかぁ。じゃぁ、お腹がすいた?」
「んんんんん――――――――――!!!!!!」

さらにいくつか候補を提示しても、すべて拒否。
「違うかぁ。こういう時、育成課さんだったら分かるんだけどなぁ」つぶやくAさん。

「海さん、分かってあげられんで、ごめんね」

海はまだ詰め所のどこかを必死で目で指しては言い張り続ける。
うるさいこと、この上ない。

あんた、日ごろからこんなに厚かましくワガママ言うとるの???

なんとか、このうるさいのを黙らせないと
親としても立場がなくなって、ちょっと焦る。

(だいたい、隣のYくんとTくんも病気で寝とるのに、
あんたー、他の人のことだって、ちったー考えんさいよ。こらぁぁ)

汗かきそうな思いで、必死で頭をひねる。

その視線は確かに冷蔵庫のあたりなのだけれど、冷蔵庫のすぐそばには
「奥の院・2」のドアが開いて中が見えている。どうも空室らしい。

そういえば……。DVDのデッキがあるのは、あっちの「奥の……

「もしかして、あんた、あっちの部屋に行きたいって、言うとるん?」

「うわおぉぉ、ぴんぽんぴんぽんぴんぽ――――――ん!!!」(と、顔が答える)

「えー、もしかして、あっちの部屋ならDVDが見れるけん?」

「そのとーり!」

なんちゅう厚かましいやつなんじゃろうか、
「そんなの、あんたがDVDを見たい都合で決まるわけないじゃろ」

呆れる親を前に、Aさんが説明してくれるところによると

「実は、この部屋よりあっちの方が広いし、
あそこ、今いる人が昼間はデイルームに出て無人になっているので、
こっちの3人をあっちに移してあげたほうがいいんじゃないかって、
今朝、提案してみたんですけど、みんなの賛同を得られなかったんですよ」

で、海に向かって、

「そーねー。海さん、そういうやりとりを聞いとったんじゃねぇ。
よし、わかった。じゃぁ皆が休憩から帰ってきたら、Aさん、もう一回提案してみるね。
それで、午後になるけど、お引越ししましょう。約束するからね」

海はすっかり満足して、にまにま。

やっと部屋が静かになる。
(隣のお2人さん、ほんと、ごめんよー)

その後、午後の引越し決行まで、Aさんが部屋に入ってくるたびに
「まだ?」「ねぇ、まだ?」「忘れてないよね、ね?」と
いちいち念押しするウチの娘は、とことんウザかったけど、

午後、無事に3人ともベッドをゴロゴロと移動して
「奥の院・2」へとお引っ越し。

早速「おかあさんといっしょ」のDVDを3本、海の目の前に掲げ、
「どれにする?」と聞くと、「ちがう!」。

「えー、でもここにはこれしかないよー」
「ほかにはないんじゃけー、このどれかから選ぼーやー」

いいかげん推理ゲームに疲れてきた親は、ちょっと投げやり。

「ねぇ、これで手を打とうやぁ。『ごちそう祭り』。ねっ、これにしよっ」

「イヤだー」と海がゴネるのと、
親子のやりとりをじっと聞いていたAさんが
「ちがう!」と断定するのが、同時だった。

Aさんはそのまま部屋を出て行ったので、
『ごちそう祭り』を無理やり見せていたら、

しばらくして戻ってきたAさんは、
むちゃ得意そうな顔で海の目の前にDVDの箱を突き出した。

「わぁーお! それです、それです! それだったんですぅ!」

顔全体で嬉しがる海。

それは、なんと、ドリフターズのコント。

「やっぱりねー。育成課さんに聞きにいって、デイルームからもってきたの。
こういうことは、さすが育成課さんはよく分かってるよねー」

おおー。それを知っとるAさんも、さすがじゃがー!

それから1時間40分。
やっと静かになり、親子3人と
向こうのベッドで見えやすいようにギャッジアップしてもらったY君も一緒に、
昭和のコントを懐かしく堪能させていただきました。

いやー、親も本気で笑ったわ。
ドリフターズって、天才だったんですねぇ。

Aさん、ほんっとーに、ありがとうございました。
Bさんにも、とてもよくしてもらいました。

海は夕方、40度超えを果たして
Aさんの鋭い洞察の通りに、めでたく点滴と相成りました。


              ――――――


と、エントリーを書いてから、
さっき療育園に電話を入れたら、今日の担当はCさん。

様子を丁寧に教えてくださって、お礼を言って切ろうとしたら
「あ、この電話、海さんの耳元にもって行きましょうか?」

わ、うれしー。

療育園では前師長がこれをよくやってくださっていたので、
他のスタッフも時にやってくださる。

「海ちゃん、あんたー、熱さがったんじゃとねー。よかったねー。
昨日はごめんなー。お母さん、行こうと思うたんじゃけど、どうにも行かれんかった。
明日、お父さんと行くけんな」

途中、「うひゃう」とも「ぐぎゃう」とも表記しようのない
海のナマ声が耳に飛び込んできて、いかにも元気そうで安心する。

「まだちょっと、ひゅーひゅー言うとるんじゃって?
もうちょっとの辛抱じゃねー。明日行くけん、待っとってね」

そこでCさんが
「目をまんまるにして、ニコニコしてま〜す」。

「あはは。目に見えますわー。
お世話をおかけしますが、よろしくお願いします」と切ろうとしたら、

「ご心配でしょうけど、
一生懸命に看させていただきますので」

うわん。もう……。
こんな時に、こんな対応をしてもらえると、ヤだ、母は泣く。

閉じる コメント(4)

こんにちは
なんかこのページに、どんどん引き込まれていくような感じです。
お邪魔かもしれないが、我慢してくだされ。
さてさて、療育園、奥の院というのは息子が退院してお世話になる、療育センターのことだろうね。
とても勉強になる話ばかりで、有り難いです。
実は我が家は、障害者の多い家族です。何故か障害の種類がバラバラ。家族一人一人に役割があって、生活は大変だけど、何とかなっております。
病院や保育所・学校・会社など色々ですが、地域の人たちはとても有り難いです。中には心ない対応をする人もいますが。
昨日から大型連休、いつもはお花見に行くのですが、今年は葉桜、ママが少し離れた地域にある公園に連れて行ってくれると張り切っていました。

2015/4/30(木) 午後 1:55 [ cpr**2_0*10 ]

顔アイコン

> cpr**2_0*10さん

コメントありがとうございます。現在は入院中で、退院後に療育センターに入所予定の息子さんをお持ちのお父さんでしょうか。このブログと出会ってくださって、ありがとうございます。

入所施設としての療育園は「生活の場」なのですが、病気になると、いわば「施設内入院」のような形で、詰め所のそばのお部屋に移るんです。「病人部屋」と呼ぶ人もいるし、医療職から見れば「隔離部屋」なのかもしれませんが、親としては、そういう見方はしたくないので「奥の院」と称している、というわけです(笑)

「家族一人ひとりに役割があって、生活は大変だけど、何とかなって」いるとおっしゃるの、すごく分かります。ほんと、それが実感ですよね。私たち当事者にとっては、何もかも織り込んで「日常」ですもんね。

そういう「日常」や「生活」や「人生」に寄り添い、支えてくれる医療や福祉その他専門職や、言葉なしで通じ合える仲間たちに、cpr**2_0*10さんご一家がたくさん出会えますように。それから、楽しいGWになりますように。

2015/4/30(木) 午後 3:35 [ spi*zi*ara2 ]

海さんの体調はもうよくなったのかな?

脳の障害は色々あるんですね。昨日はアシュリーの情報をネットで見ていました。私の息子も脳障害になりますが、将来は不安だらけです。頭蓋骨にほとんど隙間がなく、成長するに連れてどうなってしまうのか。最近、心停止の発作がなくなり、在宅用の呼吸器も安心して使えるようになりました。身長がなかなか増えず肥満状態です。新しい主治医は、前向きで、絶対よくなるからねと訪問する度に話してくれます。
一方、世間は冷たい人もいるね。事情も知らないで、ママは仕事しない、保育園に子供を預けてるとか、娘は全ろうと歩行障害で、介護が必要、私は弱視なので、外出に制限ありなので、女房が運転です。、
将来、皆が裏やましがる素敵な家庭にするぞと毎日言い聞かせています。

2015/5/14(木) 午後 1:04 [ cpr**2_0*10 ]

顔アイコン

> cpr**2_0*10さん

ありがとうございます。はい、おかげさまで元気になりました。(まぁ、娘の医療については、やっぱりいろいろあるんですけど)

息子さん、上向いてきておられるようで、よかったですね。絶対よくなるからねって、ご家族を励ましてくださる前向きな主治医の先生と出会われたことも何よりでしたね。

世間の人はほんと、障害のことなんか何も知らないし知ろうともしないまま、無神経なこと余計なことを言ってくれますもんね。私たちも子どもの幼児期は、障害のある子どもの親同士で集まると世間サマのワルクチ大会で盛り上がってました。同じ気持ち、同じ体験をした者同士でないと、通じないことも言えないことって、ありますよね。

2015/5/14(木) 午後 2:46 [ spi*zi*ara2 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事