全体表示

[ リスト ]

Annals of Family Medicineの2015年9−10月号に掲載の論文。
「自発的飲食停止(VSED)、医師幇助自殺(PAS)、それとも人生の最終段階でどちらもなしで? PASはNO。VESDは状況次第」

著者はオレゴン州ポートランドの 医療倫理センターの看護師。



冒頭、著者はまずタイトルにある
「人生の最終段階ではVESDそれともPAS?」という問いへの自分の立場は、
「PASにためらいがあるなら、VSEDにも同様であるべき」というものだと明言。

PASが倫理的に許されるという議論に基づいて
VSEDの倫理性が主張されており

そうした議論においてVSEDを推進する立場は
PASの場合には死が突然に訪れるのに対して、VSEDだと
時間をかけて死ねるので考えなおしたり、家族と関わったり、悼んだりできるという
利点がある、と主張し、

VSEDならPASへの批判や反対論のすべてが当てはまるわけではないとも説いて、
あたかもPASと違ってVSEDには道徳上の問題が少ないかのように言うが、

 これらの主張はミスリーディングである。なぜミスリーディングであるかを理解するためには、誰かを死なせる意図を持ったVSEDと、臨床医療あるいは治療の一選択肢としてのVSEDとを区別する必要がある。


自己決定能力のある患者には治療を拒否する権利がある、という文脈のみで捉えると、
意思決定能力がある患者が終末期の苦しみを軽減するために
人工的な栄養と水分の補給を拒否するケースと同じく、
医療職はVSEDを希望する患者の自己決定を尊重すべきであるかのように思えてしまうが、

そもそも苦痛への軽減策としてのVSEDは標準治療なのかどうか、

VSED推進派の文献では、あたかも標準治療であるかのように書かれ、
医療職は終末期の苦痛軽減のためのVSEDを緩和ケアを含めてサポートすべきだと
書かれているが、

現在の米国その他多くの国でVSEDは標準治療には含まれておらず、
そうだとすれば医療職にも患者のVSED希望を尊重しなければならない義務もない。

何より、
負担と治療の利益の比較考量により終末期の人工栄養を拒否することは自殺ではないが、苦痛を終わらせるためのVSEDは自殺行為である。

もとより、これらのケースは常にくっきり区別できるものではないが、
そこの繋がりがあるからこそPASとVSEDが繋げられてしまってもいる。

PASのアドボケイトたちはしばしばVSEDのことを道徳的な論議を回避できる終末期の苦痛対策の治療の選択肢だという。しかし現実には、VSEDからは、苦痛を終わらせる手段として自分の命を終わらせる患者の意思決定に医師が協力することは認められるかどうかという、難しい道徳的な疑問が起こってくるのである。


この論文のほかにも2本、VSEDに関する論文が掲載されており、
その1本はオランダのプライマリ・ケアで既に一般的に行われているVSEDの実態に関するもの。
http://www.medicalnewstoday.com/releases/299533.php

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

たびたびのコメントで失礼します。

これについてはいつも考えさせられます。私は結果的に母への人口栄養はやめています。 削除

2015/9/16(水) 午後 8:31 [ yaguchi ] 返信する

顔アイコン

> yaguchiさん

この論文にも書かれているんですけど、医療的に栄養と水分を補給することの利益と負担を比較考量した上で、負担の方が大きいからという理由で栄養と水分を拒否することというのは、もちろん固有の患者さんの固有の状態の中でしか判断できないことだという前提の下で、倫理的に許容されていることではあるにせよ、実際は、それだけでも複雑で白黒簡単につかない難しい問題ですよね。私も母の腸ろうのトラブルが相次いでいて、いろいろ考えさせられています。でも、終末期の栄養と水分の中止や差し控えであっても複雑で微妙で難しい問題だからこそ、安易にVSEDとを地続きにしてはならないというこの論文の趣旨に、共感しているところです。

2015/9/16(水) 午後 8:51 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事